アパホテルのアパカードでポイントを貯める方法・使い方・交換方法・明細確認のやり方まとめ

松本 博樹の画像

仕事で出張した時に、たまにアパホテル(APA HOTEL)に泊まることがあります。

フロントで何気なくチェックインしたときに、受付の方に「アパホテルのメンバーズカードは持っていますか?」と聞かれたことはないでしょうか。

私がアパホテルで聞かれたときはメンバーズカードを持っていなかったので、ついついそのままカードを作ってしまいました。

流れのままに作ることになってしまったアパホテルのメンバーズカードですが、せっかく作ったのだから有効活用したいと思うのが本音です。

そこでこのページでは、アパホテルのメンバーズカード「アパカード」の使い方やポイントをどんなものに交換できるかなどをまとめて紹介していきますね。

アパカードのメリットはチェックインの手間が簡略化できること

アパカードを作らされてしまいましたが、持っているとどんないいことがあるのかが気になると思います。

最大のメリットは、チェックインするときにの名前や住所の記入をしなくてよくなることです。

チェックイン時の名前・住所記入で1〜2分はかかりますよね。
出張や旅行が多い場合、毎回記入するのも面倒です。

アパカードを持っていれば、チェックインのときに提示するだけでチェックインの手間が簡略化できます。

ただ、アパカードを持つことすら面倒ではないでしょうか。
それすら必要なくて、アパホテルのアプリを入れておけば、アプリ会員証を提示することでチェックインできます。

これによってアパカードすら持たずにチェックイン手続きを省略できるため、何度もアパホテルを使うのであればメリットが大きいですよ!

アパカード

アパカードの会員ランクはダイヤモンド会員がお得

アパカードには2種類の会員ランクがあります。
一般会員とダイヤモンド会員ですね。

一般会員はアパカードを作った時点でなっています。

ダイヤモンド会員になるための条件は、年間10,000ポイントを獲得すること。
1年間で10,000ポイント獲得さえできたら、ダイヤモンド会員になれますよ。

年間10,000ポイントを達成した翌月1日からダイヤモンド会員になります。

ダイヤモンド会員の有効期限は、ダイヤモンド会員になってから1年間です。
この間、一度もポイント獲得がなければ、1年後には一般会員に戻ります。

逆にいえば、1年の間で1回でもポイント獲得があればずっとダイヤモンド会員を続けることが可能です。

アパカードのポイントを貯める方法

ここからは、アパカードを使ってポイントを貯める方法を紹介しますね。

アパホテル公式サイトやアプリから予約してアパカードを提示して宿泊すれば、宿泊料金100円ごとに10ポイントも貯まります。

還元率が10%もありますね!
ダイヤモンド会員だとこれが11%になります。

ポイントが貯まるのはあくまで宿泊料金だけで、マッサージやチェックアウト延長・物販などでの利用ではポイントが貯まりません。

「アパ パートナーホテルズ」での宿泊予約もアパカードがあれば、100円ごとに5〜10ポイント貯まります。

アパホテル直営レストランの利用でも100円ごとに10ポイント貯まるため、食事も合わせて使えばあっという間にポイントが貯まりますよ。

その他ポイント獲得方法も一覧にしておきますね。

  • 会員登録で500ポイント
  • 宴会場利用:100円ごとに1ポイント
  • アパグループの温泉旅館:100円ごとに1ポイント
  • アパグループのゴルフ場:100円ごとに1ポイント
  • 分譲マンションモデルルーム来場:一律1,000ポイント
  • 分譲マンション成約:一律10,000ポイント
  • 分譲マンション成約者紹介:一律10,000ポイント
  • リフォーム工事金額:工事金額100,000円ごとに1,000ポイント
  • 売買仲介成約:仲介手数料100,000円ごとに1,000ポイント
  • アパ賃貸館管理物件契約更新:対象物件にて一律1,000ポイント

基本的にはアパホテルでポイントを貯めることになります。

アパホテル公式サイトやアプリからでないとここまでのポイントは貯まらないため、ダイヤモンド会員を目指すなら公式サイトを使うようにしましょう。

ポイントの有効期限は3年間

アパカードを使って貯めたポイントの有効期限は3年間になります。
その月に獲得したポイントが3年後の月末に有効期限が来るイメージですね。

2018年5月1日に獲得したポイントは、2021年5月31日に有効期限がきますよ。

5,000ポイントでキャッシュバックできる

アパカードで貯めたポイントは、5,000ポイントになればキャッシュバックできます。

現金で戻ってくるのはうれしいですよね。

もし5,000ポイント貯まれば、アパホテルのフロントに行って、会員証を提示して手続きしてもらいましょう。

5,000円もあれば、いろんなことに使えますよね。

還元率は先ほども紹介したように、10〜11%もあるため、10回泊まれば、11回目は無料で泊まれるようになりますよ。

ポイント交換は他のものにもできる

アパカードで貯めたポイントはキャッシュバックが一番おすすめではありますが、他のポイント交換方法もありますよ。

ポイント交換先を一覧にしてみました。

  • カタログギフト フリージア:3,000ポイント
  • カタログギフト カーネーション:5,000ポイント
  • カタログギフト カルミア:10,000ポイント
  • 富士川源流天然水(1ケース):3,000ポイント
  • アパ社長カレー(8個セット):3,000ポイント
  • アパ社長カレー(30個セット):10,000ポイント
  • アパホテルオリジナルフェイスタオル(2本入):3,000ポイント
  • ace. ジーンレーベル クロスタイドS:20,000ポイント

ポイント確認のやり方

ポイント交換まであとどれぐらいなのかが気になったら、いつでもポイント確認したいですよね。

ポイント確認するためには、インターネットやアプリからで会員登録を済ませておきましょう。

そうすればいつでもポイント確認できますよ。

さいごに

アパホテルに行くと何気なくもらえるアパカード、これだけの使い道があるんですね。

1回だけならわざわざアパカードを作る必要はないと思いますが、何度も利用するのであれば、会員登録しておいてポイントを貯めるようにしておけば、チェックインの手間も省けるし一石二鳥ですよ。

2回目以降のチェックインで記入しなくていいのは本当にラクです。

おまけ:エポスカード利用でエポスポイント5倍

アパホテルで宿泊費を払う時は、クレジットカードのエポスカードを使うと、ポイント5倍になります。

もともと還元率0.5%のカードですが、アパホテルに限っては還元率2.5%のカードになってお得です。

アパカードと組み合わせることで、最大13.5%の還元率にもできちゃいますね。

エポスカードについては、以下のページで詳しく説明しています。

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール