ウィーン24時間チケット(24 hours Vienna ticket)の買い方と乗り方を解説!地下鉄・トラム・バスが乗り放題に

スポンサーリンク

ウィーンでは市内に地下鉄や路面電車、バスがたくさん走っています。

これらを使うことで、ウィーンの観光や散策がしやすくなって、よりウィーンを楽しめますよ。

とはいえ、交通機関を毎回使っているとお金がかかりすぎてしまうのでは?と不安になるのではないでしょうか。

そこで便利なのが、ウィーン市内で使えるフリーパス(のようなもの)です。

これを実際に買ってみて市内観光をしてました。
ウィーン市内はフリーパスがあればかなり楽しめますので、旅のおともにおすすめですよ。

24時間・48時間・72時間の3種類がある

ウィーン市内をまわれるフリーパスには、以下の3種類がありますので、まずは一覧で紹介しますね。

ウィーンの地下鉄・トラム・バスのフリーパス料金
フリーパス乗車券の種類料金(ユーロ)
24時間チケット(24 hours Vienna ticket)8ユーロ
48時間チケット(48 hours Vienna ticket)14.10ユーロ
72時間チケット(72 hours Vienna ticket)17.10ユーロ

これらのフリーパス、ちょうど24時間や48時間使えるのがとても便利なんですよね。

日本の1日乗車券のように、その日が終わってしまったら使えないという不便さはありません。

また、開始時間は買ってからではありません。
駅にある打刻する機械に通してからがスタートです。

なので、あらかじめて買っておくこともできますよ。

フリーパスの買い方

ではここからは、24時間チケットの買い方を例にして、写真つきで紹介していきますね。

▼まずは券売機の前に立ちましょう。
基本はドイツ語になっているので、画面下にある「English」をまず押してください。

その次に、画面左側にある「24 / 48 /72 Hour Tickets Vienna」を押しましょう。

ウィーン24時間チケットの買い方

▼次は何時間利用するかを選びます。
ウィーンの滞在時間を考えて、余裕のある時間を選ぶのが無難ですよ。

ウィーン24時間チケットの買い方

▼チケットが何枚必要かを選んでください。

ウィーン24時間チケットの買い方

▼合計料金が表示されますので、券売機右側にあるお金を入れるところから決済してください。

ウィーン24時間チケットの買い方

▼もちろんクレジットカードも使えますよ。

ウィーン24時間チケットの買い方

VISAのタッチ決済Mastercardコンタクトレス用の読み取り部分もあるため、ここにタッチして支払いもできます。

私はこの方法でカード払いしましたよ。
Suicaみたいな感じで一瞬で支払いが終わります!

ウィーン24時間チケットの買い方

▼決済が終わってチケットが出てきたら、「Your tickets are printed」という画面が出ます。

これで終了ですね!

ウィーン24時間チケットの買い方

▼購入した24時間チケットがこちら。

ウィーン24時間チケットの買い方

チケットを打刻する方法

乗り場に行くと、先ほど買ったチケットを打刻する機械があります。

こちらに通すと、そこから24時間使えますよ。

ウィーン24時間チケットの買い方

▼チケットに矢印があるので、その向きにチケットを入れてください。

ウィーン24時間チケットの買い方

▼打刻する機械に通すと、印字されます。
このあたりの仕組みはなんだかアナログですね。

ウィーン24時間チケットの買い方

日本の改札のように、通さないと入れないというわけではなく、何もせずに駅のホームまで行って電車に乗ることもできちゃいます。

ただ、チェックが来た場合は罰金になってしまうため、ちゃんと買っておきましょう。

さいごに

今回、18日間ヨーロッパ旅行して、往復の飛行機はウィーンにしました。

最初の2日と最後の1日はウィーンで過ごしたので、48時間チケットと24時間チケットをそれぞれ購入して、ウィーン観光をフルに楽しめましたよ!

定番の観光地や、地元の人しか行かないようなところまで、地下鉄やトラムなどでいろいろできたおかげですごく良かったです。

ウィーンを楽しむなら、ぜひこのチケットを使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る