【裏ワザ】ソニー銀行の積立定期預金は6,000円を1口で複数積み立てると国税・地方税が0円でおすすめ!

スポンサーリンク

ソニー銀行の便利な機能に「積み立て定期預金」があります。
毎月1,000円以上から積み立てながら定期預金することができますよ。

なかなか貯金できない方にとっては、強制的に定期預金を積み立てることによって、貯金を増やす仕組みを作れます。

では、積立の定期預金をしていく場合、いくらで積み立てればいいのか。
最大限、利息面で得するように考えてみました。

国税・地方税が引かれないように分割するのがコツ

定期預金を組むと、受取利息の20.315%が税金で引かれてしまいます。内訳は国税と地方税に分かれます。

この2つがあるから、定期預金を組んでも目減りしてしまいがちです。

でも、国税と地方税は、小数点以下が切り捨てになります。
この切り捨ての仕組みをうまく活かせば、定期預金でもらえる利息を最大限に高めることができますよ。

といっても、1円単位ですけどね。
でも、積み重ねていくことで大きな差になってきます!

【0.1%で計算】1,000〜6,000円までの定期預金を複数口作る

ソニー銀行の積み立て定期預金の金利は、キャンペーン時期によって変動しています。
マイナス金利の影響で下がっていますが、ボーナスの時期は金利が高くなる傾向がありますよ。

定期預金で一気に大金を預けてしまうと、税金で利息が目減りしてしまいますが、少額を複数口用意することで、目減りを抑えることができます。

ここでは仮に1年0.1%の定期預金があると仮定して、1円も税金に持っていかれずに定期預金を組む方法を紹介しましょう。

結論から言うと、1,000円〜6,000円の間の定期預金を複数口作ることで、1円も税金で引かれなくなります!計算してみましょう。

  • 利息:6,000円 × 0.1% = 6円
  • 国税:6,000円 × 0.1% × 15.315% = 0.9189円 → 切り捨てで0円
  • 地方税:6,000円 × 0.1% × 5% = 0.3円 → 切り捨てで0円

この結果「6円(税引前利息) – 0円(国税) – 0円(地方税) = 6円」となります。

ソニー銀行の積み立て定期預金は、月に6回引き落とし日があります。

  • 毎月2日
  • 毎月7日
  • 毎月12日
  • 毎月17日
  • 毎月22日
  • 毎月27日

この6回で6,000円ずつ積み立てると月に最大36,000円まで積み立てできますね。

積み立て定期預金を複数設定するとこんな感じになります。
同じ日に複数の積み立て定期預金を設定することもできますが、もしかしたら合算して定期預金が組まれる可能性もあります。

試してないので、なんとも言えないですが・・・。
別口になれば、月に何万円でも無税で定期預金を組めますね。

ソニー銀行の積み立て定期預金

ちなみに、定期預金金利が0.2%の場合は1口3,000円が限度になります。
0.3%だと1口2,000円ですね。

細かく計算する場合は、以下のページで金利計算できるようになっています。

さいごに

この方法を使って、仮に複数口の合計額で100万円分の定期預金があると、手取り利息が1,000円になります。1口で100万円の定期預金を作ったら、手取り利息が797円になります。

全く同じ金額を定期預金してるのに203円もの差になりました。小さなことですが、積み重ねると結構な金額になりますね。

ソニー銀行の積み立て定期預金を使って、利益を最大化したい方、貯金を増やしていきたい方はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!