中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)は零細企業や個人事業主(フリーランス)に最適な節税対策

スポンサーリンク

個人で仕事をやっていこうとしたり、起業して会社を立ち上げることがあると思います。もしくはもう既にそのどちらかをしているという方もいると思います。

今はなんとか生活できているけど、将来のために備えていますか?
万が一、事業が傾いてしまって、続けれなくなってしまった時の備えはありますか?

今回は、万が一の時の備えに役立ち、さらに節税対策にもなる方法を紹介します。

中小企業倒産防止共済

加入する時の流れは以下のページで。

中小企業倒産防止共済というのをご存知ですか?

今回紹介するのは「中小企業倒産防止共済」という制度のことです。

倒産防止共済は、資本金や出資総額が少ない中小企業や個人が申し込むことができます。また、組合で加入もできます。
参考:中小機構:倒産防止共済: 加入資格

倒産防止共済

掛金は月額5,000円〜200,000円まで

倒産防止共済は、毎月お金を掛けて積み立てていきます。月額5,000円〜200,000円までという幅広い金額です。

積立金額は5,000円ごとに設定できます。
5,000円、10,000円、15,000円という具合ですね。

掛け金は個人の場合は「経費」、法人の場合は「損金」になりますので、節税にもなります。個人の場合の勘定科目は「保険料」とかになるのかな?

総額800万円まで積立可能

倒産防止共済は積立できる金額に上限があります。節税を考えるなら上限がない方が嬉しいんですけどね・・・。

掛金総額が800万円までしか積立できません。仮に毎月20万ずつ積み立てると、40ヶ月で800万円まで到達します。わずか3年4ヶ月ですね。

毎月5,000円ずつ積み立てたら133年以上かかります。

解約時は40ヶ月以上の積立で100%戻ってくる

今まで積み立てた倒産防止共済を解約する時、ちゃんとお金が戻ってくるのかが気になるポイントだと思います。せっかく積み立てたのに、戻ってこないと意味がないですよね。

ちなみに、1ヶ月〜11ヶ月しか掛け金を支払っていないと、1円も戻ってきません。

このままだと1年もたないかもしれないと思うのであれば、無理に倒産防止共済を使わない方がおすすめ。

1年(12ヶ月)以上で80%が戻ってきます。

40ヶ月以上掛けていれば、掛け金の100%が戻ってきますよ。
この期間はちゃんと節税できているので、掛けた分しか戻ってこなくても、節税した分はお得になっています。

実質は年利何%かあるはずです。

以下は、公式ページに記載されていた解約手当金の返戻率になります。

掛金納付月数任意解約みなし解約機構解約
1ヶ月~11ヶ月0%0%0%
12ヶ月~23ヶ月80%85%75%
24ヶ月~29ヶ月85%90%80%
30ヶ月~35ヶ月90%95%85%
36ヶ月~39ヶ月95%100%90%
40ヶ月以上100%100%95%

via: 中小機構:倒産防止共済: 解約手当金について

無理のない金額を積み立てて、40ヶ月以上積み立てておくことが重要です。

小規模企業共済とは違って、わずか3年4ヶ月掛け続けるだけで元本が戻ってくるので、少しでも節税したい方にはもってこいです。

その代わり、解約手当金は所得税の課税対象になりますので、いずれは跳ね返ってくることになります。

さいごに:知ってる人だけが得をする

今回紹介した倒産防止共済は、知っている人だけが得することができる仕組みです。

はっきり言って、知らない人は損をするぐらいのインパクトがある内容だと思います。

お金のこと、特に税金のことは、知っているかどうかだけで豊かな生活が送れるかどうかが変わってきます。

将来のために備えておきたかったり、直近で払う税金を少しでも減らしたいのであれば、倒産防止共済に入るといいですよ。

私も近々申し込みする予定です。

倒産防止共済の詳細ページ → http://www.smrj.go.jp/tkyosai/index.html

その後、加入しました。手続きの流れを以下のページでまとめています。

おまけ:その他の節税方法

他にも節税できる方法はいくらでもあります。
知ってるかどうかだけで大きく変わることですので、今のうちに知っておきましょう!

節税方法のまとめは以下のページ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る