交通安全協会費はそもそも必要?払わずに済ませる方法と考え方

スポンサーリンク

こんにちは!
ほぼペーパードライバーのノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

車は運転しないけど免許は持っていて、一応ゴールド免許になっているのですが、期限が近づいてきたため、免許の更新の案内が届きました。

免許更新の案内

免許更新するときに毎回「交通安全協会費」を払っていませんか?

利用用途もよくわからず支払っているかもしれませんが、別に強制的に払わないといけないものではありません。

私は交通安全協会費を払わず済ませました。

どうやって交通安全協会費を払わずにしているのか、このページでは紹介していきますね。

交通安全協会費は年間500円だった

そもそも交通安全協会費がどれぐらいかかるのかも気になるところですよね。

私の住んでいる兵庫県だと、年間で500円でした。

免許の更新年数分をまとめて支払うことになるので、ゴールド免許の場合は5年で2,500円になりますね。

結構高いですよね。
2,500円あれば何ができるか考えるとその高さがイメージできるのではないでしょうか?

交通安全協会費の案内

強制的に支払うものではない

交通安全協会費は必ずしも支払わないといけないものではありません。

最初、免許更新のハガキを受付で見せた時点で「交通安全協会費をお願いします」って言われますけど、強制ではありません。

受付の人も強制ではないって言ってましたからね。

私が免許更新した神戸市の更新する場所では、番号順に進むようになっていて、2番目が交通安全協会費を払うところでした。

でも、別に払いたくないのであれば、交通安全協会の受付はスルーして進んでも大丈夫です。

もう1つ先の3番目から始めましたが、何の問題もなく免許更新できましたよ。

お金を持って行かないのも1つの手

どうしても相手の言葉の影響で払いそうになってしまうことがあると思います。

いくらわかっていてもついつい払ってしまうことってあるのではないでしょうか?

そうならないようにするためには、交通安全協会費を更新するためのお金を持っていかないのが1つの手です。

免許更新にかかるお金だけを持って行けば、残高が足りなくなるし、払いたくても払えない状況にできますよね。

そうすれば相手からプレッシャーをかけられようが関係なくなります。

私が住んでいる兵庫県の免許に関する手数料は以下の通りでした。

  • 優良運転者:3,000円
  • 高齢運転者:2,500円
  • 再交付:3,500円
  • 国外免許証:2,400円
  • 経由手数料:1,050円
  • 運転経歴証明書:1,000円

さいごに

免許更新 警察署

免許更新のたびに地味にストレスになる交通安全協会費のこと。

どうしても払わないといけないわけではありませんし、自分が必要ないと思ったのであれば、払わずに済ませるようにしましょう。

もちろん、交通安全協会費を払うことで得られるメリットもありますが、私はそもそも車に乗ることがほぼゼロなので、必要ないと判断しました。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る