退職願・退職届・辞表の違いと書き方や例文を徹底解説

スポンサーリンク

こんにちは!
一般の会社員なのに、「辞表」を提出して恥ずかしい思いをした小林敏徳です。

会社を退職するときは、やることがたくさんありますよね。

関係者に挨拶し、取引先にも報告し、会社から支給されていた物品を返却する。

もちろん仕事の引き継ぎも膨大にあるでしょうから、退職が決まってからのほうが忙しくなる場合もあるでしょう。

それと同時に、「退職願」「退職届」「辞表」のいずれかを会社に提出する必要がありますよね。

退職の意思を伝えるという意味でも、ちゃんと記録を残すという意味でも、この3点の書類は非常に重要です。

今回は、「退職願」「退職届」「辞表」の違いと書き方について解説します。
大切なポイントをおさえて、円満退職を目指しましょう。

退職願・退職届・辞表の違いと書き方

会社を退職するときは事務手続きも大切

会社を退職するときは、仕事の引き継ぎなどを優先してしまいがちですが、それと同じくらい事務手続きも大切です。

事務手続きといっても、退職者がやることは基本的に「退職願」「退職届」「辞表」のいずれかを提出するのみ。

やることは非常にシンプルですが、これらの書類の意味を知っておかなければ恥をかくことになります。

退職時のトラブルを防止するためにも重要

退職願や退職届といった書類は、退職時のトラブルを防止するためにも重要です。

退職時のトラブルとは、たとえば次のようなもの。

  • 退職にまつわる「言った」「言わない」
  • 意思に反して辞めさせられる(事実上の解雇)
  • 辞めたいのに辞めさせてもらえない

会社を辞めて転職するというのは一大イベントですから、滞りなく事を進めたいですよね。

上司との行き違いがあったり、意思に反して辞めさせられたり、逆に辞めたいのに辞めさせてもらえなかったり。

そのようなトラブルにならないためにも、書類という記録は何よりも重要です。

それではさっそく、「退職願」「退職届」「辞表」の違いを解説していきますね。

退職願・退職届・辞表の違い

まずは「退職願」「退職届」「辞表」の違いを簡潔にまとめてみました。

  • 退職願:退職の意思を伝える書類
  • 退職届:正式に退職を申し出る書類
  • 辞表:公務員・会社役員が退職するときの書類

ちょっとややこしく感じるかもしれませんね。

それでは1つずつ詳しく説明していきます。

退職願とは、退職の意思を伝える書類のこと

退職願とは、退職の意思を伝える書類のことです。

つまり「一身上の都合で退職をさせていただきたいのですが?」というお伺いの書類ですね。

ちょっとだけ難しい言い方をすると、「労働契約の解約」を申し出る書類ということになります。

したがって、退職願を提出したからと言って必ずしも退職をしなければならないわけではありません。

退職願は撤回できる

退職願は、後日撤回もできます。

たとえば「会社を辞めたい・・・」と思っていたのに、同僚や上司に引き留められて翻意する場合もありますよね。

そんなときは、上司にお願いして退職願を破棄してもらってください。

退職願の書き方と例文

退職願の規定はとくにありませんが、主に次のようなことが暗黙のルールになっています。

  • 便箋のサイズ:A4、B5
  • 用紙:無地、罫線あり
  • 作成方法:手書きが基本、PC可の場合も
  • インク:黒色(ボールペン)
  • 書式:縦書きが一般的

▼例文はこんな感じになります。

退職願の書き方

退職理由は、あくまでも「一身上の都合により」とだけ記入すること。

まず法律上、会社に退職理由を告げる義務はないのと、本音の退職理由を明記することでトラブルにつながる可能性があるからです。

たとえば「会社のやり方に納得できないため」と記入してしまい、最後の最後で上司と揉めるようなことですね。

退職日については、上司と相談してから記入してください。

次は、退職届について解説していきます。

退職届とは、正式に退職を申し出る書類のこと

退職届とは、正式に退職を申し出る書類のことです。

退職願は取り消し可能ですが、退職届は基本的に取り消しができません。

ですから上司とも相談した上で、退職が完全に決定してから提出してください。

いきなり提出するとトラブルになる可能性も

いきなり退職届を提出すると、トラブルになる可能性があります。

なぜなら退職届を渡されるほうからすると、「事前相談もなしに一方的に退職届を渡された!」と感じるからです。

退職を決断するまでにどれだけ悩もうとも、時間をかけていようとも、相手にはその苦労は伝わりません。

ですから、まずは退職願を提出するか、上司に退職の意思を伝え、ある程度の方向性を決めてから退職届を提出するのがいいでしょう。

退職届の書き方と例文

退職届についての規定もとくにありませんが、主に次のようなことが暗黙のルールになっています。

  • 便箋のサイズ:A4、B5
  • 用紙:無地、罫線あり
  • 作成方法:手書きが基本、PC可の場合も
  • インク:黒色(ボールペン)
  • 書式:縦書きが一般的

退職願と同じですね。

▼退職届の例文はこんな感じです。

退職届の書き方

変更点は、「退職致したく、ここにお願い申し上げます」が「退職致します」と言い切る形になっただけです。

こちらも退職日については上司と相談の上で記入してくださいね。

それでは最後に、辞表について解説していきます。

辞表とは、公務員・会社役員が退職するときに提出する書類のこと

辞表とは、公務員や会社役員が退職するときに提出する書類のこと。

公務員や会社役員は一般会社員のような「労働契約」をしていないため、辞表という形で退職を申し出ることになります。

とはいえ、その内容は一般会社員の退職願とほぼ同じです。

辞表の書き方と例文

辞表の書き方については、主に次のようなことが暗黙のルールになっています。

  • 便箋のサイズ:A4、B5
  • 用紙:無地、罫線あり
  • 作成方法:手書きが基本、PC可の場合も
  • インク:黒色(ボールペン)
  • 書式:縦書きが一般的

退職願や退職届と同じですね。

▼例文はこんな感じです。

辞表の書き方

表題や役職の部分が変わるだけで、内容は退職願と同じですね。

さて、それでは次に各書類の提出方法を紹介します。

退職願等は封筒に入れて上司に手渡しましょう

退職願等は、封筒にいれて上司に手渡してください。

上司に指定された場合を除き、メールで送信したり、裸の状態で提出するようなことはやめましょう。

▼封筒の表面には、書類の名前を。

退職願の表面

▼裏面には、部署と氏名を記入してください。

退職願の裏面

ちなみに封筒の「封」はしたほうが良いのか、しないほうが良いのか、これは意見がわかれますが、どちらが正解ということでもないようです。

ただ、見栄えの問題として、シール付きの封筒の場合は封をしてから提出したほうが無難だと思います。

最後まで丁寧な仕事を心がけましょう。

退職手続きを正確にこなして円満退職を!

退職が決まったら、つい仕事が雑になってしまいますよね。

気持ちがすでに転職先にうつっているため、現職のことに気が回らないからです。

でも、退職を控えたときほど「立つ鳥跡を濁さず」を意識すべきです。

決して大げさではなく、この期間のあり方が転職後の成功を決定づけるように思います。

お世話になった会社に最後の恩返しを。

そのためには退職手続きを正確に、そして滞りなくこなしていきましょう。

さいごに

会社を辞めるまでの手続きは、ちょっと面倒です。
会社の規模が大きければ大きいほど、いろんな雑務に追われるでしょう。

それも転職の醍醐味の1つですから、正確にこなしてくださいね。

ここまでは自分で行う方法を紹介しましたが、やっぱり難しいと思うのであれば、退職代行EXITのような代わりにやってもらえるサービスもありますよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林 敏徳

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。文章を書いたり、化粧品の企画をしたり、写真を撮ったりしています。 詳しいプロフィールはこちらインタビューされた記事対談記事もどうぞ。

執筆メンバの一覧を見る