なぜ20代で3回目の転職が難しいのか?その理由と対策を詳しく解説

スポンサーリンク

こんにちは!
20代で転職した中山(@kobutoriniki)です。

転職は回数が増えると、難易度が高くなるといわれていますね。

たしかに20代で転職回数が3回以上になると、転職の成功確率が落ちるという調査もあるので、間違いではありません。

「自分は20代で転職回数が3回以上あるから、転職はできないの?」と不安になるかもしれないですが、安心してくださいね。

転職回数が多くなっても、必ず転職に失敗するわけではありません。

仮に転職回数が多くても、事前に対策をしておけば、転職の成功確率をあげることはできますよ。

このページでは、20代で3回目の転職が難しい理由や対策を説明していきますね。

なぜ20代で3回目の転職が難しいのか?

本当に転職回数が多いと転職が難しいのか?

転職回数が多いと、自分が転職に成功するかどうか不安になりますよね。

転職サイトDODAの調査によると、20代の転職で2回目以降は成功率が下がります。

1回目は95%とほぼ転職未経験と変わらない成功率ですが、2回目は46.6%、3回目は14.1%になっているので、転職回数が増えると難易度も高くなるのは事実。

しかし、転職回数が多いと絶対に失敗するわけではなく、転職に成功している人もいますよ。

なので「自分は転職回数が多いから、転職に失敗してしまう」とあきらめなくても、大丈夫です。

大切なのは、なぜ転職回数が多いと転職が難しくなるのかを理解して、事前に対策しておくこと。

このページで転職が多いと難しくなる理由・対策も詳しく説明するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

回数が多いと転職が難しくなる2つの理由

なぜ転職の回数が多くなると、転職が難しくなるのでしょうか?

会社側の都合も考えてみると、その答えが分かりますよ。

会社にとっては、採用した人材が利益を出してくれるかどうかがポイントになります。

なので、「スキルがあるかどうか?」「すぐにやめないか?」はシビアに見られるんですね。

ここからは、転職回数が多いと転職が難しくなる理由を説明していきます。

「自分は転職回数が多い…」と心配しているなら、ぜひ把握しておきましょうね。

「すぐに離職するかも」と思われる

20代で転職の回数が多いと、会社側から「採用しても、すぐに辞めるのでは?」と思われます。

採用にはお金と時間がかかるため、会社側はできる限り失敗を避けたいんですね。

また採用した人材がすぐに辞めてしまうと、人事担当者の責任問題にもなるので、転職回数が多いのは目をつけられるかもしれません。

ただ転職の経験をプラスに伝えられたら、全然印象は変りますよ。

転職を繰り返す人を「ジョブホッパー」と呼び、より高いスキルを求めている向上心のある人と捉える考え方も出てきました。

会社側の「すぐ辞めるのでは?」という心配を解消するように、自分のキャリアをうまく説明するといいですよ。

「スキルや能力が身についていない」と判断される

転職の回数が多いと、転職回数が少ない人と比べて、1社1社での在籍期間は短くなりますよね。

そのため「充分なスキルや能力がついていないのでは?」と判断されるかもしれません。

会社側は売上に貢献してくれる人材を欲しがっているため、スキルや能力がないと思われると、採用の確率は下がる可能性があるでしょう。

特に中途採用の場合は、即戦力の人材を求めているので、かなりシビアに見られるかもしれません。

ただ在籍期間は短くても、なにかしらのスキルや能力はついているはずですよね。

1つの会社で長年働いた方がスキルや能力が身につくと考える人もいますが、人によっては期間が短くてもスキルや能力を身につけていることもあるでしょう。

なので、転職回数が多くても、自分が身につけたスキル・能力をしっかりとアピールすると印象が変りますよ。

転職回数が多いなら、いろんな仕事を経験しているので、スキルや能力の幅も広いという強みもあるでしょう。

自分の実績を客観的に紹介しつつ、スキルや能力をアピールすると伝わりやすいので、おすすめですよ。

転職回数が多くても、転職はできる

転職回数が多くなると、転職の難易度が上がることを説明しました。

「じゃあ、転職回数が多いなら転職はあきらめた方がいいのかな…」と不安になるかもしれません。

転職回数が多い場合でも、転職をあきらめてなくて大丈夫ですよ。

実際に転職の回数が3回以上になっても、無事に転職した人もいます。

会社によっては4回以上の人を採用することもあるので、可能性はゼロではありません。

転職回数が多いということは、それだけいろいろな会社を見てきているということでもあるので、そこが評価されることもありえますよ。

20代で3回目の転職でも成功する4つの方法

20代で3回目の転職は、難易度が高くなってしまいます。

しかし事前に対策をして、転職活動にチャレンジすれば、可能性はあります。

転職回数が多くなると、会社側がマイナスイメージを勝手に持ってしまうため、難易度が高くなるんですね。

なので、自分のキャリアやスキルをアピールして、マイナスイメージを持たれなければ問題ありませんよ。

「具体的にどんな対策をすればいいの?」と思ったら、ここから紹介する対策を試してみてくださいね。

なぜ転職したのか明確に伝える

会社側が一番気になるのが「なぜ転職の回数が多いのか?」でしょう。

なので、転職活動のときには転職の理由を明確に答えられるようにしておきましょう。

ポイントは、会社側が納得するようなポジティブな理由を伝えることですね。

もし「仕事がつまらない」という理由で転職しても、「より責任ある仕事に挑戦したい」と伝えることによってポジティブな印象を与えることができますよ。

自分の転職理由を振り返って、ポジティブな理由として説明できないか、考えてみるといいですね。

会社から見て「この人は前向きな理由で転職をしている」と思ってもらえたら、かなりイメージアップになるでしょう。

キャリアの一貫性を説明する

転職の回数が多いと会社側から「好きなように会社を変えてきた」と思われるかもしれません。

なので、今まで積み上げてきたキャリアに一貫性があること説明しましょう。

もし業種や業界がバラバラだったとしても、「よりスキルアップできる仕事をしたいから」などと伝えるといいですよ。

キャリアがバラバラに見えても、そこに明確な目的があれば、会社側も納得してくれるかもしれません。

会社側から「理由もなく気分で転職をする」と思われないように、キャリアの一貫性を説明するのは大事なことですね。

能力やスキルが身についている事を話す

転職回数が多いと「能力やスキルが身につく前に辞めているのでは?」と思われる可能性があります。

なので、面接時に自分の能力やスキルを積極的にアピールことが大事。

具体的には自分の担当事業とその実績を数字で説明すると、かなり説得力が出ます。

例えば自分が営業経験者だったら、営業の売上額を説明しながら、営業力をアピールするのがいいですね。

また転職の回数が多い場合は、その分いろんな仕事を経験していますよね?

自分の能力やスキルの幅が広いことを説明できれば、転職回数が多いこともマイナスにはなりませんよ。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、転職活動をサポートしてくれるサービス。

転職先のリストアップ・履歴書の作成・面接日程の調整・年収の交渉など、手厚いサポートをしてくれますよ。

転職回数が多くても、転職のプロが味方にいれば安心ですね。

しかも転職エージェントの利用にお金はかかりません。

採用が決まった場合は会社側から、転職エージェントにお金を払うので、利用者がお金を出すことはないですよ。

無料で利用できて、手厚いサポートも受けられるため、転職希望ならぜひ活用してみてくださいね。

代表的な転職エージェントのサービスだと、マイナビエージェントDODAなどがありますよ。


 

さいごに

20代で転職回数が3回以上になると、転職のハードルは高くなります。

しかし、会社側の立場に立って理由を考えれば、対策も分かってきますよね。

転職回数が多いと転職が難しくなるのは、会社側はマイナスイメージを持つから。

そのマイナスイメージをなくせるように、自分のキャリア・スキルをアピールできれば、問題ありませんよ。

実際に20代で転職回数が3回以上になっても、転職に成功した人はいるので、安心してくださいね。

このページで紹介した転職の対策を使ってみて、ぜひ転職の成功確率を上げてみてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

フリーで編集・ライターをしています。自分の体験を元にした「分かりやすい記事」を書きます。 得意なジャンルは「働き方・レビュー記事」です。 個人ブログを更新中。

執筆メンバの一覧を見る