スプレー缶の捨て方は?穴あけやガス抜きなどの処分方法を写真つきで解説

スポンサーリンク

ヘアスプレーやカセットボンベなど、スプレー缶を捨てるときに「中身を使い切って、穴を開けて捨てる」という話は聞いたことがあるかもしれません。

ただ、穴あけの方法や中身の残っているスプレー缶の捨て方については、「どうやるんだっけ?」と気になりませんか?

中のガスが残ったままゴミに出してしまうと、火事が発生してしまう恐れもあるので、きちんとした処分方法を知っておきたいところですよね。

そこで、このページではスプレー缶の捨て方について解説しています。

穴あけやガス抜きなどの処分方法を写真つきで紹介しているので、よかったら参考にしてみてくださいね。

スプレー缶を処分するときの注意点

スプレー缶写真

はじめに、スプレー缶を処分するときの注意点を確認しておきましょう。
注意点は次の通りです。

  • 中身は使い切ってから捨てる
  • 中身を出すときは火の気のない、風通しのよい屋外でする
  • ほかのゴミと一緒に出さない

スプレー缶の中にガスが残ったままだと、発火事故の原因になるので、かならず中身は使い切ってから出すというのは必須です。

中身が残っている場合は、ガス抜きをしなければいけませんが、このときの作業場所には気をつけましょう。

室内でやると、部屋のなかにガスが充満します。

このとき、なにかの拍子で引火したら、発火事故が発生する恐れもあるので、かならず火の気のない、風通しのよい屋外でガス抜きをすることが大切です。

また、ガス抜きをしたスプレー缶は、ほかのゴミと一緒にしないで、スプレー缶だけを袋にまとめて出すようにしましょう。

処分の仕方としては、結構面倒に感じるかもしれませんが、もしものことがあったら大変なので、きちんとした方法で捨てるようにしておきたいところですね。

スプレー缶を処分する方法

では、つづいてスプレー缶を処分する方法を紹介します。
ポイントは次の2点です。

  • 穴あけをして中身をしっかり使い切る
  • 指定のごみ袋に入れて「燃えないごみ」の日に出す

スプレー缶は「燃えないごみ」に分類されます。

指定のごみ袋がある地域は、それにスプレー缶を入れて「燃えないごみ」収集日に出してくださいね。

スプレー缶の穴あけ・ガス抜き方法

スプレー缶に穴をあける道具写真

スプレー缶に穴をあけるときは、「ガス抜き針式」などの穴をあける道具があると便利です。
ちなみに、こちらはダイソーで売っていたマグネット式のガス抜き針式ですよ。

これなら冷蔵庫にくっつけられるので、なくす心配もありません。

ダイソー以外の100均にもあるかもしれないので、ぜひ、お近くのお店で探してみてくださいね。

スプレー缶に穴をあける道具写真

使い方はとても簡単で、緑の部分をぐっと押すと、先端から針がでてきます。
この針で、スプレー缶に穴をあければOK!

スプレー缶に穴をあける手順写真

小さめのスプレー缶なら、写真のように挟みこんで、針を刺すことができます。

今回はカメラを持ちながらだったので、片手でやっていますが、両手でぐっと押さえると、針が刺しやすくなりますよ。

スプレー缶に穴をあけた写真

針を抜くと、このようにスプレー缶に穴があきます。
これで中のガスがすべて出きったら、ごみ袋に入れて捨てれば大丈夫ですよ。

中身が大量に残っている場合

スプレー缶の中身を出している写真

捨てようと思っているスプレー缶のなかには、「中身が大量に残っている」というケースもあるかと思います。

もちろん、これも同じように中身を出しきらないといけないのですが、ヘアムースなどは、そこら辺でスプレーして中身を出すことができませんよね。

そんなときは、ごみ袋のなかに新聞紙など水分を吸うものを入れて、中身を出すようにしましょう。

残量が多いと、すべて中身を出し切るのに時間がかかってしまいますが、「中身はすべて使い切る」がごみ捨てのときの基本なので、がんばってやってみてくださいね。

中身の残ったスプレー缶の回収場所もあります

スプレー缶を捨てるときは、ガス抜きが面倒に感じるかもしれませんが、自治体によっては中身の残ったスプレー缶を回収しているところもあります

今回、うちにも中身が大量に残ったスプレー缶があったので、処分方法を地域の環境局に問い合わせてみたところ、「○○で回収しているので、そちらに持ってきていただいたら大丈夫ですよ」との回答がありました。

「中身が大量に残っていてガス抜きをするのが大変」というときはもちろんのこと、「数本だけなので指定の袋を買うのは、ちょっと…」というときは、スプレー缶の回収場所に捨てるのも、ひとつの方法です。

詳しいことは各自治体によって変わってくると思うので、もし気になるなら、自分が住んでいる市役所などに問い合わせてみてくださいね。

さいごに

スプレー缶の中身をすべて使い切れればいいのですが、ヘアスプレーや殺虫剤など、使い切れないまま数年が経ってしまったというスプレー缶も家に眠っていることもあるかと思います。

我が家にもそんなスプレー缶が数本残っていて、「早く捨てないと」と思いながらも、ずっと放置していました。

今回は、そんな重い腰をようやくあげて、残っていたスプレー缶をすべて処分!

やるまでは面倒に感じていましたが、やってしまえば、スッキリとした気持ちにもなり、部屋も片付いてよかったなと思います。

もし、自宅に捨てようと思っているスプレー缶があるときには、紹介した処分方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

関西在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。毎月国内のどこかへでかけ、観光地をあちこち歩き回ったり、ゆっくり読書しながらホテルステイを楽しんでいます。将来の夢はエンタメメディアの会社を立ち上げることです。

執筆メンバの一覧を見る