まつエクとマスカラを比較!費用や時間がお得なのは?30代でまつエクデビューした感想

スポンサーリンク

20代のころは「つけま」で過ごしこの数年はマスカラのみにしていましたが、最近まつエクをするようになった、なつみとです!

メイクって、正直面倒くさいですよね・・・?

かといってスッピンで出かける勇気もなく、また女性にとってメイクは身だしなみの一環という意味もあるので、やらないわけにもいきません。

特にアイメイクは面倒くさいものですが、まつエクにしてから、朝のメイクが本当に楽になりました!

まつエクをしている人が「もうマスカラには戻れない」と言う意味もわかりましたよ・・・。

とは言え、まつエクはお金もかかりますし、経験のない人からすると、いろいろと気になることがあるでしょう。

このページでは、まつエクはぶっちゃけいいのか?
マスカラや「つけま」と比較してどうなのか、たっぷり解説します!

30代でまつエクデビューしたわたし個人の感想も載せておきますので、まつエクが気になっている人は読んでみてくださいね。

まつエクとマスカラを比較

まつエク・マスカラ・つけまの比較

まつエクは、マスカラやつけまと比べてどうなのか、わかりやすいよう比較表を作ってみました。

まつエクマスカラつけま
1か月あたりの所要時間60分間290分間150分間
1か月あたりの費用約5,000円約600円約1,000円
見た目の良さ
肌への負担負担少負担あり負担大

所要時間や費用についてはわたしの経験をもとにしています↓

まつエク:
100~120本程度のコースをもとにしています。月に1回通う計算。
マスカラ:
1本1,200円のマスカラを2か月で買い替え。
週に5日は一度塗り(所要時間5分)、残り2日はしっかりメイク(所要時間10分)。
さらにメイク落としに3分かかる計算です。
つけまつげ:
100均で1ペア入りのつけまを1週間使う(月に4つ消費)。つけまのりは1本1,000円程度のものを2か月で買い替える。
つけるのに3分、外して片付けるのに2分。

上記の表はあくまでわたしの経験をもとに作成したものなので、自分の場合はどうなのか、実際にかかっている時間や、普段使っているアイテムの値段をもとに計算してもよさそうですね。

ここからはさらに詳しく、まつエク・マスカラ・つけまの比較をしていきましょう。

View this post on Instagram

こんにちは?まどかです❗️ いつもいいね?ありがとうございます? . 今回は「マスカラ・つけま・まつエク」についてです?✨ . 毎日のメイクって大変だから、時間をかけずに少しでも楽にしたいし、肌に負担もなるべくかけずに見栄えもよくしたいですよね✨ . そこで、長年アイメイクをしてきたライターのなつみとさんが、その違いについて紹介しますね? (あくまでなつみとさんの場合です) . まつエクをしてみようかな❓と、考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね?✨ . 詳しくはプロフィール( @nomadsaving_manga )から「ノマド的節約術」の記事に行けます? ——————— . フォローとか、いいね!してもらえるとうれしいです! . 応援が次の漫画描くエネルギーになります?✨? . #ノマド的節約術 #漫画#お金の話#お金#節約#やりくり#やりくり上手になりたい#お得#お得活動#お得生活#アイメイク#まつエク#まつエクデビュー#まつエクサロン#つけまつげ#つけま#つけまつ毛#マスカラ#マスカラ無し#マツエク#マツエクサロン#マツエク安い#敏感肌#敏感皮膚#お肌に優しい#目ヂカラ#働くママの味方

まどかマンガ@ノマド的節約術さん(@nomadsaving_manga)がシェアした投稿 –

肌への負担を考えるとまつエクはいい!

まつエクをした目
まつエクをつけた状態の目

目の周りは皮膚が薄いので、アイメイクによる肌の負担も気になります。

マスカラをゴシゴシとこすって落としていた若いころの自分をひっぱたきに行きたい気持ちなのはわたしだけではないでしょう。

肌への負担という意味では、まつエクはほとんど負担が無いのではないか、と感じています。

マスカラは、オフするときにこすったり、もしくはクレンジング剤が刺激になったりと、けっこう肌の負担がありますよね。

つけまつげの場合は、まぶたに接着剤をつけるのでその刺激がありますし、まつげをつけている間の重力的な負担、剥がすときの引っ張る負担など、肌にとっては一番良くない気がします。

それに比べてまつエクは、まつげに装着するものなので、肌に何かをつけることがありません。

唯一、施術中だけですね。
施術中は目の周りにテープを貼って固定するので・・・。

さらに、マスカラからまつエクに移行して実感したのは、目の下の肌がふっくらしてきたこと。

毎日のメイク落としによる目の負担がなくなったことで、目の周りの皮膚が若返ったような感覚です!

特に目の下、いわゆる涙袋のところは顕著で、アイクリームも塗っていないのに肌がふっくらしてきました。

これは思わぬ副効果でしたよ。

見栄えの良さはつけまが一番かも・・・

つけまをつけた目
つけまを付けた目の状態。

そもそも、本当に時間とお金を節約したければ、メイクなどしなければいいのです。
それでもわたしがメイクをするのは、見た目を気にするから。

アイメイクをする以上、見た目の良さは大切ですね。

そういう意味では、つけまが一番、見た目はいいかなぁと思っています。

マスカラだと、なかなか「バサッ」としたまつげにはなりませんよね。
三度塗り・四度塗りと重ねようとするとどんどんダマになるし・・・。

まつエクも見た目はすごくいい感じになるのですが、うつ伏せで寝てしまうと寝癖がつくし、そうでなくても日が経つとまつ毛の方向が揃わなくなったりします。

ずっとキレイなときと寝癖が付きやすいときとあるので、エクステの毛質やアイリストの方の腕にもよるのかもしれません。

つけまつげの場合、わたしは100均のものを愛用していたので気軽に使い捨てられますし、手っ取り早く目力アップできる点はよかったなぁ・・・。

スポンサーリンク

まつエクは費用がネック!安くまつエクするには?

まつエクサロンのチケット
まつエクサロンのチケット

マスカラやつけまに比べて、まつエクはけっこうお金がかかります。
相場としては1回5,000円ぐらい。

もちろん探せばもっと安いお店はありますよ。

わたしはだいたいホットペッパービューティーで探すのですが、今まで見た中では最安で100本3,000円(税別)ぐらいでした。

わたしが今通っているところではチケットの販売がありお得なチケットを購入できたので、しばらくは1回3,000円弱になりましたよ。

ただ、安すぎるサロンだと、毛質が良くなかったり、アイリストの技術レベルが低かったりする可能性もあります。

口コミを調べてから行くなど、慎重に判断するのがいいでしょう。

まつエクのお店はたくさんありますし新規なら格安なクーポンが使えることも多いので、いろんなお店を回ってみるのもいいかもしれません。

でもいろんなお店を回ってみると、技術レベルや接客レベルの違いを痛感することにもなるので、結局はお気に入りのお店に通うことになるかと思います。

いくら安くても仕上がりが雑では良くないので、値段は重視しすぎず、気持ちよく通えるお店を探しましょう。

まつエクにかかる時間は1時間弱で1か月程度もちます

まつエクをした目、閉じたところ
目を閉じると「まつエクしてる!」という感じがわかりますね

まつエクの施術の所要時間は30分~1時間程度です。

施術中はベッドやリクライニングチェアで横たわって、ずっと目を閉じた状態になりますよ。
※目の周りをテープで固定されます。

そのあいだは何もできない状態になりますが、リラックスタイムだと思って静かに過ごすといいでしょう。

また、ネイルと同時施術ができるサロンもあり、わたしも二度ほど同時施術をやってみましたが、寝ている間に両方終わるのでとてもラクでした!

まつエクは一度つけると1か月弱ほどもちますが、きれいな状態がキープできるのは2週間ぐらいかなと思います。3週間目からは徐々に抜けていったり毛の方向が不揃いになっていく感じです。

来店期間を詰めるとその分の割引があるサロンも多いので、自分に合ったペースで通うといいですね。

まつエク生活をしてみた感想

マスカラをした目
マスカラだけだと、目が小さく見えます

まつエクは、朝のメイク時間が短縮できるのは最高だけど「5,000円の価値があるのか!?」と考えると、そこまでではないような気がします(笑)

ただ、「お金払ってでもラクしたい!」という気持ちのほうが上回っているので、今後もまつエクはするでしょうね。

メイク、特にアイメイクは、作業しているあいだほかのことができないので、好きじゃないんです。

「アレクサ、今日の天気は?」などとスマートスピーカーに話しかけるぐらいしかできないじゃないですか・・・。

でもまつエクをしていると、そんな退屈なメイク時間が、大幅に減りました!

ビューラーとマスカラの行程がなくなるだけでなく、わたしの場合はアイラインも省略することが増えましたよ。

まつげがしっかりあると、アイラインを引かなくても目がはっきりするので、普段はアイライン無しで生活できるようになりました。

その分さらに、メイク時間とクレンジング時間が短縮できています。

一方、残念なのは、まつエクがメガネに当たること・・・。

わたしの鼻が低いからなのかもしれませんが、調子に乗って12mmをつけたら、メガネに当たりまくってすごく気持ち悪かったです。

普段はコンタクトなので問題ありませんが、まつエクはつけまと違ってずっとついたまま。

家でメガネ生活の人は、まつエクの長さは気を付けたほうがよさそうですね。

さいごに:まつエクのメリット・デメリットまとめ

まつエクは月に3,000~5,000円程度の費用はかかりますが、メイクやクレンジングの時間が大幅に短縮できるのが魅力です。

また、マスカラのみよりもはっきりとした目元になる上に、目の周りの皮膚が若返ったという点は最高ですよ。

デメリットとしてはコスト面と通う手間、あとはメガネに当たってしまうことがあるということぐらいではないでしょうか。

わたしにとっては、通う手間はそんなに気にならないですし、むしろ日ごろ目を酷使しているので、強制的に目を閉じてリラックスできる時間と考えれば悪くないです。

お金の節約にはなりませんが、時間にゆとりができ、その結果気持ちのゆとりにもつながっているように思えるので、個人的にはまつエク、オススメです!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

なつみと

節約はするけど好きなことにお金を使うのが大好きなWebライター・webライティング講師。節約に関する知識が豊富な反面、必要なものにはどんどんお金を使っていく性格のため「メリハリあるお金の使い方」を発信していきます!

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!