ラクスルの印刷は評判通り?ポストカードを印刷する手順と感想。年賀状印刷もできる

スポンサーリンク

私が運営する事業の拡張のために、ネットだけで集客するのではなく、リアルな活動を始めようと思いました。

今まで自分のサイトを知ってもらうことがなかったであろう方に、広めていきたいという思いがあります。

そのための活動で、ポストカードを作ることにしました。
いろいろとサイトを見てみたのですが、raksul(ラクスル)というところがなんとなく良さそうに見えたので、raksul(ラクスル)を使うことにしました。

ここでは、ラクスルでのポストカード注文までの手順を紹介していきます。

ポストカード印刷の手順

ラクスルのポストカードのページに行くと、以下のようなページが表示されます。種類・カラー・紙の種類・紙の厚さ・部数と出荷日を選択します。

もちろん、部数が多ければ多いほど1枚あたりの単価は安くなります。印刷料があるから当然ですよね。私は1,000部を選びました。1,000枚だと1枚2.9円なんですね。安い!

ラクスルのポストカード印刷依頼画面

次の画面へ進むと、カートに追加しました。と表示されます。もうこれで全部なら「カートへ進む」ボタンで次へ進みます。

ラクスルのカート画面

次の画面では、カートに入れた商品の一覧が表示されます。購入手続きへ進む場合は、下のオレンジのボタンを押して下さい。

ラクスルのカート一覧

この先、画面にしたがって順番に入力していきます。

  • お届け先の指定
  • お支払い方法
  • ご購入の確定・完了
  • データ入稿

ラクスルは会員登録した時点で100ポイントもらえるので、最初の1回は100円引きで使えます。消費税分も安くなるので、2014年時点だと108円安くなりますね。

支払い方法は銀行振込やクレジットカードに対応しています。より節約するなら、クレジットカード一択でしょう。ポイントが付く分、お得です。

以下は注文確認画面です。108円安くできています。

ラクスルの注文確認画面

注文を確定すると、以下のような画面になります。この後、肝心なデータ入稿があります。

ラクスルの購入完了画面

データ入稿はIllustrator、Photoshop、InDesign、PDF、Word、PowerPoint、一太郎、花子、ラベル屋さんのファイル形式でないといけません。

以下の画面が表示されるので、データ入稿ボタンからファイルをアップロードしましょう。

ラクスルのデータ入稿画面

データの入稿後は、ラクスル側でやってくれます。

できたらまた連絡があると思いますので、その時に印刷データが問題ないかチェックしましょう。完成が楽しみです!

その後完成したポストカードがこちら。

ノマド的節約術のポストカード

質感も良くて、値段以上の価値があるように思えますよ!
個人的には満足度が高いです。

年賀状の印刷もできる

ラクスルでは、お正月の風物詩になっている年賀状の印刷もできます。

デザインのテンプレートから選ぶことができて、自分で印刷する手間が省けますよ。

忙しくて時間がないけど、年賀状を出さないといけない場合は、ラクスルを利用するのも1つの方法です。

さいごに

ラクスルを使えば、そんなに高くない値段で印刷することができますので、紙を使って何かしようと思っているなら、ぜひ活用してみてください。

私は過去にポストカードとチラシと名刺を印刷したことがあります。

いずれもいい感じに仕上がってるし、名刺は配った時の評判がいい感じです。

▼ラクスルで印刷をお願いする▼

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る