国民年金付加保険料(付加年金)納付の申込のやり方

スポンサーリンク

会社員以外の方だと、毎月15,000円ほど払っている国民年金。これに付加保険料(付加年金)を払うことで将来もらう年金の額を増やすことをご存知でしょうか?

今まで生活が苦しかったので、国民年金を免除していましたが、追納して免除をやめるとともに、付加年金も払うことにしました。

ちなみに国民年金の追納のやり方については以下のページで説明しています。

国民年金付加年金の申込書類

市役所(区役所)の年金コーナーで申請

手続きは難しくありません!お住まいの市役所もしくは区役所に行くと必ず年金のコーナーがあると思うので、そこで付加年金を払う申請をするだけです。

私は、住んでいる神戸市のある区役所で申請してきました。付加年金は申し込んだ月の分から払うことができます。

国民年金に加えて毎月400円余分に払うことになりますが、年金をもらうようになってから2年で元がとれて、3年目以降からは全部利益になるので、かなりお得です。

知ってるかどうかが大切

付加年金の仕組みは知っているかどうかだけで、将来得することができるかが変わります。

知らなければ損するともいえるぐらいなので、国民年金を払える余裕があるのであれば、付加年金に入らない手はないです。

お金のこと、特に税金周りのことは、知ってるかどうかだけで人生が大きく変わります。

知らずにあーだこーだと嘆く前に、しっかり勉強しましょう。
日本はいろいろと恵まれていることがよく分かると思います。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る