幼稚園で使うバッグを手作りする方法と材料を買うときのコツ・所要時間・かかったコスト・節約額のまとめ

小林 敏徳の画像

こんにちは!
手先も口先も不器用な小林敏徳です。

幼稚園・保育園の入園って、意外とお金がかかりますよね。

入園金や保育料がかかるのはもちろんですが、指定された用品も必要になります。

そこでおすすめなのが、「手作り」です。
ハンドメイドならコストを抑えられて、好きなデザインにもできますよ。

このページでは、幼稚園で使うバッグ類の手作りにかかった時間や、節約のポイント等を解説します。

幼稚園・保育園の用品にかかるコストは「手作り」で節約できます

ぼくの子供が幼稚園に入園したとき、意外とお金がかかることに驚きました・・・。

通っている幼稚園は、制服や体操服が指定されているので、準備には総額30,000円程度のコストがかかります。

文房具等は百均等をうまく活用すれば節約可能ですが、巾着袋やバッグ類はそうはいきません。

でも、手作りすればコストを大幅に節約できるんです。

幼稚園の入園に必要な用品を手作り

子供が好きなデザインなら大切に使ってくれる

巾着袋やバッグ類の手作りには、「子供が好きなデザインにできる」というメリットもあります。

やはり好きなデザインの物を持つと、大切に使ってくれますよね。

わが家の長男の入園にあたり、大好きな「恐竜」の生地を買ってきました。

ハンドメイドの材料を買うときの節約ポイント

幼稚園の入園に必要な用品を手作り

手作り用品の材料を購入するときに、知っておきたい節約のポイントがあります。

ちょっとした工夫でコストが大きく変わりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

生地は生地屋さんが安い

バッグや巾着の手作りに必要な生地は、できるだけ「生地屋さん」で購入してください。

普段は目に入らないかもしれませんが、たとえば大型ショッピングモールにも入っている「ユザワヤ」のような手芸専門店があると思います。

送料がかかる通販よりも、買い物ついでに生地屋さんに寄ったほうが、安く購入できますよ。

名札・タグ・紐・ワッペン・裁縫道具は百均が安い

幼稚園のバッグ類を手作りするなら、名札やタグ、ワッペンなどの細かいものも必要ですよね。

このあたりは百均をうまく活用することで節約できます。

ABCクラフト等の手芸屋さんは値段が高め

手芸専門で有名なお店といえば、「ABCクラフト」をイメージするかもしれませんが、お値段的にはちょっと高めです。

たしかに手が込んでいて可愛いのですが、結構高くつくんですよね。

ものによりますが、百均で買えるものが、おおよそ500〜600円くらいになるイメージでしょうか。

コストを節約するなら、色んなお店を使い分けていきましょう。

幼稚園で使う7つのバッグ類を手作りしました

幼稚園の入園に必要な用品を手作り

今回は、長男が幼稚園で使う7つの用品を手作りしました。

「手作りしました」と書きましたが、最初から最後まで妻がやってくれましたので、ぼくはせめて節約に役立つ情報を文章にしようと思います!

手作りしたのは絵本バッグ・シューズ入れ・体操服入れ等

今回手作りしたものは、以下の通りです。

  • 絵本バッグ
  • 上靴入れ
  • 体操服入れ
  • 給食セット袋
  • コップ入れ
  • 歯ブラシ入れ
  • お弁当箱袋

合計7つですから、結構ありますよね。

ちょうど実家に帰省している期間中に、妻が作ってくれました。

所要時間は合計7時間・2日かけて作業しました

幼稚園の入園に必要な用品を手作り

すべての作業が完了するまでに、7時間かかりましたので、1個あたり1時間のイメージですね。

妻は今回が初めてのハンドメイドだったため、かなり苦戦していました。

手芸に慣れている方なら、もっと早いかもしれませんね。

手縫いは大変・ミシンはあったほうが便利

幼稚園の入園に必要な用品を手作り

あえて実家で作業をしたのは、ミシンがあったからです。

やはり7つのバッグを作るのに、すべて手縫いするのは相当大変ですし、どこかにほころびがでる可能性も。

幼稚園で3年間使い続けられる強度にするには、ミシンは必要不可欠だと思います。

作り方・縫い方の情報はインターネットにある

幼稚園の入園に必要な用品を手作り

「ハンドメイド初心者だけど大丈夫?」と心配になるかもしれませんが、ご安心ください。

妻も同じような状態でしたが、書籍を買うこともなく、人に聞くこともなく、作業を終わらせることができました。

なぜなら作り方や縫い方の情報が、すべてインターネットにあったからです。

たとえば「給食袋 作り方」で検索してみると、実際に手作りした方々のブログがたくさん出てきますので、好きな人を選んで参考にすると良いですよ。

1袋あたりのコストは285円・合計2,000円以上節約できた

小学校で使うバッグ類の手作りにかかったコスト

手作りした7つの袋にかかったコストは、以下の通りです。

  • 生地:1,500円
  • ワッペン・タグ等:500円
  • 合計2,000円(1袋あたり285円)

めちゃくちゃ安くできました。

もちろん上記に妻の作業コストはかかっていますが、趣味感覚で楽しめたようです。

既製の袋は600〜800円はしますので、7つ買うと4,200〜5,600円。

あくまでも概算ではありますが、合計で2,200〜3,600円も節約できた計算ですね。

ぼくは写真を撮っていただけですが、妻ががんばってくれました・・・!

早めに準備すると無駄になることも・入園説明会後のスタートがおすすめ

幼稚園の入園に必要な用品を手作り

入園準備をするときに気をつけたいのは、早めに始めすぎないことです。

入園説明会は2〜3月がほとんどで、そこで初めて必要なものがわかります。

意気込んで年内の12月くらいから準備を始めたとしても、蓋を開けてみれば要らないものがあったり、逆に必要なものがでてきたり・・・。

ハンドメイドで節約できたお金を無駄にしないためにも、説明会が終わってから入園準備をしてくださいね。

さいごに

幼稚園の入園準備は本当に大変だと思います。

でも、妻を見ていると、母親にとっては、その大変さも楽しみだったりするのかなと感じました。

卒園まで使い続ける用品を自分の手で作るのは、ちょっとした充実感があるのかもしれませんね。

コストを節約するためには、材料を買うところから注意してくださいね!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。独身時代は浪費家でしたが、今は「必要なものを、必要なだけ」を意識しています。主にコストコ、メルカリ、お金の考え方を発信しています。

小林 敏徳のプロフィール