元スタバ店員が教える!スターバックスのお会計をより安く済ませる裏ワザ的豆知識5選

スポンサーリンク

こんにちは、フリーライターの石川優太です。

僕は以前スターバックス(以下、スタバ)で働いていました。

そのため、ふつうのお客さんが知らないような豆知識をたくさん知っています。

その豆知識の中には、スタバのドリンクを安くする方法もありますよ。

このページでは、スタバをより楽しく活用でき、さらに節約もできる豆知識を紹介しますね。

スタバ会計を安くする豆知識

1. ドリップコーヒーのお替り150円で「カフェオレ」を飲む

まずご紹介したいのが、ドリップコーヒーのレシートを提示すると100円でおかわりできる仕組み「リフィル」を活用して、コーヒーを「カフェオレ」にすることです。

しかも、150円で。

アイスコーヒーを注文してドリンクを受け取ったら、通常のミルク、無脂肪ミルクの2種類のミルクが置かれている「コンディメントバー」で、無料でカフェオレにカスタマイズできます。

しかし、ホットはカスタマイズができません。

理由は単純で、ミルクをスチームする(温める)手間がかかってしまうから。

さらに豆知識をいうと、コンディメントバーに「2%の低脂肪ミルク」が置かれていないのは、通常のミルクと無脂肪ミルクを半々で注ぐと低脂肪ミルクになるからです。

ホットのカフェオレを飲みたければ、レギュラーメニューの「カフェミスト」を注文しなければなりません……。

しかもこのカフェミスト(320円〜)に、100円でおかわりできるリフィル制度はありません。

そこで、ドリップコーヒーのリフィルの際に、50円追加で使える「デイリー」というカスタマイズをすると、コーヒーとスチームされたミルクが半々で注がれたカフェオレを作ってもらえます。

ちなみに、デイリーカスタマイズは豆乳(ソイ)でも対応してもらえますよ。

2. 女性に大人気の「ティーラテ」シリーズ。デイリーカスタマイズで通常価格よりも安く飲める?

スターバックスのティーラテシリーズ
引用:ビバレッジ メニュー|スターバックス コーヒー ジャパン

続いては女性に大人気の「ティーラテ」シリーズの豆知識。

スタバでは、以下のように茶葉をベースにシロップとミルクで割ったティーラテのメニューがたくさんあります。

  • イングリッシュ ブレックファースト
  • ラベンダー アールグレイ
  • フルリーフ チャイ
  • ほうじ茶

スターバックスのティーラテ(ミルクティー)の価格帯

  1. S : 370円
  2. T : 410円
  3. G : 450円
  4. V : 490円

※ 各2016年5月現在の価格

上記はスタバのティーラテ(ミルクティー)の価格帯です。
この値段、ちょっと高くないでしょうか・・・?

でも大丈夫!
ここでも再び、ドリンクの半分にスチームミルクを足す+50円のデイリーカスタマイズが大活躍します。

ストレートティーに、デイリーのカスタマイズを注文しましょう。

スタバのホットティー(ストレートティー)の価格帯

  1. S・T:330
  2. G:370
  3. V:410

※ 各2016年5月現在の価格

上記はスタバのホットティー(ストレートティー)の価格帯です。

ストレートティーに「デイリー」をカスタムすると、ティーラテの通常価格より大幅に安く飲むことができるのです。

「デイリー」をカスタムしたホットティーとティーラテとの料金比較

こちらは「デイリー」をカスタムしたホットティーとティーラテとの料金比較です。

  1. S : 330円+50円=380円 (+10円)
  2. T : 330円+50円=380円 (-30円)
  3. G : 370円+50円=420円 (-30円)
  4. V : 410円+50円=460円 (-30円)

ティーラテではなくホットティーからデイリーのカスタマイズをする注文なら、選べる茶葉が2種類増えます。

スペアミント グリーン、ハイビスカス ブレンドです。

また、このカスタマイズでも豆乳で注文できます。

費用を抑えて自分好みのカスタマイズができるので、注文の幅が広がりますね!

ただしホットティーの場合、ティーラテに追加されているシロップが入っていません。

甘党ならティーラテを注文するほうがいいかもしれませんが、スタバのミルクは十分に甘いので、シロップがなくてもおいしく味わえると思います。

3. カスタマーボイスレシートを引けばドリンクが一杯無料になることも!

ここからはメニューではなく、情報に特化した内容です。

カスタマーボイスレシート」という名前のレシートを渡されたことがありますか?

これは、いわばアンケート付きのレシートで、レシートに記載されたURLにアクセスすると、いくつかお客様満足度についてのアンケートが表示されます。

そのすべての質問に答えると、最後に5桁の数字が表示されます。

その数字をレシートにメモして次回レジで提示すれば、どのドリンクも無料で注文ができるのです。

スタバでは50〜100分の1の確率で、このレシートが出る仕組みになっているとか。

この機会で、いろんなカスタマイズに挑戦したり、普段高くて手を出せないベンティサイズのフラペチーノを注文し、うれしそうに帰ったりする学生さんを見かけたことがあります。

なぜか新メニューが始まった日は30分の1くらいの確率でバンバンこのレシートが出てきて、用途を説明しすぎて顎が筋肉痛になったことも・・・。

運が良ければ出てくるレシートですが、定期的にスタバで足を運んでいればいつか必ず受け取る日がくるでしょう。

4. タンブラーを買うとドリンク無料チケットがもらえる!なので、タイミングを見て大量買い

スターバックスのタンブラー
引用:スマートに楽しむ / タンブラー|スターバックス コーヒー ジャパン

スタバでコーヒー豆と一緒に販売しているタンブラーを買うと、ドリンク一杯無料チケットがもらえます。

このシステムを活用すれば、一度にたくさんの無料チケットを入手できますよ。

スターバックスカード

春・夏・秋・冬の四半期の始まりの時期に、スターバックスカードというプリペイドカードに5,000円入金すると、期間限定でドリンク一杯無料チケットが配られます。

タンブラーは1本1,500円前後です。

タンブラーの会計はすべて5,000円入金されたスターバックスカードで行いましょう。

すると、タンブラー分と入金分を合わせて、一度にドリンクチケットを3~5枚ゲットできるのです。

もちろん、タンブラーを集めてばかりいても仕方ないので、僕の場合、いくつかは包装してもらい、誕生日の近い方に配っていました。

購入後もタンブラーを使用することで20円割引され、十分タンブラーの元が取れます。

5. スタバで割引された額で飲むことができる唯一の方法「パートナー割」

最後に紹介するのが「パートナー割

スタバで働いている方、PTRとよばれるパートナーさんと一緒に会計をするとドリンクを20%OFFで購入できます。

ドリンクだけではなく、レジ横に並ぶ菓子類ももちろん対象です。

さらに、新しいメニューの提供が始まると、その後1週間はお試し期間として、パートナー割の場合30%OFFになります。

毎日パートナー割を利用することは難しくても、友人・知人にスタバ店員さんがいれば少し安い価格で注文できるのでおすすめです。

さいごに

割引やセールなどを一切おこなわないスタバですが、じつは安く利用できる仕組みがあります。

今回紹介したことを参考に、皆さんがより楽しくスタバを活用していただけたらうれしいです。

参考:スターバックスに関連した記事の一覧

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

石川優太(yutaishikawa)

ライター/編集者。オウンドメディア『LIFE,(ライフ)』編集長。博報堂ケトル出版『VVmagazine』ライター。他にも様々な媒体で編集、執筆、デザイン、撮影などのお仕事で生活しています。

執筆メンバの一覧を見る