中退共は代表と役員は加入できない。間違えて提出した時の取消方法

松本 博樹の画像

以前、中小企業の退職金積み立ての制度である「中小企業退職金共済(中退共)」に申し込んでいました。

参考:経営者必見!中小企業退職金共済(中退共)の加入手順とメリット・デメリットの徹底解説

ですが、代表や役員は加入できないという電話が掛かってきて、申込の取消をすることに。

申し込みする時は加入できないことを全く知らなかったので、中退共の方には申し訳ないと思いつつ、取消のやり方を教えてもらいました。

契約取消申出書が届く

電話で担当の方と話した時に、契約取消申出書を送るので、それに記入して返送してくださいとありました。

電話が掛かってきた数日後に封筒が届きますので、開封します。

中退共の申込を取消する方法

A4の紙1枚が入ってて、記入するところを鉛筆で丸をしてくれてました。ありがたい限り・・・。

その欄に記入、印鑑を押しましょう。

中退共の申込を取消する方法

同封されている、緑色の封筒に先ほどの紙を入れます。

中退共の申込を取消する方法

準備ができればポストに投函して、手続きを完了させてください。

中退共の契約取り消しの書類をポスト投函するところ

自分が無知だったので、余計な手間が掛かってしまいましたが、同様のことに悩んでいる方は、このページと同じように手続きすれば大丈夫です。

従業員がいる経営者の方であれば、中退共は申込できますので、以下のページを見て手続きしていただければと思います。

参考:経営者必見!中小企業退職金共済(中退共)の加入手順とメリット・デメリットの徹底解説

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール