トレカ専用フリマアプリ「magi」の出品方法や使い方・売り方のコツをわかりやすく解説

小野寺拓己の画像

こんにちは!
フリマアプリが大好きな小野寺です。

今はさまざまなフリマアプリがあるので、どれを使ったらいいのか迷うのではないでしょうか。

もし、不要になったトレーディングカード(以下、トレカ)を販売するのであれば、トレカ専門の「magi」というアプリがおすすめです。

トレカは、高値で取引されるものも多いので、片付けついでに販売するといいお小遣い稼ぎになりますよ。

このページでは、magiでトレカを出品するときの手順や使い方をわかりやすく解説していきます。

トレカ専用フリマアプリ「magi」の出品方法や使い方

はじめにアプリをダウンロードしておきましょう

magiで出品するには、はじめにアプリをダウンロードしましょう。

ブラウザでも利用できますが、商品の撮影やメッセージのやり取りをするにはスマホのアプリの方が便利ですよ。

参考:magiアプリのダウンロードはこちらから

アプリをダウンロードして、簡単な登録を済ませたら準備完了です。

途中で招待コードを入力する画面が出てくるので、そこで「BAEVHD」を入力すると、300円分のポイントがもらえますよ。

magi使ったときにかかる手数料まとめ

フリマアプリを選ぶとき、各種手数料がどれだけかかるかはとても気になりますよね。

magiの各種手数料は以下の通りです。

  • 出品手数料:無料
  • 販売手数料:販売金額の3%
  • 購入手数料:150円(コンビニ・ATM払いの場合のみ)
  • 振込手数料:200円
  • 決済方法:クレジットカード、コンビニ、ATM

中でも目を引くのが、販売手数料がわずか3%であることです。(2019年10月現在)

たとえば、メルカリでは売った商品の金額のうち10%が手数料として引かれます。5,000円分のトレカを販売した場合、手元に残るのは4,500円になりますね。

それに比べ、販売手数料が3%のmagiで販売すると、なんと350円も多く手元に残ることになりますよ。

このように、中古のトレカを販売するのでれば、販売手数料が圧倒的に低いmagiがおすすめですよ。

magiで商品を出品する手順

ここからは、実際にmagiで商品を出品する手順を説明していきますね。

はじめに、ホーム画面の右下にある、カメラマークの出品ボタンを押します。

magiのホーム画面

すると、カメラが起動するので、必要であればこの画面で商品を撮影してください。

すでに写真がある場合は、左下のライブラリボタンを押せば、アルバムから写真が選べますよ。

写真が用意できたら準備完了です。
ここからは、商品の詳しい情報を入力していきます。

商品名と価格を入力する

magiの出品画面

magiでトレカを購入する人の多くは、商品名を検索して販売ページにたどり着きます。

そのため、商品名を省略したり間違って入力したりすると、購入してもらえるチャンスはグッと減ってしまいます。気をつけてくださいね。

販売価格は、同じ商品がどれくらいの金額で出品されているかをチェックすると決めやすいですよ。

商品の状態を選択

ここでは、基本的に「プレイ用」を選ぶことをおすすめします。

こうすることで、多少のキズがあることを理解したうえで購入してもらえるので、不要なトラブルを避けることができますよ。

もしも、汚れたり折れたりしているトレカを出品する際は、「ジャンク」を選択してくださいね。

送料込みの出品がおすすめ

トレカは、送料込みで出品すると購入してもらいやすくなりますよ。

送料を負担しなければならないとはいえ、普通郵便なら100円にも満たない金額で済むので安心してくださいね。

配送方法は「定形外郵便」がおすすめ

トレカの配送方法は、基本的に「定形外郵便」で十分です。

その際の梱包のやり方は、後ほど説明しますね。

その他に、以下の配送方法が選択できます。

  • レターパック
  • 簡易書留
  • 一般書留
  • 一般書留+内容証明
  • その他

発送日を選択する

商品が購入されてから、発送までにどれくらいの日数がかかるかを以下の3つのうちから選びます。

  • 1~2日
  • 3~4日
  • 5~7日

私は、クレームやトラブルを避けるために、最大日数の5~7日を選択していますよ。

もちろん、選んだ日数より早く送るぶんには問題ないので、よほどこだわりがない限り5~7日がおすすめです。

カテゴリーを選択する

magiのジャンル選択画面

次に、商品のカテゴリを選択します。

もしも、お持ちのトレカのカテゴリが分からない場合には、トレカの裏面を確認してくださいね。

アプリ内の選択肢と照らし合わせながら探せば、すぐに見つかるかと思います。

商品説明を記入する

最後に、商品説明欄を入力します。

購入者さんにあらかじめ知っておいてほしいことがあれば、ここに記入しておきましょう。

特筆することがなければ、「お気軽に購入してくださいね」など、気持ちよく購入してもらえる一言を添えておくといいですね。

これで出品が完了しました。

商品が購入されると、ホーム画面上部に通知マークが表示されます。

magiの購入通知

これが表示されたら、なるべく早く商品の発送に取りかかってくださいね。

magiで売れた商品を発送する手順

magiで出品された商品が購入されたら、梱包して、定形外郵便で送りましょう。

梱包するときに必要なのは、以下の4つです。

トレカの梱包に必要なもの

  • 購入されたトレカ
  • 封筒
  • チャック付きナイロン袋(サランラップでも代用可)
  • ダンボールなどの厚紙

ナイロン袋は雨による水濡れを、ダンボールは折れを防いでくれます。

トレカを梱包する様子

カードを保護するプロテクター(スリーブ)をお持ちであれば、より安全にトレカを送ることができますよ。

あとは、他の郵便物と同じように、封筒に住所や氏名などを記入すれば発送準備は完了です。最寄りのポストに投函してくださいね。

magiアプリから商品の発送通知をする

商品を発送したら、magiから発送通知をしてください。

▼取引画面内の「発送完了を通知する」を押すと、以下のような画面に切り替わります。

magiの発送通知画面

▼この画面が出てきたら、「はい」を押すだけで購入者さんに発送通知がいきますよ。

magiの発送通知完了画面

あとは、商品が購入者さんのもとに届くのを待ちましょう。

相手に評価をつける手順

magiには、出品者と購入者がお互いに評価をつけあうシステムが用意されています。

商品が到着すると、購入者さんがあなたの評価をつけてくれます。

magiの評価画面

その後、無事に取引できたのであれば、笑顔のマークとコメントをつけましょう。

この評価とコメントは、他のユーザーからも見えるので、購入者さんへの感謝の気持ちやよかった点などを書いてあげるといいですね。

 

▼お互いに評価が完了すると売上金が反映されますよ。

magiの売上確認画面

売上を現金で受け取る方法

最後に、売上を振り込み申請してみましょう。

アプリの設定画面から銀行口座を登録し、「振り込み申請」の項目を選ぶだけで手続きは完了です。

なお、口座への振り込みには、手数料が一律200円かかります。

ですので、複数の商品を販売する予定があるのであれば、まとめて引き出すと手数料をおさえることができますね。

さいごに:magiを使ってみた感想

magiを使っての出品から売上の受け取りまでの手順は、ここまで説明した通りです。

あらためて、簡単にまとめると以下の通りになります。

  • カメラで商品を撮影する
  • 出品手続きをする
  • 購入された商品を梱包して送る
  • 商品が届いたら相手の評価をする
  • 銀行口座を登録して振り込み申請をする

実際にmagiでいくつか商品を売ってみたところ、ほんの1時間ほどですぐに購入していただけました。

magiは、トレカ専門のフリマアプリなので、出品者と購入者がマッチングしやすいのでしょう。

トレカは、古本屋やバザーなどで投げ売りされがちですが、売る場所を間違えなければきちんと価値がつきますよ。

ぜひ、ご自宅に眠ってるトレカをmagiで出品してみてくださいね。

参考:magiアプリのダウンロードはこちらから

おまけ:他のフリマアプリの使い方

フリマアプリは、magi以外にもたくさんあります。

それぞれ違った特色があるので、ぜひ他のフリマアプリもチェックしてみてくださいね。

売れやすい商品のジャンルや手数料など、以下の記事でわかりやすく説明していますよ。