ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待はいつ到着?使える店舗やお得な使い方を徹底解説

スポンサーリンク

「ゼンショーホールディングス」は、フードサービスチェーンの経営、販売システム・食材加工システムの開発などを事業としている企業です。

牛丼の「すき家」が同社のメインブランドですが、ファミリーレストランチェーンの「ココスジャパン」、イタリアンファミリーレストランチェーンの「ジョリーパスタ」、牛丼とうどんを中心とする外食チェーンの「なか卯」などを次々と傘下に収めています。

「フード業世界一」の企業となり、世界から飢餓と貧困を撲滅することを目指している「ゼンショー」。

「ゼンショー」という社名には「全勝(全部勝つ)」「善商(善なる商売)」「禅商(日本発信の商売)」という3つの意味が込められているそうです。

ゼンショーホールディングス(7550)株主優待

ゼンショーホールディングスの株主優待の内容

「ゼンショーホールディングス」の株主優待は、100株以上でもらうことができます。

優待の内容は、系列店舗で利用できる1,000円分の食事優待券(500円券2枚)で、年に2回もらえますよ。

100株保有だと年間で2,000円もらえることになりますが、手頃な価格のメニューも多いので、うれしい優待ですよね。

そして、持っている株の数が増えるごとにもらえる食事優待券は以下のように多くなりますよ。

ゼンショーの株主優待内容詳細
保有株数優待内容
100株以上300株未満1,000円分(500円券×2枚)
300株以上500株未満3,000円分(500円券×6枚)
500株以上1,000株未満6,000円分(500円券×12枚)
1,000株以上5,000株未満12,000円分(500円券×24枚)
5,000株以上一律30,000円分(500円券×60枚)

こうやって一覧で見ると、500株・1,000株保有が一番1株あたりのレートがいいですね。

もし資金に余裕があって、たくさん優待券が欲しい場合は500株もしくは1,000株ちょうどの保有がおすすめです。

株主優待の食事優待券を利用できる店舗

ゼンショーは多くのチェーン店を手がけているので、どのお店で使えるか気になりますよね。

食事優待券を利用できる店舗は次のとおりです。

利用可能店舗一覧

かなり利用可能店舗が多いので、使い勝手のいいうれしい優待ですね。

食事優待券を返送すれば優待代替品をもらえる(300株以上持っている場合)

300株以上持っている場合、3,000円分の食事優待券を返送することで優待代替品がもらえます。

近くにお店がないなどの理由で食事優待券を使わないのであれば、ぜひ利用するといいですね。

以下のようにゼンショーならではの製品やサービスのなかから選ぶことができますよ。

ゼンショーサポーターズクラブの年会費のみ、1,000円分返送することでもらえますが、この場合も300株以上持っている人だけが対象となります。

ただし、優待券の期限に関係なく定められた返送期限内に送らないといけないので、その点は気をつけましょう。

優待代替品一覧

  • すき家国産牛丼の具(5パック)
  • すき家セット(「炭火豚丼の具」「炭火やきとり丼の具」5パックずつ)
  • すき家×なか卯コラボセット(「すきや牛丼の具」「なか卯親子丼の具」5パックずつ)
  • なか卯セット(「なか卯坦々うどん」「なか卯カツ丼の具」が2袋ずつ)
  • トロナピッツァセット(「マルゲリータ」「4種のチーズ」が3枚ずつ)
  • ココスセット(「バターチキンカレー」5パック、「やみつきカリカリポテト」2パック)
  • はま寿司醤油・ぽんずセット(「だし醤油」5本、「さしみ醤油」2本、「まろやかぽんず」2本、「日高昆布醤油」2本)
  • フェアトレードビッグサイズドリップバッグコーヒー(「エクアドル有機珈琲」5パック×4袋、「キューバ」5パック×4袋)
  • フェアトレードレギュラーコーヒー(「ブルンジストレート」「東ティモール有機珈琲」「ルワンダストレート」「コスタリカストレート」1袋ずつ)
  • ゼンショーサポーターズクラブ年会費(1,000円相当) ※新規入会の場合は入会金500円も無料

ゼンショーサポーターズクラブに入るとクーポンなどが定期的に送られてくる

優待代替品にもなっているゼンショーサポーターズクラブは株主だけが入ることのできる会員システムで、次のような特典がありますよ。

ゼンショーサポーターズクラブの特典

  • 約5,000円分の特別お試し券(特定のメニューが安くなるクーポンがたくさんついた冊子。年6回送付予定)
  • 会員情報紙(年3回送付予定)
  • ゼンショーオリジナル商品の特別販売(通販)

ゼンショー系列のお店をかなりの頻度で使うのであれば、約5,000円分の特別お試し券が特にうれしいかもしれませんね。

ただし、ゼンショーサポーターズクラブは入会費500円に加えて年会費1,000円かかる有料サービスとなります。

特別お試し券を確実に使い切れるのであれば、入ったほうがお得ですね。

ゼンショー株主優待の使い方

ゼンショーホールディングスの株主優待である食事優待券をどうやって使えばいいのかも気になるところだと思います。

これは難しく考える必要はなくて、使えるお店に行って、支払いのときにゼンショーホールディングスの株主優待券を出せば使えますよ。

ただ、お釣りは出ないので、500円以上のものを頼むときに利用するようにしましょう。

すき家の牛丼並盛りサラダセットだとちょうど500円なので、気分良く会計できそうです!

ゼンショーホールディングス(7550)株主優待

金券ショップやヤフオクでの買取でも人気

ゼンショーの株主優待は、このように使い勝手がとてもいいため、金券ショップやヤフオク!でも人気となっています。

もし、株の保有以外でゼンショーの株主優待を手に入れたい場合は、金券ショップやヤフオクを利用するようにしましょう。

逆にゼンショーの株主優待を持っているけど、使い道がない場合は金券ショップやヤフオクで買い取ってもらうのもムダにしないための方法ですよ。

優待はいつ届くの? 権利確定日はいつ?

使い勝手のいい優待だからこそ、いつ届くのか気になりますよね。

権利確定日は3月末と9月末で、優待到着は6月下旬と12月上旬です。

3月は他にも株主優待の権利確定日が多いので、たくさん取得されていると、他のと紛れてしまいがちなので、見逃さないようにしましょう。

株価と配当・優待利回り

2019年11月12日現在
株価2,163円
権利確定月3月末・9月末
最低購入金額216,300円
優待取得必要株数100株
1株あたり配当金8円
年間優待金額2,000円
配当+優待金額2,800円
配当利回り0.37%
優待利回り0.92%
配当+優待利回り1.29%
年間優待金額(オークション)1,900円
配当+オークション2,700円
オークション利回り0.87%
信用取引情報
  • 制度信用
  • カブドットコム証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

ゼンショーホールディングスの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

216,300円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-330円-330円
GMOクリック証券265円305円187円220円
ライブスター証券198円440円88円440円
マネックス証券275円2,750円209円2,750円
マネーパートナーズ-420円--
楽天証券275円314円198円314円
SBI証券275円314円198円262円
岡三オンライン証券385円385円330円330円
カブドットコム証券275円-198円-
SMBC日興証券275円-無料-
むさし証券192円1,320円192円1,320円
内藤証券419円451円272円409円
立花証券264円330円550円1,100円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

スポンサーリンク

カテゴリーから探す