トリドール(3397)株主優待の使い方は?お釣りは出ないけど何枚でも使える!

スポンサーリンク

「トリドール」は、讃岐釜あげうどんの「丸亀製麺」や炭火焼鳥の「とりどーる」などの飲食店を経営する企業です。

とくに丸亀製麺は最近話題で、急速に全国展開を進めていますね。

チェーン店経営では避けて通れない効率化をあえて推進せず、讃岐うどんの本場、香川県の製麺機を店舗毎に導入し、打ちたて麺のおいしさにこだわっているのが特徴でしょう。

わたしも何度か丸亀製麺のうどんを食べたことがありますが、うどんのコシがしっかりしていて、チェーン店とは思えないほどの美味しさですよ。

トリドール(3397)の株主優待

トリドールの株主優待の特徴と使い方

「トリドール」の株主優待は、100株以上でもらうことができます。

優待の内容は、2,000円相当の自社店舗で利用できる優待割引券です。

トリドールの株主優待券が使える店舗は以下の通り。
数多くのお店で使えますよ。

  • 丸亀製麺
  • とりどーる
  • 長田本庄軒
  • 丸醤屋
  • 天ぷら定食まきの
  • コナズ珈琲 / Lanai Cafe
  • クローバー珈琲焙煎所
  • 豚屋とん一
  • WOK TO WALK
  • KAYA
  • teriyaki JAPAN
  • CRACKIN’ KITCHEN
  • TOKYO TABLE
  • Boat Noodle

トリドールの株主優待券 100円

丸亀製麺であれば、1杯あたりの単価がとても安いですよね。
2,000円もあればメニューにもよりますが、4〜6杯は食べられそうです。

丸亀製麺では、毎月1日に釜揚げうどんの日があり、半額で食べられるのですが、その日でもトリドールの株主優待券が使えますよ。

トリドールの株主優待券は、利用枚数に制限がありません。
何枚でも使えますので、持っているだけ使うのがおすすめです。

お釣りは出ません。
端数は現金やクレジットカード電子マネーで支払うようにしましょう。

買取・購入の相場は高め

使える店舗が多いトリドールの株主優待券は便利ですよね。

そんあ事情もあって、買取や購入の相場は高めとなっています。

金券ショップで見つけたときも、それほど安くはなってないでしょう。
オークションの相場でも、額面の90%ほどでした。

それでも、定価よりも安く食事ができるのは使う側からするとありがたいですよね。

全く使わない場合に換金するときも、高く売れるのがうれしいところ。

優待はいつ届くの?

権利確定日は9月末で、優待到着は11月下旬ごろとなります。

有効期限は、翌年の12月31日まで。
1年1ヶ月と、株主優待券にしてはかなり長めの有効期限ですよ。

※ 紹介した情報と異なる可能性もありますので、最新情報を確認する場合は以下のボタンからお願いします。SBI証券で優待内容を確認する

株価と配当・優待利回り

2018年02月20日現在
株価3,515円
権利確定月9月末
最低購入金額351,500円
優待取得必要株数100株
1株あたり配当金13円
年間優待金額2,000円
配当+優待金額3,350円
配当利回り0.38%
優待利回り0.56%
配当+優待利回り0.95%
年間優待金額(オークション)1,800円
配当+オークション3,150円
オークション利回り0.51%
信用取引情報
  • 制度信用
  • カブドットコム証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

トリドールの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

351,500円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-540円-540円
GMOクリック証券260円430円100円210円
ライブスター証券194円432円86円432円
マネックス証券378円2,700円205円2,700円
マネーパートナーズ-683円--
楽天証券270円463円194円463円
SBI証券293円463円206円258円
岡三オンライン証券378円540円324円540円
カブドットコム証券270円-376円-
SMBC日興証券432円-無料-
むさし証券237円1,296円237円1,296円
内藤証券411円442円483円401円
立花証券972円540円540円1,080円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

スポンサーリンク