TOKAIホールディングス(3167)の株主優待はいつ到着?5種類の中からおすすめの選び方と有効活用する方法まとめ

TOKAIホールディングスは、静岡市葵区に本社を置く、エネルギー事業や情報通信事業などを行う企業を傘下に持つ、持ち株会社です。

1950年に都市ガス事業からスタートして、後に26の事業会社を傘下に持つ一大グループに成長しました。

ガス事業のほかにもインターネットやCATV、宅配水、住宅設備、セキュリティ、保険、ブライダル、介護、総合リフォームなどなど、人々の生活に密着した数多くの商品やサービスを提供していますよ。

このページでは、そんなTOKAIホールディングスの株主優待について詳しく説明していきますね。

TOKAIホールディングス(3167)の株主優待

TOKAIホールディングスの株主優待内容

TOKAIホールディングスの株主優待は、100株以上の株を保有するともらうことができますよ。

具体的には、以下の5つのコースの中からいずれか1つを選べるようになっています。

  • A.「おいしい水の宅配便」または「うるのん」関連商品
  • B.QUOカード(クオカード)
  • C.フレンチレストラン「ヴォーシエル」食事券
  • D.自社グループの「TLCポイント」
  • E.格安SIMスマホサービスLIBMO利用料割引

それぞれ保有株数によって優待内容が異なるので、わかりやすいように一覧にしてみました。

TOKAIホールディングスの株主優待詳細
保有株数ABCDE
100株以上500mℓボトル12本
または12ℓボトル1本
2,050円相当
500円分1,000円分1,000ポイント月額350円割引
(6か月間)
2,100円相当
300株以上500mℓボトル24本
または12ℓボトル2本
4,1000円相当
1,500円分3,000円分2,000ポイント月額850円割引
(6か月間)
5,100円相当
5,000株以上500mℓボトル48本
または12ℓボトル4本
8,200円相当
2,500円分5,000円分4,000ポイント月額1,880円割引
(6か月間)
11,280円相当

一番、利用範囲の大きい「クオカード」は、他の優待と比べると金額が小さめです。金額面だけで一番お得なのは、格安SIMスマホサービス「LTBMO」の月額350円割引(6か月間)です。総額にすると2,100円相当の割引になります。

ほかもコースによって優待金額が異なるので、自分のライフスタイルに合った商品を選ぶようにしましょう。なお「TLCポイント」は、WAONポイントと交換可能だそうですよ。

さらに、共通でもらえる優待品として、フレンチレストラン「ヴォーシエル」の20%割引券(12枚綴り)と、自社グループ結婚式場「グランディエール ブケトーカイ」の婚礼10%割引券があります。

これらすべての優待が年に2回もらえるなんて、なんとも太っ腹な優待と言えるのではないでしょうか。

TOKAIホールディングスの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は、3月末と9月末です。優待が届くのは3ヶ月後で、5つの中から選ぶものは、はがきを返送してから1ヶ月後に商品が到着します。

優待ジャンル飲食料品 外食 商品券 買い物割引
優待詳細クオカード
権利確定日3月末 9月末
銘柄番号3000〜3999

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール