東宝(9602)の株主優待詳細・利回り・到着はいつ?

スポンサーリンク

「東宝」は、映画・演劇の製作配給および興行などを事業としている企業です。

東宝(9602)株主優待

以前は、「ゴジラシリーズ」などの映画製作で有名な同社でしたが、近年では事実上、映画製作会社の看板を降ろし、主にテレビ局や外部プロダクションが製作した映画を配給することで、成功をおさています。

あわせて、シネコン市場に本格的に参入し、映画配給会社の強みを活かし、舞台挨拶やライブビューイング・特別上映などの特別興行を頻繁に行なうことで、シネコン業界でも不動の地位を築いています。

東宝の株主優待の特徴と使い方

「東宝」の株主優待は、100株以上でもらうことができます。

優待の内容は、1名1回限り800円で映画が鑑賞できる、映画優待割引券2枚で、年に2回もらえますよ。

年間にすると、4枚の映画優待割引券がもらえることになりますね。

そのほか、保有株数に応じて、映画招待券や優待券、演劇招待券など、さまざまなサービスを受けることができますので、映画が大好きな人にとっては、とってもうれしい優待になるのではないでしょうか。

TOHOシネマズで映画を見る方は、以下のページも合わせて読むとお得にできますよ!

東宝(9602)株主優待

優待はいつ届くの?

権利確定日は2月末と8月末で、優待到着は5月ごろと11月ごろになります。

※ 紹介した情報と異なる可能性もありますので、最新情報を確認する場合は以下のボタンからお願いします。SBI証券で優待内容を確認する

株価と配当・優待利回り

2019年07月18日現在
株価3,580円
権利確定月2月末・8月末
最低購入金額358,000円
優待取得必要株数100株
1株あたり配当金25円
年間優待金額3,200円
配当+優待金額5,700円
配当利回り0.70%
優待利回り0.89%
配当+優待利回り1.59%
年間優待金額(オークション)1,000円
配当+オークション3,500円
オークション利回り0.27%
信用取引情報
  • 制度信用
  • 松井証券一般信用
  • カブドットコム証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

東宝の株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

358,000円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-540円-540円
GMOクリック証券260円430円183円216円
ライブスター証券194円432円86円432円
マネックス証券378円2,700円205円2,700円
マネーパートナーズ-695円--
楽天証券270円463円194円463円
SBI証券293円463円206円258円
岡三オンライン証券378円540円324円540円
カブドットコム証券270円-194円-
SMBC日興証券432円-無料-
むさし証券237円1,296円237円1,296円
内藤証券411円442円483円401円
立花証券972円540円540円1,080円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

スポンサーリンク

カテゴリーから探す