東映アニメーション(4816)の株主優待はいつ到着?1、200円分のオリジナルキャラクターQUOカード(クオカード)はオークションでも人気

スポンサーリンク

東映アニメーションは、東京都中野区に本社を置く、アニメーションの製作および販売などの事業を展開している企業です。

1956年に創業した産声をあげてから半世紀以上の長きにわたり、日本を代表するアニメーション製作のひとつである同社。

アニメのドラゴンボールやワンピース、セーラームーンにプリキュアシリーズは、同社を代表する作品ですね。なお、劇場作品238本、テレビ作品218本、総話数12,479話(平成30年3月末現在)は、日本最大で世界有数のコンテンツ数を誇ります。

ほかにも、人気キャラクターを玩具やゲーム、文具、食品、衣料などのあるゆる分野で商品化する版権事業なども手がけています。

東映アニメーション(4816)株主優待

東映アニメーションの株主優待内容

東映アニメーションの株主優待内容を一覧にしてみました。

    オリジナルキャラクターQUOカード(クオカード)

  • 100株以上:1,200円相当
  • 300株以上:2,400円相当
  • 500株以上:3,600円相当
  • 1,000株以上:6,000円相当
  • 3,000株以上:9,600円相当
  • 5,000株以上:12,000円相当
  • 10,000株以上:14,400円相当

100株以上の保有で、1、200円分のオリジナルキャラクターQUOカード(クオカード)がもらえますよ。ちなみにクオカードの絵柄は毎年変わるようで、2018年3月期は「ゲゲゲの鬼太郎」、「HUGっと!プリキュア」、「パンダの大冒険」、「サイボーグ009」でした。

クオカードは有効期限がなく、全国のコンビニや書店、ドラッグストア、ファミリーレストラン、ガソリンスタンドといった様々なお店で利用することができます。

お買い物をする機会の多い主婦の方をはじめ、男女や年齢層に関係なくおすすめできる優待ですね。記念品やプレゼントとしても最適です。

そんなクオカードの加盟店一覧と使い方については、こちらのページをぜひ参考にしてください。

東映アニメーション(4816)株主優待

非売品のクオカードはオークションでも人気

東映アニメーションの株主優待品のオリジナルキャラクターQUOカード(クオカード)は、絵柄に人気キャラクターを採用した非売品ということで、ヤフオク!などのオークションサイトで取引きされていますよ。

500円分のクオカードが1,000円前後の価格で取引されていて、大変人気が高いようです。

逆にオリジナルキャラクターQUOカード(クオカード)に興味がないようであれば、ヤフオクで売ってみるのがいいと思います。

東映アニメーションの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末で、優待到着は6月下旬ごろになる予定です。

株価と配当・優待利回り

2019年12月08日現在
株価3,435円
権利確定月3月末
最低購入金額343,500円
優待取得必要株数100株
1株あたり配当金30円
年間優待金額2,000円
配当+優待金額5,000円
配当利回り0.87%
優待利回り0.58%
配当+優待利回り1.46%
年間優待金額(オークション)2,500円
配当+オークション5,500円
オークション利回り0.72%
信用取引情報
  • カブドットコム証券一般信用
  • SBI証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

東映アニメーションの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

343,500円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-550円-550円
GMOクリック証券265円438円187円220円
ライブスター証券198円440円88円440円
マネックス証券385円2,750円209円2,750円
マネーパートナーズ-667円--
楽天証券275円471円198円471円
SBI証券275円471円198円262円
岡三オンライン証券385円550円330円550円
カブドットコム証券275円-198円-
SMBC日興証券440円-無料-
むさし証券192円1,320円192円1,320円
内藤証券419円451円492円409円
立花証券264円550円550円1,100円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

スポンサーリンク