高島屋(8233)の株主優待カードの使い方を徹底解説!金券ショップで買えるか?友の会やクレジットカードと併用できるかについても

スポンサーリンク

百貨店業界大手の高島屋は、首都圏や関西をメインに日本国内で19店舗、海外に3店舗の合計23店舗を展開しています。

百貨店業以外にも不動産業、金融業、建装業などを手がけていますよ。

このページでは、そんな高島屋の株主優待について詳しく説明していきますね。

高島屋の株主優待内容

高島屋の株主優待は、100株以上の株を保有するともらうことができますよ。保有株数によって内容が異なるので、わかりやすいように一覧にしてみました。

高島屋の株主優待詳細(年2回)
保有株数優待内容利用限度額
100株以上株主10%割引優待カード利用限度30万円
500株以上利用限度なし

100株以上で、高島屋各店での割引対象商品を10%割引で購入ができる優待カードがもらえますよ。

百貨店で10%割引を受けることができるなんて、かなり価値のある内容ですね。

ただ、利用限度額が30万円までという縛りがあるので注意が必要です。ちなみに500株以上でもらえる優待カードには、利用限度額の制限はありません。

優待カードは年に2回もらえるので、年間にすると60万円までのお買物が10%割引にできるということになります。

普段から高島屋をよく利用するのであれば、特に手に入れたい優待ではないでしょうか。

さらに、優待カードがあれば高島屋各店で開催される有料文化催に無料で入場することもできます。

魅力的な優待なので、すぐほしいと思うかもしれませんが、株主優待カードの譲渡、売買、貸与はできないため、金券ショップやヤフオクでは基本的に手に入れることはできませんよ。

高島屋株主優待カード

高島屋の株主優待カードが使える店舗

高島屋の株主優待カードは百貨店以外でも「タカシマヤスタイルメゾン海老名店」や「エキ・タカ泉ヶ丘タカシマヤ店」などで利用できます。

さらにタカシマヤ通信販売、高島屋オンラインストアでも、オンライン会員(無料)になったたうえで、優待カードに掲載されている番号と株主番号を登録すれば使えますよ。

あとは注文時の「お支払い方法の指定」画面で「株主優待」の支払い方法を選べば10%引きで買い物ができます。

百貨店だけではなく、通販やオンラインストアでも使えるのはうれしいですね。

高島屋の株主優待カードの特徴と使い方

株主優待カードは買い物の際に提示することで使うことができます。

セール品や生鮮食料品も対象なので、高島屋をたくさん利用するのであれば、とてもありがたいのではないでしょうか。

さらに、この株主優待カードは本人はもちろんのこと国内居住の家族であれば使うことができます。

1枚優待カードがあれば、家族みんながお得になれるのはうれしいポイントですね。

また、株主優待カードがあれば通信販売や売場での買い物で代金引き換えを選ぶこともできますよ。

ただし、以下のように割引対象外の品目もあるのでここで確認しておきましょう。(2018年6月現在 公式サイトより引用)

割引対象外の品目やブランド

  • 商品券
  • タカシマヤギフトカード
  • 全国百貨店共通商品券
  • 百貨店ギフトカード
  • ギフト券類
  • 金・銀・白金の地金類
  • たばこ
  • 食堂(イートインコーナー含む)
  • 喫茶
  • 旅行費用
  • 荷具・送料
  • 修理・加工料
  • 箱代
  • 保険料
  • ルイ・ヴィトン
  • ティファニー
  • ベルルッティ
  • ブルガリ
  • カルティエ
  • エルメス
  • フォクシー
  • ディズニーストア
  • ポケモンセンター
  • シャネルブティック
  • シャネルジュエリー
  • パテック・フィリップ
  • ゲーム機本体
  • ロレックス(一部モデル)
  • ヴァンクリーフ&アーペル
  • その他各店で特に指定する売場・商品等

「友の会お買い物カード」や一部のクレジットカードと同時に使える

株主優待カードで割引になった商品を「友の会お買い物カード」で支払うこともできます。(いよてつ高島屋を除く)

「友の会お買い物カード」では毎月1回一定の金額を積み立てて、1年後には1ヶ月分の積立額をボーナスとしてもらえる仕組みになっていますよ。

利回りに直すと、年利8.3%になるので、株主優待カードと組み合わせるとさらにお得感が増しますね。

また、株主優待カードと併用できるクレジットカード、デビットカードもあり、詳細は次のようになっています。

株主優待カードと併用できるカード

  • タカシマヤカード(ゴールド)
  • タカシマヤカード
  • タカシマヤセゾンカード
  • 外商お得意様用の各カード
  • 高島屋プラチナデビットカード(ジェイアール名古屋高島屋、いよてつ高島屋を除く)

このなかで高島屋プラチナデビットカードのみ引き落とし金額に対して2%のポイントがつきますが、それ以外のクレジットカードではポイントがつきません。

株主優待カードを使うときは「友の会お買い物カード」で購入するのが一番お得ですね。

高島屋文化催で3名まで無料で入場できる

高島屋文化催は日本橋店や大阪店などの大型店を中心に行われていて、絵画展、工芸展、いけばな展など内容もさまざま。

株主優待カードがあれば3名まで無料で入場できるので、お友達などを誘って観に行くのも良さそうですね。

株主優待はいつ届くの? 権利確定日はいつ?

権利確定日は2月末と8月末で、優待到着は5月下旬ごろと11月下旬ごろです。

有効期限は11月30日と翌年5月31日なので、ちょうど半年ぐらいの間優待カードを使えるということですね。

株価と配当・優待利回り

2019年12月08日現在
株価1,820円
権利確定月2月末・8月末
最低購入金額182,000円
優待取得必要株数100株
1株あたり配当金10円
配当利回り0.55%
年間優待金額(オークション)6,000円
配当+オークション7,000円
オークション利回り3.29%
信用取引情報
  • 制度信用
  • 松井証券一般信用
  • カブドットコム証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

高島屋の株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

182,000円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-330円-330円
GMOクリック証券107円234円143円220円
ライブスター証券106円440円88円440円
マネックス証券198円2,750円154円2,750円
マネーパートナーズ-353円--
楽天証券115円210円148円210円
SBI証券115円210円148円262円
岡三オンライン証券220円無料165円無料
カブドットコム証券198円-148円-
SMBC日興証券198円-無料-
むさし証券104円1,320円104円1,320円
内藤証券419円451円272円409円
立花証券110円220円550円無料

スポンサーリンク

このページをシェアする!

スポンサーリンク