サンフロンティア不動産(8934)の株主優待はいつ到着?使えるホテル・有効活用する方法まとめ

スポンサーリンク

サンフロンティア不動産は、東京都千代田区に本社を置く、不動産事業を手がけている企業です。

都心部の中小型オフィスビルを中心に、ビルオーナー向けの不動産再生にまつわる各種サービスを展開しているほか、オフィスビルのみでなくホテル開発や既存ホテルの再生にも取り組んでいますよ。

このページでは、そんなサンフロンティア不動産の株主優待について詳しく説明していきますね。

サンフロンティア不動産の株主優待の特徴と使い方

サンフロンティア不動産は、100株以上の株を保有するともらうことができますよ。保有株数によって内容が異なるので、まずは一覧にしてみました。

サンフロンティアの株主優待詳細
保有株数優待内容
100株以上宿泊優待券1枚
500株以上宿泊優待券1枚、宿泊補助券1枚

100株以上を保有すると、サンフロンティアが運営するホテルの1室1泊(2名まで・朝食付き)が12,000円(税別)で宿泊できるようになる「宿泊優待券」が1枚もらえますよ。

なお、宿泊優待券が使える対象のホテルは以下のとおりです。

  • 日和ホテル舞浜(千葉県浦安市)
  • 日和ホテル大阪なんば駅前(大阪市浪速区)
  • 日和ホテル銀座東(東京都中央区)

なお、この宿泊優待券は土曜日と祝前日は優待券が利用できないのと、連泊時に使用した場合は2泊目以降は通常料金になるのでご注意ください。

ちなみに500株以上の保有になると、上記の宿泊優待券に加え、5,000円相当の「宿泊補助券」がもらえます。こちらは以下の各ホテルにて利用することができますよ。

  • 日和ホテル舞浜(千葉県浦安市)
  • 日和ホテル大阪なんば駅前(大阪市浪速区)
  • 日和ホテル銀座東(東京都中央区)
  • たびのホテル飛騨高山(岐阜県高山市)
  • たびのホテル佐渡(新潟県佐渡市)
  • コートヤード・マリオット大阪本町(大阪市中央区・2019年10月開業予定)

サンフロンティア不動産の株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末で、優待到着は6月下旬ごろになる予定です。優待券の利用期間は、発行年の7月1日から翌年の6月30日までの1年間となります。

株価と配当・優待利回り

2019年11月14日現在
株価1,213円
権利確定月3月末
最低購入金額121,300円
優待取得必要株数100株

スポンサーリンク

証券会社の手数料

サンフロンティア不動産の株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

121,300円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-330円-330円
GMOクリック証券107円234円143円220円
ライブスター証券106円440円88円440円
マネックス証券198円2,750円154円2,750円
マネーパートナーズ-235円--
楽天証券115円210円148円210円
SBI証券115円210円148円262円
岡三オンライン証券220円無料165円無料
カブドットコム証券198円-148円-
SMBC日興証券198円-無料-
むさし証券104円1,320円104円1,320円
内藤証券419円451円272円409円
立花証券110円220円550円無料

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

スポンサーリンク

カテゴリーから探す