信金中央金庫(8421)の株主優待はいつ到着?富士山グラスとグルメカタログの詳細まとめ

スポンサーリンク

信金中央金庫は、東京都中央区に本店を持つ、全国の信用金庫を会員とする協同組織金融機関です。

「信用金庫の中央金融機関」や「信用金庫の中央銀行的存在」とも言われる機関で、全国の信用金庫に対しての経営指導や財政支援などをおこなう日本で唯一の機関です。

信用金庫の守護神のような存在ですよ。

このページでは、そんな信金中央金庫の株主優待について詳しく説明していきますね。

信金中央金庫の株主優待の特徴と使い方

信金中央金庫の株主優待は、1口以上でもらうことができます。なお、同信用金庫は株式会社ではないので、「1株」とは言わずに「1口」と表現します。

優待の内容は、以下の2種類の優待品が用意されています。

  • 江戸硝子 富士山グラス
  • グルメカタログ

それぞれ保有口数によってもらえる内容が異なるので、わかりやすいように一覧にしてみました。

信金中央金庫の株主優待詳細
保有株数優待内容
1口以上(1)1点
3口以上(2)3,000円相当
10口以上(2)6,000円相当/td>

1口以上の保有で、江戸時代から続く伝統的工芸品「江戸硝子」の窯元で制作した、富士山の姿を模した「富士山グラス」がもらえますよ。

さらに3口以上の保有で、約60商品の中から選択ができる3,000円相当のグルメカタログ。そして10口以上の保有で、約70商品の中から選択ができる6,000相当のグルメカタログで選ぶ商品がもらえます。

全国の美味しいものを取り寄せることができるなんて、食べることが大好きな人にとってはたまらない優待になりますね。

信金中央金庫の「優待制度のご案内」ページにそれぞれの具体的なイメージ写真が掲載されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。

信金中央金庫の株主優待はいつ届くの?

権利確定日は9月末で、優待到着は12月初旬ごろになります。

株価と配当・優待利回り

2019年12月14日現在
株価238,800円
権利確定月9月末
最低購入金額238,800円
優待取得必要株数1株
信用取引情報
  • 制度信用
  • カブドットコム証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

信金中央金庫の株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

238,800円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-330円-330円
GMOクリック証券265円305円187円220円
ライブスター証券198円440円88円440円
マネックス証券275円2,750円209円2,750円
マネーパートナーズ-464円--
楽天証券275円314円198円314円
SBI証券275円314円198円262円
岡三オンライン証券385円385円330円330円
カブドットコム証券275円-198円-
SMBC日興証券275円-無料-
むさし証券192円1,320円192円1,320円
内藤証券419円451円272円409円
立花証券264円330円550円1,100円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

スポンサーリンク