池田泉州ホールディングス(8714)の株主優待はいつ到着?定期預金の金利優遇やカタログの詳細まとめ

スポンサーリンク

池田泉州ホールディングスは、大阪府大阪市に本社を置く、銀行業務や証券業務、リース業務などを事業としている企業を傘下に持つ、持株会社です。

グループの主力企業となる「池田泉州銀行」は、旧池田銀行と旧泉州銀行が2010年合併して誕生した地方銀行で、大阪府を中心に兵庫県や京都府、和歌山県、東京都などに合わせて139の支店を構えています。

近年では、若年層のATM利用料を終日無料にする「U23 0円応援サービス」といった、ユニークなサービスの取扱も開始していますよ。

このページでは、そんな池田泉州ホールディングスの株主優待について詳しく説明していきますね。

池田泉州ホールディングス(8714)の株主優待

池田泉州ホールディングスの株主優待内容

池田泉州ホールディングスの株主優待は、200株以上の株を保有するともらうことができますよ。
保有株数や保有期間によって内容が異なるので、まずは一覧にしてみました。

池田泉州ホールディングスの株主優待詳細
保有株数継続保有3年未満継続保有3年以上
200株以上株主優待定期預金(店頭表示金利+0.1%)
2,000株以上株主優待定期預金(店頭表示金利+0.1%)
もしくは株主優待カタログ2,000円相当
株主優待定期預金(店頭表示金利+0.1%)
もしくは株主優待カタログ3,000円相当
6,000株以上株主優待定期預金(店頭表示金利+0.1%)
もしくは株主優待カタログ3,000円相当
株主優待定期預金(店頭表示金利+0.1%)
もしくは株主優待カタログ5,000円相当
10,000株以上株主優待定期預金(店頭表示金利+0.1%)
と株主優待カタログ5,000円相当
株主優待定期預金(店頭表示金利+0.1%)
と株主優待カタログ10,000円相当

200株以上の株を保有すると、スーパー定期預金の店頭表示金利からプラス0.1%の優遇を受けられますよ。

預入期間は1年で、10万円以上500万円以下で預け入れすることができます。あとこの特別金利は初回満期日までの適用となります。

近ごろでは「マイナス金利」のような金利不安がありますから、少しでも高い金利で預金ができるのは、うれしい限りですよね。

なお、2,000株以上の保有になると、定期預金の優遇もしくは地域特産品などが掲載された株主優待カタログの何れかを選択できるようになりますよ。

株主優待カタログは池田泉州ホールディングスの「株主優待制度のご案内」ページに掲載されていますので、気になる場合は是非チェックしてみてください。

池田泉州ホールディングスの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末で、優待到着は6月下旬ごろになる予定です。

株価と配当・優待利回り

2019年12月14日現在
株価386円
権利確定月3月末
最低購入金額77,200円
優待取得必要株数200株
1株あたり配当金15円
配当利回り3.89%
信用取引情報
  • 制度信用
  • 松井証券一般信用
  • カブドットコム証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

池田泉州ホールディングスの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

77,200円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-無料-無料
GMOクリック証券96円234円97円無料
ライブスター証券88円440円88円440円
マネックス証券110円2,750円104円2,750円
マネーパートナーズ-220円--
楽天証券99円無料99円無料
SBI証券-無料99円無料
岡三オンライン証券108円無料108円無料
カブドットコム証券99円-99円-
SMBC日興証券137円-無料-
むさし証券82円1,320円82円1,320円
内藤証券183円199円272円178円
立花証券88円220円550円無料

スポンサーリンク

このページをシェアする!

スポンサーリンク