日本商業開発(3252)の株主優待は3,000円分のジェフグルメカードが年2回もらえる

スポンサーリンク

日本商業開発は、大阪市中央区に本社を置く、不動産投資事業などを手がけている企業です。

底地を投資対象としたJINUSHI(地主)ビジネスを行っている同社。

借り手の出店意思を確認してから土地を購入し、建物の建設・運営はテナントに任せることでリスクヘッジを行う。そして建物の着工もしくはオープン後に土地を売却し、利益を確定するという手法を確立しています。

日本商業開発(3252)の株主優待

日本商業開発の株主優待内容

日本商業開発の株主優待内容を一覧にしてみました。

    ジェフグルメカード(年2回)

  • 300株以上:3,000円相当
  • 700株以上:6,000円相当

300株以上の保有で、3,000円のジェフグルメカードがもらえますよ。

株を保有し続けていると、年に2回も3,000円のジェフグルメカードがもらえるので、年間で6,000円にもなります。

ジェフグルメカードはたいていのファーストフード店で使うことができ、しかもお釣りが出るので、無駄なく使い切ることができます。もらえると非常にありがたいですよね。

ジェフグルメカードは吉野家の牛丼とか、CoCo壱番屋のカレーなどで利用できます。

外食チェーン店をよく利用される方は日本商業開発の株主優待を利用することで、何食分かはタダ食いできますよ。

ジェフグルメカード

日本商業開発の株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末と9月末で、それぞれ6月下旬・12月上旬に到着予定です。3ヶ月ほどで到着します。

9月末の権利確定分は年末が近いからか、少し早めに到着予定となっています。早く届くのは地味に嬉しいですね。

株価と配当・優待利回り

2019年12月15日現在
株価1,780円
権利確定月3月末・9月末
最低購入金額534,000円
優待取得必要株数300株
1株あたり配当金35円
年間優待金額6,000円
配当+優待金額16,500円
配当利回り1.97%
優待利回り1.12%
配当+優待利回り3.09%
年間優待金額(オークション)5,880円
配当+オークション16,380円
オークション利回り1.10%
信用取引情報
  • 制度信用
  • カブドットコム証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

日本商業開発の株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

534,000円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-1,100円-1,100円
GMOクリック証券479円876円264円440円
ライブスター証券374円660円88円440円
マネックス証券1,650円2,750円390円2,750円
マネーパートナーズ-1,038円--
楽天証券535円943円385円943円
SBI証券535円838円385円524円
岡三オンライン証券660円880円550円770円
カブドットコム証券627円-592円-
SMBC日興証券880円-無料-
むさし証券352円1,320円352円1,320円
内藤証券754円828円492円744円
立花証券517円990円550円2,200円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

スポンサーリンク