日本駐車場開発(2353)の株主優待は時間貸駐車場30%割引など5種類の割引券

日本駐車場開発は、その名の通り駐車場に関する業務を行なっている企業です。

駐車場経営をオペレーション/サービス、運営収益、設備に関わるコスト管理、そして経営基盤であるリスクマネジメントの4つの観点から最適なソリューション(問題解決)方法を見つけることに定評があります。

日本駐車場開発(2353)の株主優待詳細

日本駐車場開発の株主優待の特徴と使い方

日本駐車場開発の株主優待は、1,000株以上で以下の5種類の割引券がもらえます。

  • 時間貸し駐車場の1日駐車料金30%割引券 5枚
  • 北海道キャンピングレンタカー「Do Camper」車両貸渡料金10%割引券 2枚
  • 日本スキー場開発が運営するスキー場のリフト利用割引券 3枚(1枚で5名利用可)
  • スポーツツーリズムを中心とした旅行の企画販売を行うGeekoutが催行する旅行割引券 2枚(1枚で5名利用可) ※2017年11月より利用可
  • 那須ハイランドパーク割引券 2枚(各種割引適用、1枚で4名利用可)

時間貸し駐車場の割引券は車を持っている方であれば、便利に活用できると思います。

ただ、使えるところがまだそれほど多くないのが、残念ですね。
これから日本駐車場開発が繁盛すれば駐車場も増えると思われますし、それに比例して株主優待を使える駐車場も増えるでしょう。

参考:日本駐車場開発の株主優待が利用可能な駐車場一覧

また、スキー場リフト1日券が使えるところは、以下の8ヶ所です。

  • 白馬八方尾根スキー場
  • 白馬岩岳スノーフィールド
  • 栂池高原スキー場
  • 鹿島槍スキー場
  • 竜王スキーパーク
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 川場スキー場
  • めいほうスキー場

それぞれのスキー場で、割引内容が変わってくるのが、日本駐車場開発の株主優待の大きな特徴です。詳しくは日本駐車場開発のこちらのページが参考になります。

日本駐車場開発の株主優待券

あと、Geekoutが催行する旅行割引券は、旅行代金に応じて以下の割引を利用することができます。

  • 50,000円未満:1,000円割引
  • 50,000円~100,000円未満:3,000円割引
  • 100,000円~200,000円未満:5,000円割引
  • 200,000円以上:10,000円割引

優待はいつ届くの?

7月末が権利確定日なので、株主優待が届く頃はもうすぐ冬となる10月末頃です。

株主優待が届いたら、どこのスキー場に行って使おうか……といった冬のレジャー計画を立てるのもいいかもしれませんね。

優待ジャンル交通 スポーツ 施設利用
権利確定日7月末
銘柄番号2000〜2999

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール