リテールパートナーズ(8167)の株主優待は株主優待券もしくはJCBギフトカード1,000円分

リテールパートナーズは、山口県防府市に本社を置く、スーパーマーケット事業の管理・運営を手がけている企業を傘下に持つ、持株会社です。

リテールパートナーズ(8167)株主優待

リテールパートナーズはどんな企業?

平成27年7月1日に、丸久及びマルミヤストアの両社が、「株式会社リテールパートナーズ」として経営統合しました。

山口県を中心に、中国地方や九州地方に合わせて154のグループ店舗を展開しており、西日本ローカルスーパーマーケットの雄として、地域密着型のサービスで愛されています。

リテールパートナーズの株主優待の特徴と使い方

リテールパートナーズの株主優待は、Aコース〜Cコースの3種類から選択することができますが、最低単元株数の100株以上になると、以下の2つの選択肢になります。

  • 【Aコース】自社グループ店舗で使える株主優待券1,000円相当
  • 【Bコース、Cコース】JCBギフトカード1,000円分

ちなみに、500株以上を保有すると、Aコースの株主優待券は2,000円分になりますのでAコースを選択するほうがお得ですが、100株以上であれば使える店舗の多いJCBギフトカードの方が便利だと思います。

JCBギフトカードのお得な使い方や安く手に入れる方法は以下のページが詳しいですよ。

リテールパートナーズ(8167)株主優待

リテールパートナーズの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は2月末と8月末で、優待はそれぞれ5月下旬頃、11月下旬頃に届きます。

買物優待券を選んだ場合の有効期限は半年間と短いので、ご利用の際は注意してくださいね。

  • 5月下旬到着 → 11月末が有効期限
  • 11月下旬到着 → 5月末が有効期限
優待ジャンル商品券 買い物割引
優待詳細カタログギフト JCBギフトカード
権利確定日2月末 8月末
銘柄番号8000〜8999

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール