松屋フーズホールディングス(9887)の株主優待券はいつ到着?対象のお店・メニューやお得な使い方のまとめ

スポンサーリンク

松屋フーズホールディングスは、牛めしでおなじみの「松屋」やとんかつの「松乃家」などを運営する企業です。

他にもすし、ラーメン、カレー、天ぷら、カフェといった事業も展開していて、全国に合計1,000以上のお店がありますよ。

そんな松屋フーズホールディングスの株主優待を詳しく紹介していきますね。

松屋フーズホールディングス(9887)の株主優待

松屋フーズホールディングスの株主優待内容

100株以上株式を持っていると、年間10枚の株主優待券が送られてきます。
株数に関係なく100株以上で一律の優待内容ですね。

優待券1枚で松屋、松のや、松乃家、チキン亭のメニュー1食と引き換えることができますよ。

どのお店もメニューは豊富にありますし、どれにしようか選ぶときにはワクワクしてきそう。

料金を気にせず、自分が今食べたいと思えるものを選べるのもうれしいポイントだと思います。

株主優待券を利用できるお店と利用できないお店

松屋フーズホールディングスのお店であっても、利用できるお店と利用できないお店があるので、ここで整理しておきますね。

利用できるお店一覧

  • 松屋
  • 松のや
  • 松乃家
  • チキン亭
利用できないお店一覧

  • すし松
  • 福松
  • セロリの花
  • トマトの花
  • 松軒中華食堂
  • マイカリー食堂
  • ヽ松(てんまつ)
  • テラス・ヴェルト

利用できないお店が多いと思うかもしれませんが、店舗数の多い松屋で使えるので、実際は使えるお店がたくさんありますよ。

松屋フーズホールディングスの株主優待券の特徴と使い方

松屋フーズホールディングスの株主優待券は優待券の裏面に希望のメニューを書き、お店の方に渡すことで使うことができます。

ただ、利用できるメニューやサイズに少しだけ例外があるので、お店ごとにまとめておきますね。

松屋で使えるメニュー

松屋ではラージ定食・W定食以外の全てのメニューから選ぶことができます。

とはいっても、ラージ定食は+150円で、W定食は差額分を支払えば、優待券を使うこともできるので、ほとんどすべてのメニューで使えますよ。

定食のライスは「ライス大盛」「おろし豆腐」のいずれかに変更でき+40円で特盛にしてもらうこともできます。

定食だと、たっぷりのカルビの焼肉、野菜サラダ、みそ汁、ライスがセットになった「カルビ焼肉定食」がオススメ。

税込650円のメニューなんですが、優待券だけでいただくことができますよ。

また、丼・カレーなどのメニューではどのサイズでも追加料金なしで使えます。

持ち帰りにも使えますが、朝定食やおろし豆腐など一部のメニューは持ち帰りできないので注意してくださいね。

また、持ち帰りの際のみそ汁は別売りとなります。

松のや・松乃家・チキン亭で使えるメニュー

松のや・松乃家・チキン亭ではお子様セットも含め全てのメインメニューから1品利用できますよ。

定食の場合、「ライス大盛」に変更でき、「ライス特盛」は+60円で利用できます。

オススメなのは税込780円の「おろし厚切りロースかつ定食」。

揚げ物のメニューが多いですが、たっぷりの大根おろしがかかっているので、さっぱりいただけますよ。

「丼・カレー」では「ライス大盛」に変更でき、一部店舗で提供されている「牛めし」類では特盛にすることもできます。

ただし、豚汁セットなどのセットメニューは基本的に対象外。セットにしたい場合は個別に注文するといいかもしれませんね。

持ち帰りメニューにも使えますが、うどん・きしめんや、朝定食は持ち帰りできませんので気をつけましょう。

また、松のやオードブルなどの「惣菜メニュー」に使うこともできませんよ。

ほとんどのメニューで使えると覚えておこう

詳しい説明になりましたが、基本的にはほとんどのメニューで使えると覚えておいたら大丈夫です。

セットにしたいのであれば、その分を単品で注文することもできますし、シンプルに食べたいものを選ぶと良さそうですね。

オリジナル製品詰め合わせセットへ引き替えもできる

使っていない優待券10枚を期限(2018年は9月30日)までに返送することで、オリジナル製品詰め合わせセット(冷凍)に引き替えることもできますよ。

近くで使えるお店がない場合はありがたいですよね。

詰め合わせの内容は以下のとおりです。(変更になる可能性もあります)

  • 牛めしの具×4パック
  • 豚めしの具×3パック
  • オリジナルカレーの具×3パック

原則、優待券を返送した翌月中には届けられますよ。

株主優待はいつ届くの? 権利確定日はいつ?

権利確定日は3月末で、優待券の到着は6月下旬頃。
有効期限は翌年6月末日までなので、1年ぐらいは使えますよ。

優待の内容と期限を考えると、とても使いやすい優待ですね。

株価と配当・優待利回り

2019年11月13日現在
株価3,590円
権利確定月3月末
最低購入金額359,000円
優待取得必要株数100株
1株あたり配当金24円
年間優待金額7,000円
配当+優待金額9,400円
配当利回り0.67%
優待利回り1.94%
配当+優待利回り2.62%
年間優待金額(オークション)5,000円
配当+オークション7,400円
オークション利回り1.39%
信用取引情報
  • 制度信用
  • カブドットコム証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

松屋フーズホールディングスの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

359,000円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-550円-550円
GMOクリック証券265円438円187円220円
ライブスター証券198円440円88円440円
マネックス証券385円2,750円209円2,750円
マネーパートナーズ-697円--
楽天証券275円471円198円471円
SBI証券275円471円198円262円
岡三オンライン証券385円550円330円550円
カブドットコム証券275円-198円-
SMBC日興証券440円-無料-
むさし証券192円1,320円192円1,320円
内藤証券419円451円492円409円
立花証券264円550円550円1,100円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

スポンサーリンク

カテゴリーから探す