KVK(6484)の株主優待はタオルや入浴剤など3,000円相当の入浴用品がもらえる

KVKは、岐阜県岐阜市に本社を置く、水栓金具や継手、排水金具などの水栓部品の製造販売を事業としている企業です。

KVKはどんな企業?

1939年の2月に創業した同社。1981年に同社から発売された、浴室向け水栓金具の「お湯ぴた」は、テレビでCMが放送され、同社の名を世間に浸透させることになる、大ヒット商品となりました。

そして現在でも、床上から床下まで、「家一軒まるごと水まわり」をプロデュースするリーディングカンパニーを目標に、挑戦し続けています。

KVK(6484)株主優待

KVKの株主優待の特徴と使い方

KVKの株主優待は、500株以上でもらうことができます。

優待の内容は、3,000円相当の入浴用品です。入浴剤やバスタオルなど、お風呂好きにはうれしいアイテムがたくさん詰まっていそうですね。

KVK(6484)株主優待

なお、1,000株以上を保有すると3,000円相当 の入浴用品に加え、自社製品を優待価格で買う権利がもらえるそうですよ。

KVKの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末で、優待到着は7月ごろになります。

優待ジャンル日用品
権利確定日3月末
銘柄番号6000〜6999

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール