神田通信機(1992)の株主優待はいつ到着?QUOカード(クオカード)の詳細まとめ

スポンサーリンク

神田通信機は、東京都千代田区に本社を置く、各種情報通信事業を手掛けている企業です。

社内の電話設備の導入やコスト削減、ネットワーク構築、さらには照明制御システムなどの通信にまつわるシステムやソフトウェア開発などを手掛けています。

具体的な導入事例としては、パレスホテル東京の照明制御システムや、池袋HUMAXシネマズの映像および音響システムと連動した照明シーン自動切替システムなどがありますよ。

このページでは、そんな神田通信機の株主優待について詳しく説明していきますね。

神田通信機の株主優待内容

神田通信機の株主優待は、100株以上の株を保有するともらうことができますよ。

優待の内容は、1,000円相当のQUOカード(クオカード)です。

クオカードには有効期限がありません。なのでいつでも全国のコンビニや書店、ドラッグストア、ファミリーレストラン、ガソリンスタンドといったさまざまなお店で利用することができます。

誰でも気軽に利用できる、おすすめの優待品ですよ。

そんなクオカードの加盟店一覧と使い方については、こちらのページをぜひ参考にしてください。

クオカードを使わないのなら、プレゼントや買取を検討しよう

クオカードを自分で使うことがあまりなければ、誰かにプレゼントしてあげるとよろこばれるでしょう。

それか、少しでも現金化したいのであれば、金券ショップに持ち込んで買い取ってもらうのもひとつの手段です。ヤフオク・ラクマで売る方法もありますね。

自分で売るのが面倒だったりよくわからないという場合は、ブックサプライ買取王子などの宅配買取サービスを使うのもおすすめですよ。

神田通信機の株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末で、優待到着は6月ごろになる予定です。

株価と配当・優待利回り

2019年11月15日現在
株価2,321円
権利確定月3月末
最低購入金額232,100円
優待取得必要株数100株
年間優待金額1,000円
優待利回り0.43%
年間優待金額(オークション)980円
オークション利回り0.42%

スポンサーリンク

証券会社の手数料

神田通信機の株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

232,100円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-330円-330円
GMOクリック証券265円305円187円220円
ライブスター証券198円440円88円440円
マネックス証券275円2,750円209円2,750円
マネーパートナーズ-451円--
楽天証券275円314円198円314円
SBI証券275円314円198円262円
岡三オンライン証券385円385円330円330円
カブドットコム証券275円-198円-
SMBC日興証券275円-無料-
むさし証券192円1,320円192円1,320円
内藤証券419円451円272円409円
立花証券264円330円550円1,100円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

スポンサーリンク

カテゴリーから探す