伊藤園第1種優先株式(25935)の株主優待はいつ届く?購入方法・配当・株価についても紹介

スポンサーリンク

「伊藤園第1種優先株式」という名前でややこしさを感じるかもしれませんが、基本的には伊藤園と同じです。

優先株式とは普通株式に比べて利益の配当または残余財産の分配、あるいは両方について優先的に受け取ることができる株式のこと。

議決権がない代わりに優先配当があり、伊藤園(2593)よりも配当金が多いです。
長期保有し続けて配当金も目当てにするのであれば、こちらのほうがいいですよ。

伊藤園第1種優先株式(25935)の株主優待

伊藤園第1種優先株式の株主優待内容

では早速、伊藤園第1種優先株式の株主優待について紹介しますね。
保有株数に応じてもらえる優待は以下の通りです。

  • 100株以上:1,500円相当の自社製品詰合せ、自社製品30%割引
  • 1,000株以上:3,000円相当の自社製品詰合せ、自社製品50%割引

伊藤園(2593)とまったく同じ株主優待の内容です。

100株以上持っていると、1,500円相当の自社製品詰合せがもらえますよ。
1単元が100株のため、普通に100株買えば、優待までもらえます。

伊藤園第1種優先株式の株主優待の特徴について

伊藤園第1種優先株式の株主優待は自社製品詰合せが届きます。

お~いお茶やTEA’S TEAのミニ缶などが入っていて、2017年の優待では、タリーズコーヒーの缶も入っていました。

夏になった頃にお中元代わりに伊藤園の飲み物が届くので、金額以上のうれしさがありますね。

自分で飲むのも良し、周りのお世話になっている方にプレゼントするのもよろこばれると思います。

また、自社製品の通信販売を割引できるパンフレットも届けてもらえますよ。
100株以上だと30%割引、1,000株になると50%も割引されるのが大きな魅力です。

伊藤園第1種優先株式の購入方法は普通と同じ

伊藤園第1種優先株式は証券コードが5桁になっていることで、他の株と比較して買い方が違うのではないかと不安に思うのではないでしょうか。

私も最初はそう思っていましたが、実はそんなに難しく考える必要はなくて、普通の株を買うのと同じ手順で購入できますよ。

証券会社に口座を作って、伊藤園第1種優先株式を探して購入すれば大丈夫です。

伊藤園第1種優先株式の優待はいつ届く? 権利確定日の時期についても

伊藤園第1種優先株式の株主優待の権利確定日は4月末となります。
4月30日時点の株主名簿に100株以上で記録されたら、優待がもらえますよ。

肝心の優待が届く時期は7月下旬となります。
暑くなってきて、冷たい飲み物が恋しくなる時期ですし、届いたらすぐに消費してしまいそうですね。

伊藤園の株主優待も合わせて取得すると、100株ずつで2つ届くようにできますよ。

株価と配当・優待利回り

2019年11月14日現在
株価2,578円
権利確定月4月末
最低購入金額257,800円
優待取得必要株数100株
年間優待金額1,500円
優待利回り0.58%
年間優待金額(オークション)500円
オークション利回り0.19%

スポンサーリンク

証券会社の手数料

伊藤園第1種優先株式の株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

257,800円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-330円-330円
GMOクリック証券265円305円187円220円
ライブスター証券198円440円88円440円
マネックス証券275円2,750円209円2,750円
マネーパートナーズ-501円--
楽天証券275円314円198円314円
SBI証券275円314円198円262円
岡三オンライン証券385円385円330円330円
カブドットコム証券275円-198円-
SMBC日興証券275円-無料-
むさし証券192円1,320円192円1,320円
内藤証券419円451円272円409円
立花証券264円330円550円1,100円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

スポンサーリンク

カテゴリーから探す