ファーストブラザーズ(3454)の株主優待はQUOカード(クオカード)1,000円分

スポンサーリンク

ファーストブラザーズは、東京都千代田区に本社を置く、不動産投資や商業施設開発などを事業としている企業です。

ファーストブラザーズはどんな企業?

2004年に設立し、投資運用事業および、投資銀行事業を手がけている同社。

代表的なものでは、数百億円規模にもなる不動産を対象に、投資サービスをワンストップで提供している「アセットマネジメント業務」があります。

さらには、都心型やターミナル駅直結型、郊外型などの多様な商業施設の開発・運営業務を行っています。

ファーストブラザーズの株主優待の特徴と使い方

ファーストブラザーズの株主優待は、100株以上の株を保有するともらうことができます。

優待の内容は、1,000円分のクオカードです。クオカードの加盟店一覧と使い方については、こちらのページをぜひ参考にしてください。

なお、2017年11月期の限定で、同社の株主優待制度導入を記念した、記念優待が実施されますよ!

内容は、100株以上の保有で、「東京ガーデンテラス紀尾井町」にある下記レストランの食事券です。

  • 「Salotto CANTICO」(ランチ5,000円分、もしくはディナー10,000円分):1枚
  • 「Ristorante incantina」(2,000円分):2枚

同伴者を含めて、1枚で6名まで同額の割引が利用できるとのことです。使える店が決まっているものの、最大で6万円分のお食事券になるということですね!

なお、この食事券の有効期限は、平成30年(2018年)の8月31日までとなります。

ファーストブラザーズの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は11月末で、優待到着は翌年の2月上旬ごろになる予定です。

株価と配当・優待利回り

2019年04月22日現在
株価1,402円
権利確定月11月末
最低購入金額140,200円
優待取得必要株数100株
年間優待金額1,000円
優待利回り0.71%

スポンサーリンク

証券会社の手数料

ファーストブラザーズの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

140,200円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-324円-324円
GMOクリック証券105円230円140円216円
ライブスター証券104円432円86円432円
マネックス証券194円2,700円151円2,700円
マネーパートナーズ-272円--
楽天証券113円206円145円206円
SBI証券199円206円154円258円
岡三オンライン証券216円無料162円無料
カブドットコム証券194円-145円-
SMBC日興証券194円-無料-
むさし証券237円1,296円237円1,296円
内藤証券411円442円267円401円
立花証券108円216円540円540円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

スポンサーリンク

カテゴリーから探す