協和エクシオ(1951)の株主優待は1,000円相当のクオカードがもらえる

スポンサーリンク

協和エクシオは、東京都渋谷区に本社を置く、通信事業者の電気・通信基盤構築を行なう、情報通信建設企業です。

1954年の設立から一貫して、情報通信構築の事業活動を続けてきた同社。電気通信工事では国内第2位の規模を誇るほか、現在ではソフト開発や、環境・社会インフラの構築・運用にも多くの実績を残しています。

協和エクシオ(1951)の株主優待

協和エクシオの株主優待の特徴と使い方

協和エクシオの株主優待は、100株以上でもらうことができます。

優待の内容は、1,000円分のクオカードです。クオカードは利用できる店舗も多いうえに、有効期限もありません。現金に近い感覚で利用できる、たいへんありがたい存在です!

そんなクオカードの加盟店一覧と使い方については、こちらのページをぜひ参考にしてください。

なお、同社の株を3年以上継続して保有すると、同じ1,000株以上の保有でもらえるクオカードの額が倍の2,000円になりますよ。

持っているだけで勝手に価値が上がるわけですから、できるだけ長く持っておきたい優待の一つになりますね。

協和エクシオの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末で、優待到着は6月下旬ごろになります。

※ 紹介した情報と異なる可能性もありますので、最新情報を確認する場合は以下のボタンからお願いします。SBI証券で優待内容を確認する

株価と配当・優待利回り

2019年07月20日現在
株価3,260円
権利確定月3月末
最低購入金額3,260,000円
優待取得必要株数1000株
1株あたり配当金32円
年間優待金額1,000円
配当+優待金額33,000円
配当利回り0.98%
優待利回り0.03%
配当+優待利回り1.01%
年間優待金額(オークション)980円
配当+オークション32,980円
オークション利回り0.03%
信用取引情報
  • 制度信用
  • 松井証券一般信用
  • カブドットコム証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

協和エクシオの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

3,260,000円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-4,320円-4,320円
GMOクリック証券900円1,950円259円1,728円
ライブスター証券864円1,944円無料1,728円
マネックス証券5,281円5,400円1,080円5,400円
マネーパートナーズ-5,793円--
楽天証券994円4,320円378円4,320円
SBI証券994円2,118円388円1,811円
岡三オンライン証券1,944円2,484円1,296円1,728円
カブドットコム証券3,265円-1,188円-
SMBC日興証券3,240円-無料-
むさし証券950円2,592円950円2,592円
内藤証券1,388円2,109円483円1,901円
立花証券2,052円3,024円540円2,160円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

スポンサーリンク

カテゴリーから探す