エボラブルアジア(6191)の株主優待はいつ到着?自社オリジナル航空券などと交換できる優待ポイント

スポンサーリンク

エボラブルアジアは、東京都港区に本社を置く、ITオフショア開発事業と旅行事業を手掛けている企業です。

「ITオフショア開発事業」と「オンライン旅行事業」、そして「訪日旅行事業」の3事業を主軸としている同社。

「ITオフショア開発事業」では、ベトナムに500人以上のITエンジニアを擁する開発拠点を持ち、現地の日本人スタッフが十分なサポートとケアを行うことで、コストメリットの高いオフショア開発を実現させています。

そして「オンライン旅行事業」では、「TRIP STAR」や「e航空券.com」といったサイトを運営し、オンラインにて旅行商品や航空券の販売を行っており、国内航空券の取扱高は200億円を特配しています。

さらに「訪日旅行事業」では、自社運営サイトを多言語対応するなど、インバウンドの需要にもいち早く対応しています。

エボラブルアジアの株主優待内容

エボラブルアジアの株主優待内容を一覧にしてみました。

    優待ポイント(1ポイント=1円相当、年2回)

  • 500株以上:8,000ポイント
  • 600株以上:11,000ポイント
  • 700株以上:13,000ポイント
  • 900株以上:16,000ポイント
  • 1,000株以上:18,000ポイント
  • 2,000株以上:20,000ポイント
  • 5,000株以上:25,000ポイント
     【株式継続保有1年以上】

  • 500株以上:8,800ポイント
  • 600株以上:12,100ポイント
  • 700株以上:14,300ポイント
  • 900株以上:17,600ポイント
  • 1,000株以上:19,800ポイント
  • 2,000株以上:22,000ポイント
  • 5,000株以上:27,500ポイント

500株以上の保有で、食品や電化製品、ギフト、自社オリジナル航空券などと交換することができる、8,000ポイント(8,000円分)の優待ポイントが年2回もらえますよ。

なお、交換できる商品は株主専用の特設サイトに掲載され、500点以上の商品からお好みの商品が選べるようになります。

どんな商品がラインナップされるのか、今から楽しみですよね。

10,000ポイントで国内航空券2枚が50%オフで買える!

なお、優待ポイント10,000ポイントにて、正規普通運賃の50%オフで国内航空券を2枚購入することが可能になりますよ。

さらに年2回の優待になるので、年間で考えると4枚分が購入できることになります。

出発地や行き先は自由に選択することができるので、国内の移動が多い方や旅行が好きな方にとっては、かなり使える優待になりそうですね。

エボラブルアジアの株主優待はいつ届くの?

ポイントの進呈日は3月31日と9月30日で、ポイントの有効期限はポイント付与日より3年間となります。

株価と配当・優待利回り

2019年11月14日現在
株価2,535円
権利確定月3月末・9月末
最低購入金額1,267,500円
優待取得必要株数500株
年間優待金額2,000円
優待利回り0.15%

スポンサーリンク

証券会社の手数料

エボラブルアジアの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

1,267,500円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-2,200円-2,200円
GMOクリック証券580円1,283円264円880円
ライブスター証券440円880円88円880円
マネックス証券2,091円2,750円660円2,750円
マネーパートナーズ-2,464円--
楽天証券640円2,200円385円2,200円
SBI証券640円1,278円385円964円
岡三オンライン証券1,100円1,430円770円1,100円
カブドットコム証券1,353円-1,034円-
SMBC日興証券1,650円-無料-
むさし証券418円1,320円418円1,320円
内藤証券1,048円1,268円492円1,142円
立花証券627円1,760円550円2,200円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

スポンサーリンク

カテゴリーから探す