北海道中央バス(9085)の株主優待はバス運賃半額券とスキー場リフト券などがもらえる

北海道中央バスは、北海道小樽市に本社を置く、北海道の道央圏を中心に、バス事業を展開している企業です。

北海道中央バス(9085)株主優待

北海道中央バスはどんな企業?

後志・石狩・空知地方のバス事業者が統合し、発足した同社。

2013年(平成25年)3月現在の路線免許キロは5,217 km、路線数は282路線・681系統、車両数は貸切バスを含めて1,189台で、路線バス車両数は北海道内3,657台中、約3割を占める、北海道内最大のバス事業者です。

北海道中央バスの株主優待の特徴と使い方

北海道中央バスの株主優待は、1,000株以上でもらうことができます。

優待の内容は、指定高速バス路線の普通乗車券1枚または往復乗車券1枚が半額になる株主優待乗車運賃半額券30枚と、株主優待の各種利用券で、年に2回もらえます。

優待利用券の詳細は、以下になります。

  • 株主様お食事ご優待券(1,000円相当):1枚
  • 小樽天狗山スキー場又はニセコアンヌプリ国際スキー場リフト券(8時間券)引換券:2枚
  • 株主様定期観光バスご優待券(1,000円相当):1枚
  • ホテル二セコいこいの村株主様日帰り入浴ご優待券:2枚

スキー場のリフト券と入浴優待券をセットで利用すれば、かなりオトクな料金で贅沢に、スキーを楽しむことができそうですね。

なお、2018年3月以降は株式合併に伴い、株主優待の取得に必要な保有株数が変更になりますので、ご注意ください。

北海道中央バス(9085)株主優待

北海道中央バスの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末と9月末で、優待到着は4月下旬ごろと10月下旬ごろになります。

有効期限は、3月確定分で5月1日から10月31日まで、9月確定分で11月1日から翌年4月30日までとなります。

優待ジャンル外食 交通 施設利用
権利確定日3月末 9月末
銘柄番号9000〜9999

この記事を書いた人

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。会社を辞めて子どもが産まれるタイミングで家を買いました。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。そもそも論から考えるミニマリスト的な節約術、クレジットカード、ポイントやマイル、株主優待、投資信託、移動を安くする方法に詳しいです。

松本 博樹のプロフィール