北海道中央バス(9085)の株主優待はバス運賃半額券とスキー場リフト券などがもらえる

スポンサーリンク

北海道中央バスは、北海道小樽市に本社を置く、北海道の道央圏を中心に、バス事業を展開している企業です。

北海道中央バス(9085)株主優待

北海道中央バスはどんな企業?

後志・石狩・空知地方のバス事業者が統合し、発足した同社。

2013年(平成25年)3月現在の路線免許キロは5,217 km、路線数は282路線・681系統、車両数は貸切バスを含めて1,189台で、路線バス車両数は北海道内3,657台中、約3割を占める、北海道内最大のバス事業者です。

北海道中央バスの株主優待の特徴と使い方

北海道中央バスの株主優待は、1,000株以上でもらうことができます。

優待の内容は、指定高速バス路線の普通乗車券1枚または往復乗車券1枚が半額になる株主優待乗車運賃半額券30枚と、株主優待の各種利用券で、年に2回もらえます。

優待利用券の詳細は、以下になります。

  • 株主様お食事ご優待券(1,000円相当):1枚
  • 小樽天狗山スキー場又はニセコアンヌプリ国際スキー場リフト券(8時間券)引換券:2枚
  • 株主様定期観光バスご優待券(1,000円相当):1枚
  • ホテル二セコいこいの村株主様日帰り入浴ご優待券:2枚

スキー場のリフト券と入浴優待券をセットで利用すれば、かなりオトクな料金で贅沢に、スキーを楽しむことができそうですね。

なお、2018年3月以降は株式合併に伴い、株主優待の取得に必要な保有株数が変更になりますので、ご注意ください。

北海道中央バス(9085)株主優待

北海道中央バスの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末と9月末で、優待到着は4月下旬ごろと10月下旬ごろになります。

有効期限は、3月確定分で5月1日から10月31日まで、9月確定分で11月1日から翌年4月30日までとなります。

※ 紹介した情報と異なる可能性もありますので、最新情報を確認する場合は以下のボタンからお願いします。SBI証券で優待内容を確認する

株価と配当・優待利回り

2019年10月22日現在
株価4,855円
権利確定月3月末・9月末
最低購入金額4,855,000円
優待取得必要株数1000株
1株あたり配当金5円
配当利回り0.10%
年間優待金額(オークション)5,000円
配当+オークション10,000円
オークション利回り0.10%

スポンサーリンク

証券会社の手数料

北海道中央バスの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

4,855,000円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-5,500円-5,500円
GMOクリック証券917円2,281円264円2,200円
ライブスター証券880円2,420円無料2,200円
マネックス証券8,010円5,500円1,100円5,500円
マネーパートナーズ-8,276円--
楽天証券1,013円5,500円385円5,500円
SBI証券1,013円2,598円385円2,284円
岡三オンライン証券2,310円3,080円1,320円2,090円
カブドットコム証券4,059円-1,210円-
SMBC日興証券3,300円-無料-
むさし証券825円2,640円825円2,640円
内藤証券1,414円2,588円492円2,336円
立花証券990円3,300円550円2,200円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

スポンサーリンク

カテゴリーから探す