ビジネス・ブレークスルー(2464)の株主優待はビジネス教育プログラムを10%割引で受けられる

スポンサーリンク

ビジネス・ブレークスルーは、東京都千代田区に本社を置く、経営指導・人材育成教育などを事業としている企業です。

経営コンサルタントで全国的に有名な「大前研一」氏が代表を務める同社。ビジネス英語から基礎力・起業・MBAまで、「考える力」を鍛えるオンラインプログラムの提供及びサポートを手がけています。

ビジネス・ブレークスルー(2464)の株主優待

ビジネス・ブレークスルーの株主優待の特徴と使い方

ビジネス・ブレークスルーの株主優待は、100株以上でもらうことができます。

優待の内容は、株主優待対象プログラム受講料を10%割引で受けられる権利で、年に2回もらえます。対象となるプログラムは、以下になります。

  1. 問題解決ケーススタディーコース
  2. 企業経営必須スキルコース
  3. 実践ビジネス英語講座 初級コース
  4. 実践ビジネス英語講座 中級コース
  5. 実践ビジネス英語講座 上級コース
  6. 実践ビジネス英語講座 マネジメント力トレーニングコース
  7. 実践ビジネス英語講座 リーダーシップ力トレーニングコース
  8. 株式・資産形成 実践コース
  9. リーダーシップ・アクションプログラム
  10. チームリーダーシップ・アクションプログラム
  11. 大前経営塾
  12. BBTチャネル(年間会員)
  13. ビジネス体型教室(フルパッケージ)
  14. MBAブリッジ講座
  15. オンライン英会話 ビジネスコース 無料レッスン(2回分または4回分)
  16. オンライン英会話 ビジネスコース(20回分)
  17. オンライン英会話 ビジネスコース(40回分)

これらのプログラムを受けてみたいと考えている方にとっては、とてもオトクな優待ではないでしょうか。

なお、一人につき1講座(コース)のみ1回限りの受講となるほか、既に受講を開始している講座(コース)は適用外、そして他の割引サービスとの併用はできないなどの注意事項があるので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

ビジネス・ブレークスルーの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は3月末と9月末で、優待の申込期間(有効期限)は、案内状発送月の翌月より6ヶ月間となります。

株価と配当・優待利回り

2019年12月05日現在
株価441円
権利確定月3月末・9月末
最低購入金額44,100円
優待取得必要株数100株
1株あたり配当金6円
配当利回り1.36%
信用取引情報
  • SBI証券一般信用

スポンサーリンク

証券会社の手数料

ビジネス・ブレークスルーの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

44,100円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-無料-無料
GMOクリック証券96円234円97円無料
ライブスター証券55円440円88円440円
マネックス証券110円2,750円104円2,750円
マネーパートナーズ-220円--
楽天証券55円無料99円無料
SBI証券55円無料99円無料
岡三オンライン証券108円無料108円無料
カブドットコム証券99円-99円-
SMBC日興証券137円-無料-
むさし証券82円1,320円82円1,320円
内藤証券183円199円272円178円
立花証券55円220円550円無料

スポンサーリンク

このページをシェアする!

スポンサーリンク