AOI TYO Holdings(3975)の株主優待はいつ到着?クオカードとアニメーションスタジオ見学会の詳細まとめ

スポンサーリンク

AOI TYO Holdingsは、東京都港区に本社を置く、広告映像制作などを手掛ける企業で構成される、共同持株会社です。

2017年1月に「AOI Pro.」と「ティー・ワイ・オー」とが経営統合して誕生した会社で、CMなどの広告映像制作を手掛けるグループ企業・ブランドを数多く有しています。

あと、NHKのキャラクター「どーもくん」の映像なんかも、AOI TYO Holdingsグループの企業が手掛けているんだそうですよ。

このページでは、そんなAOI TYO Holdingsの株主優待について詳しく説明していきますね。

AOI TYO Holdingsの株主優待内容

AOI TYO Holdingsの株主優待は、500株以上の株を保有するともらうことができますよ。保有株数によって内容が異なるので、わかりやすいように一覧にしてみました。

AOI TYO Holdingsの株主優待詳細
保有株数優待内容
500株以上QUOカード(クオカード)3,000円相当、アニメーションスタジオ見学会(抽選)
1,000株以上QUOカード(クオカード)5,000円相当、アニメーションスタジオ見学会(抽選)
2,000株以上オリジナル優待カタログギフト10,000円相当、アニメーションスタジオ見学会(抽選)

500以上の保有で、3,000円分のQUOカード(クオカード)がもらえますよ。

クオカードには有効期限がなく、全国のコンビニや書店、ドラッグストア、ファミリーレストラン、ガソリンスタンドといった様々なお店で利用することができます。

お買い物をする機会の多い主婦の方をはじめ、男女や年齢層に関係なくおすすめできる優待ですね。記念品やプレゼントとしても最適ですよ。

そんなクオカードの加盟店一覧と使い方については、こちらのページをぜひ参考にしてください。

あと、キャラクター開発とコマ撮りアニメーションを手掛ける、AOI TYO Holdingsグループ「ティー・ワイ・オー ドワーフ」のスタジオ見学会へ招待してもらえる権利が抽選で当たります。

スタジオでの撮影風景を見学するほかにも、実際のアニメーション作品で使用された人形などが展示されていますよ。

さらには、人気キャラクターの「どーもくん」や「こまねこ」を手掛けるスタッフが講師となって、コマ撮りについての講演や体験ワークショップなんかも開催されるそうです。

アニメーション映像制作に興味があれば特に、うれしい優待になりそうですね。

クオカードを使わないのなら、プレゼントや買取を検討しよう

クオカードを自分で使うことがあまりなければ、誰かにプレゼントしてあげるとよろこばれるでしょう。

それか、少しでも現金化したいのであれば、金券ショップに持ち込んで買い取ってもらうのもひとつの手段です。ヤフオク・ラクマで売る方法もありますね。

自分で売るのが面倒だったりよくわからないという場合は、ブックサプライ買取王子などの宅配買取サービスを使うのもおすすめですよ。

AOI TYO Holdingsの株主優待はいつ届くの?

権利確定日は6月末で、優待到着は9月中旬ごろになる予定です。

なお、スタジオ見学会に関しては、11月初旬頃に当選者のみに郵送にて連絡が届きますよ。

株価と配当・優待利回り

2019年12月05日現在
株価1,444円
権利確定月6月末
最低購入金額722,000円
優待取得必要株数500株
年間優待金額3,000円
優待利回り0.41%

スポンサーリンク

証券会社の手数料

AOI TYO Holdingsの株主優待を取得するために必要な株数を現物買い・信用売りした時の証券会社ごとの手数料一覧

722,000円購入時の手数料一覧(税込)
証券会社名(現物)1約定ごと(現物)1日定額(信用)1約定ごと(信用)1日定額
松井証券-1,100円-1,100円
GMOクリック証券479円876円264円440円
ライブスター証券374円660円88円440円
マネックス証券1,650円2,750円390円2,750円
マネーパートナーズ-1,403円--
楽天証券535円943円385円943円
SBI証券535円838円385円524円
岡三オンライン証券660円880円550円770円
カブドットコム証券813円-790円-
SMBC日興証券880円-無料-
むさし証券352円1,320円352円1,320円
内藤証券754円828円492円744円
立花証券517円990円550円2,200円

スポンサーリンク

このページをシェアする!

スポンサーリンク