保険スクエアbang!自動車保険の一括見積もりが評判・口コミ通りか試してみた結果と感想

山見 ミツハルの画像

先日、父親から中古の軽自動車を引き継いだのですが、自動車保険までは引き継ぐことができなかったので、イチから探すことになりました。

ただ、ひとことに「自動車保険」と言っても、保険会社なんて山ほどあります。
そしてその中から自分に最適な自動車保険を探し出すなんて、かなり面倒な作業です。

かといって「テレビのCMで見たから」とか、「友達や知り合いが入っているから」といった理由で安易に選んでしまうと、本当にこの保険でいいのか?ほかにもっと自分に合った保険があるんじゃないか?といった、不安や不満を感じてしまいそうです。

そういった自動車保険選びの悩みを一気に解決するのが、自動車保険の一括見積もりサービスです。

複数の見積もり結果を一度に比較検討することができるので、納得できる保険内容と料金の自動車保険を、簡単に見つけることができます。

ということで今回は、自動車保険の一括見積もりサービスの中でも比較検討のサポート機能が充実していて、利用した方々の保険料が平均25,000円も安くなったという「保険スクエアbang! 自動車保険」を利用してみました。

このページでは、申し込みから比較検討までの流れを、詳しくご紹介していきます。

「保険スクエアbang! 自動車保険」の一括見積もりサービス全体の流れ

実際に申し込みをする前に、「保険スクエアbang! 自動車保険」の一括見積もりサービス全体の流れを、簡単に理解しておきましょう。

STEP1 条件入力

まず最初のSTEP1で、一括見積もりに必要な情報を入力していきます。

手順は後ほど詳しくご紹介しますが、「最短5分」の触れ込み通りに、簡単な入力で申し込むことができますよ。

STEP2 見積結果(ウェブ・郵送)

そして申し込みが完了すれば、STEP2として、利用者専用の見積もり結果ページから、各社の見積もり結果を確認することができます。

複数の結果を一覧表として確認することができるので、簡単に比較検討ができますよ。

STEP3 比較検討

そして最終のSTEP3として、複数の見積もりを比較検討した結果、加入したい自動車保険に申し込む、といった流れです。

以上の3ステップで完了です。それほど難しく考えるところはありませんね。
bang-01

「保険スクエアbang! 自動車保険」は比較検討サポート機能が充実!

そして「保険スクエアbang! 自動車保険」が選ばれている理由として、以下のような独自の比較検討サポートが充実していることが挙げられます。

なかでも特に、見積もり結果がすぐわかるのは嬉しいですね。たくさんの見積もりを取れるはいいけど、結果が出るまでに時間がかかっちゃうようであれば、一括見積もりの利便性が台無しになっちゃいますからね。
bang-02

「保険スクエアbang! 自動車保険」の一括見積もり申し込み手順

ということで早速、自動車保険の一括見積もりを申し込んでみましょう。

ちなみに今回は、まだ自動車保険に入っていない場合の「新規見積もり」の手順について解説します。

すでに自動車保険に入ってる場合の一括見積もりとは、入力内容などが異なるかもしれませんので、あらかじめご了承ください。

ではまず、一括見積もり依頼をする前に、まだ自動車保険に入っていない方は車検証運転免許証を、すでにほかの自動車保険に入っている方は保険証券運転免許証を用意しておきましょう。

わたしはまだ自動車保険に入っていないので、このように車検証と運転免許証を用意しました。
bang-03

用意ができたら「保険スクエアbang! 自動車保険」のトップページにアクセスし、「今すぐ見積もり依頼 無料」と書かれた大きいボタンをクリックしましょう。
bang-04

すると入力フォームに進みますので、まずは「車の保険加入状況」と、「車の製品情報」を入力します。「初年度登録年月」は、車検証に書かれている内容を確認して、正確な情報を入力しましょう。

入力が終わったら、「次へ進む」ボタンをクリックします。
bang-05

つぎに、「車の登録状況」と「車の使用状況」を入力します。「形式」や「車のナンバー」も、車検証に書かれていますので、確認しながら入力しましょう。
bang-06

あと、「予定される年間走行距離」は、急にそんなことを聞かれてもよくわからないと思います。そんな場合は、右側にある「説明」ボタンをクリックしてみましょう。おおよその目安が書かれているので、参考になりますよ。

こちらも入力が終わったら、「次へ進む」ボタンをクリックします。
bang-07

つぎに、「新規のご契約内容」を入力します。なお「保険開始希望日」は、見積もり依頼日より2日以内もしくは120日以上先の場合は、見積もりすることができないのでご注意ください。

入力が終わったら、「次へ進む」ボタンをクリックしましょう。
bang-08

つぎに、「契約者の情報」を入力します。ちなみに最初はこのように氏名と住所の入力フォームしかありませんが、郵便番号を入力すると…
bang-09

都道府県以降の入力フォームが現れて、検索された住所が自動で入っている状態になります。そして住所以外にも、「生年月日」「性別」「電話番号」「メールアドレス」を入力して、「次へ進む」ボタンをクリックしましょう。
bang-10

つぎに、「車の所有者情報」と「おもな運転者(記名被保険者)の情報」、「その他の運転者の情報」を入力します。ちなみに我が家は、わたし以外にも奥さんが運転するので、運転するご家族の人数は2人として入力しました。

こちらも入力が終わったら、「次へ進む」ボタンをクリックします。
bang-11

さあ、ここまできて画面上の進み具合の表示も「90%」になりました。ラストスパートですね、頑張りましょう!この画面では「補償の対象にする年齢」と「ご希望の補償内容」、「ご希望の特約」を入力します。

補償内容や特約なんかは、何をどれくらいで設定すればいいか迷うところだと思います。ここでも、それぞれの項目の右側にある「説明」ボタンをクリックして、説明をしっかり読んでから入力しましょう。
bang-12

あと、その右に「参考データ」というボタンがあり、サービス利用者の何割がどのような選択をしているか?といったデータを見ることができます。こちらも参考にするといいでしょう。

とりあえずわたしは、補償内容はデフォルトのまま、そして特約は「夫婦限定特約」と「事故付随費用特約」、「弁護士費用補償特約」を選んでみました。
bang-13

さらにその下には、メルマガ購読の選択や、生命保険などの資料請求の選択があります。わたしは全てチェックを外しましたが、必要な方はチェックを入れておきましょう。

入力が終わったら、「入力内容の確認」ボタンをクリックします。
bang-14

そして最後に、見積もりが可能な保険会社が表示されます。わたしの場合は今回、

  • アメリカンホーム・ダイレクト
  • SBI損保
  • イーデザイン損保

の3社で見積もりが可能と出ました。ほかの会社はなぜ見積もりができないんだろうなぁ?見積ができない条件についての説明ページヘのリンクもありましたが、ハッキリとした理由はわかりませんでした…。

思ったよりも少なくてちょっと拍子抜けしちゃいましたけど、とりあえず3社でも見積もりは比較できますので、このまま見積もりを取ることにします。入力内容を最終確認して、問題なければ「利用規約に同意の上、見積もりを受け取る」ボタンをクリックしましょう。
bang-15

はい、これで一括見積もりの申し込みは完了です。お疲れ様でした!

ん、よく見ると「すでに、一部の保険会社の見積もりについては、ウェブ、またはメールでご確認いただけます。」と書いてありますね。もしかしてもう、見積もりの試算が出ているのかな?
bang-16

ということで、届いているメールを確認してみましょう。すると3社から、見積もり完了のメールがしっかり届いていました!予想以上に早くてビックリです。

あと、「保険スクエアbang! 自動車保険」から「お見積もり受付完了と即時試算結果のご案内【保険スクエアbang! 自動車保険」という件名のメールが届いているはずです。
bang-17

そのメール本文に、試算結果を確認することができるリンクが記載されているので、そちらをクリックしてみましょう。
bang-18

すると、今回の3社の見積もり結果が表示されていました。ちなみに今回の内容では、「SBI損保」が38,220円と、最安の保険料を提示していました。ほかの2社とかなりの金額差がありますね。
bang-19

条件を変えて再見積もりすることもできる

じつは先ほどの見積もりを申し込んだあとで、「やっぱり車両保険は要らないかなぁ?」と思い直したんです。

新車やこれから何年も乗り続けたい車ならまだしも、今回わたしが保険に加入しようとしている車はおそらく、あと1〜2年程度しか乗らないであろう、バリバリの中古車です。

なので、自分の車に対しての補償になる「車両保険」に入る価値はあまり無さそうです。万一、自分の車の修理代が高額になるような事故をしてしまったら、おそらく廃車にすると思います。そんなことを、見積もりをしたあとで気づいちゃいました(笑)。

ということで、先ほどの見積内容から、車両保険だけを外した状態で再見積もりしてみます。「保険スクエアbang! 自動車保険」ではこういった、条件を変えた再見積もりも行うことができます。

ですが手順がちょっとわかりづらいので、再見積もりの手順についてもご紹介しておきますね。

方法としてはまず、先ほどの見積もりを完了したタイミングで届いている、「○○様専用マイページのお知らせ[保険スクエアbang!自動車保険PC]」という件名のメールを確認します。(○○は申込者姓)

そのメール本文にマイページのURLが記載されていますので、そこからマイページにログインしてください。
bang-20

ログイン後のマイページトップ画面に「○○の見積もりを比較・管理する」というリンクがあるので、そちらをクリックしましょう。(〇〇は前回の見積もり日と車種名)
bang-21

そして、次の画面の一番下に「上記条件で再見積もりをする」というボタンがあるので、そちらをクリックしてください。
bang-22

すると、再見積もりの入力フォームになります。各項目、前回に見積もりした内容が最初から選択された状態になっていますので、見直したい項目だけ変更すればOKです。

わたしは今回、車両保険だけ「なし」に変更してみました。
bang-23

そして再見積もりを完了させると、初回の時と同じようにメールが送信されてきますので、試算結果のURLをクリックして確認しましょう。再見積もりの結果はこちら。
bang-24

おー!予想通りに保険料がさらに安くなりましたね。車両保険を取り除くだけで、38,220円-34,560円=3,660円も金額を下げることができました。ということで今回は、最安の保険料を提示してくれた「SBI損保」の自動車保険に加入することにします!

「保険スクエアbang! 自動車保険」の一括見積もりを利用した感想

今回、「保険スクエアbang! 自動車保険」の一括見積もりを利用してみた率直な感想は、「意外と簡単だったな」ということです。入力する項目もそれほど多くないし、車検証などの準備をちゃんとしておけば、それこそ5分で入力は完了します。

あと、一括見積もりをしたあとに、いろんな保険会社から勧誘めいた電話が掛かってくるんじゃないの?という不安もあったのですが、結果的にはそのような電話は一切ありませんでした。

ただ今回、わたしは3社だけの見積もりだったので、残りの保険会社については確認できていないんですどね…。でも、それほど心配しなくても良さそうです。

そのほか、不満に感じた点は2つほど。まずひとつ目は今回、見積を取ることができたのが3社だけと少なかったということです。
bang-25
このように、最大で19社からの見積が取れるというように書かれているのに、結果的3社ですからね。さすがにちょっと少ないという印象は拭えません。

もしかすると、わたしの入力したデータの影響でそうなってしまったのかも知れませんが、もしそうなのであれば、それがハッキリとわかるような説明がほしいところですね。

現状では、なぜ3社でしか見積が取れないのかといった理由が、まったくわかりません。

そしてふたつ目はマイページの構成がちょっとわかりづらかったのですね

どのメニューから再見積もりができるのかを探すのに、ちょっと苦労しました(笑)。

ということで今回、「保険スクエアbang! 自動車保険」のおかげで、納得の保険内容と料金の自動車保険を簡単に見つけることができました。

たった5分程度の入力で簡単に、自動車保険の比較検討ができちゃうので、自動車保険を検討しているのであれば、間違いなく活用した方がいいですよ。おすすめです!

平均で25,000円安くなった自動車保険一括見積サービスを「無料」で試してみる!

保険料が安くできれば、あとは自動車税も安くしておきましょう。

もし使わないのであれば、買い取ってもらいましょう。

車を持つと、自動車保険以外にもコストがかかりますよね。
維持費を安くするのはとても大切なことです。

この記事を書いた人

兵庫県三田市を拠点にWEBサイト構築〜運営やライター業などを営んているフリーランス。地元愛あふれるローカルメディア「さんだ日和」のひとり編集長としても絶賛活動中デス!