医療脱毛は脱毛機器によって痛さや効果は違う?脱毛機器の種類やおすすめを紹介

Masako Yonedaの画像

こんにちは、現在医療脱毛をしているMasakoです。

私は今まで、医療脱毛を違うクリニックで3回施術しました。

今までは医療脱毛か光脱毛かの違いを意識していたのですが、医療脱毛でもたくさん脱毛機器があり脱毛器によって効果や痛さも変わることがわかりました!

脱毛機器は選べないところもありますが、扱っている脱毛機器はクリニックによっても違います。

医療脱毛をするならどの機器がいいのか知っておきたいですよね。

ということで、今回は医療脱毛器の種類や効果を紹介します!

医療脱毛は脱毛機器によって痛さや効果は違う?

脱毛は脱毛機器によって効果や痛さが変わる

まず脱毛には大きくわけて、医療脱毛と光脱毛があります。

この2つは照射の強さや効果が全く違い、今回は医療脱毛の機器について紹介していきますね。

医療脱毛といっても、脱毛のやり方は機器によってタイプが違い、痛みの感じ方や効果の出方も変わるんです。

医療脱毛の脱毛機器の種類と効果を紹介

医療脱毛機器は大きく分けて3種類あります!

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • YAGレーザー

1. アレキサンドライトレーザーのメリット・デメリット


参考:渋谷美容外科クリニック

アレキサンドライトレーザーは、日本の医療脱毛に初めて導入された脱毛機器です。

メラニン色素に反応するため美容皮膚科や整形外科で、シミ取りなどで活躍もしています。

そのため美容効果があり、シミやニキビを気にしている人には最適な脱毛機器ですよ。

アレキサンドライトレーザーのメリットは以下の通り。

  • 冷却ジェル不要で、冷却ガスで皮膚を冷やしながら脱毛していく
  • やけどのリスクが低い
  • 美肌効果がある
  • 脱毛効果が高く施術後約10日〜毛が抜け落ちる
  • 波長の長いレーザーで日本人の肌に適している

アレキサンドライトレーザーは、表皮を瞬時に冷却、保護することができるので安全性に優れている脱毛機器です!

ただし、以下のようなデメリットもありますよ。

  • 日焼けや黒ずみがあると施術できない可能性がある
  • メラニン色素に反応するので、濃い毛だと痛みを伴う
  • ダイオレーザーよりも施術時間が長い
  • 産毛などの色素が薄い部分には反応しにくい

安全性はあるものの、アレキサンドライトレーザーは正直言って痛いです…。

一度ワキで使用したことがあるんですが、輪ゴムがパチンっと弾く感じで、痛くて驚きました…!

冷やした後はなんともないのですが、施術最中に痛みを伴います。

痛みに弱い人は、違う脱毛器を使うことも洗濯板に入れましょう。

使用しているクリニックは、主にレジーナクリニック湘南美容クリニックで、脱毛機械は「ジェントルレーズ」です。

2. ダイオードレーザーのメリット・デメリット


参考:リゼRIZE

ダイオードレーザーは、FDAの機関にも認められており世界が認めた最先端の医療脱毛機器です。

ダイオレーザーには、蓄熱式(SHR方式)とレーザー式(HR式)の2種類あります。
効果や痛みもそれぞれ違いますよ。

蓄熱式(SHR方式)


参考:リゼRIZE

蓄熱式とは、バルジ領域という新しい毛を作り出す組織に熱を当てて破壊することで、脱毛効果を得ます。

そのためレーザーを毛母細胞の下の組織まで当てる必要がないので、痛みが少ないのが特徴です!

蓄熱式のメリットは以下の通り。

  • バルジ領域をターゲットに照射するので痛みが少ない
  • 毛周期を気にせずに施術可能
  • レーザーショット数が多く同じ時間でも広い範囲に照射できるため施術時間を短縮できる

脱毛機器は、メディオスターやソプラノアイス・プラチナムです。

痛みが少ないので、断然おすすめなのが蓄熱式脱毛!

私はVIO脱毛でメディオスターNeXTPROを使用していますが、痛みが少なくて驚きました!

蓄熱式脱毛は効果も抜群なのに、痛みがないので私の一番好きな脱毛機器です。

レーザー式(HR式)

レーザー式は従来の脱毛器と同じように、毛根のメラニン色素に反応します。

毛根周辺の毛乳頭を破壊し、脱毛効果を得ます。

レーザー式のメリットは以下の通り。

  • 狙った毛に対してのアプローチが可能
  • 一度に広い範囲の照射可能で、蓄熱式よりも早く照射できる

脱毛機器は、ライトシェアデュエットやベネタスです。

広い範囲の施術が可能なので、全身脱毛で広範囲の脱毛をするときは時間が短縮できておすすめ。

3. YAGレーザー(ヤグレーザー)のメリット・デメリット


参考:リゼRIZE

YAGレーザーは、アレキサンドレーザーよりもダイオードレーザーよりも、波長が1064mmと長いのが特徴です。

そのため、肌の奥の奥までレーザーが届きます。

VIOやヒゲなど、濃い部位でも脱毛効果が高く期待が持てますよ。

YAGレーザーのメリットは以下の通り。

  • 毛深い頑固な毛にも効果抜群
  • 日焼け、色黒や、色素沈着があっても照射可能

デメリットはこちらですね。

  • 他の二種類に比べるとかなり痛い!
  • 施術後乾燥したり肌トラブルが起きやすい

YAGレーザーは「毛深くて困っている。絶対ツルツルにしたいんだ!」と他の二種類で効果を実感できなかった場合には、おすすめはできます。

しかし一番痛みを伴うので、部位によっては痛みに我慢できなくなるかもしれませんね。

乾燥肌・肌が弱い場合はおすすめできません。

痛みが少ないのは「蓄熱式脱毛!」

私はこれまで、アレキサンドライトレーザーと蓄熱式のダイオードレーザーを使用しました。

YAGレーザーは怖くて使用したことはまだないのですが、一番痛くなくて効果を実感しているのはズバリ「蓄熱式脱毛」です!

VIOの粘膜が薄く痛みを感じやすい部位でも、熱さを感じるくらいで我慢できます。

痛みに個人差はあるものの、さすが世界から認められた脱毛器だなぁと関心しました。

メディオスターNeXT PROがおすすめ

なかでも私が気に入っている蓄熱式脱毛機器が「メディオスターNeXT PRO」です。

毛質や肌の色を問わず、誰でも痛みを軽減して脱毛ができます。

しかも毛周期を気にせずに脱毛ができるので、早く脱毛を完了することもできるんです!

肌に優しいので、肌トラブルの心配なく施術できるのも嬉しいですね。

毛が抜け落ちるのは遅く、他の脱毛器よりも1〜2回ほど遅れてから実感できますが、痛みを減らして脱毛をしたいならおすすめ!

メディオスターNeXT PROは、私が取材に行ったフレイアクリニックでも使われています。

自分に合った脱毛機器を探そう

医療脱毛と光脱毛が違うのは知られていても、実は医療脱毛でもたくさん脱毛器の種類があり効果や痛さも違います。

  • 痛いのが嫌で肌トラブルを抑えたい場合におすすめー蓄熱式脱毛ダイオードレーザー
  • シミが気になる美肌効果がほしい場合におすすめーアレキサンドライトレーザー
  • 剛毛で痛さを伴ってもしっかりと効果がほしい場合におすすめーYAGレーザー

最近よく蓄熱式脱毛器をみかけるようになりましたが、クリニックによって取り扱っている脱毛機器が違います。

自分で脱毛器を選べない場所もありますが、自分の肌に合った脱毛器で施術すると効果もより実感できるのではないでしょうか。

興味があれば、まずは体験でどんな機器を使っているのか話を聞いてみてくださいね。