将来への不安を実際に解決できたわずか4つの思考法とは?実はお金の知識を増やせばほとんど解決できる

スポンサーリンク

こんにちは!
家を買ったときに会社を辞めて収入がゼロだった、ノマド的節約術の松本(@peter0906)です。

現状、生きていくためにはどうしてもお金は欠かせないものです。
お金が必要だからこそ、いろいろと不安になりますよね。

特に、将来的に大丈夫なのかどうか。
独立したり、結婚したり、子供ができたり、子供が大きくなったり、老後になった時のこと。

それぞれ未知のステージだからこそ漠然とした不安がやってくるものです。

私自身もいろいろなお金の不安を乗り越えて今があります。完璧に不安がないかというと、そうでもないですけど、少なくともこのブログ(ノマド的節約術)を始める前よりかは、お金の不安が軽減しています。

なぜお金の不安を減らすことができているのかを改めて振り返ってみようと思います。

ノマド的節約術 将来への不安を解消できた考え方とは

私がなぜお金の不安を感じていたのか?

私は昔から心配症な性格で、お金に対しても不安を感じていました。
将来的に大丈夫なのかを気にしすぎて漠然と考えこんでしまうこともしばしば・・・。

特にお金のことを考えるようになったのは、会社員を辞めて独立するかどうか悩んでいた頃です。

その頃の私は、人脈と呼べるようなものは一切なく、会社と家を往復しているだけの生活でした。

週末は妻とどこかに出かけたり、というごくごく平凡な生活をしていたと思います。

そんな状況だったので、とにかくお金をなんとか確保しないといけないという考えになっていきました。

お金に関する本を読んだ

まずとった行動は、お金に関する本を大量に読むことです。
普遍的な名著と呼ばれるような書籍から、図書館で借りてきた、あまり売れなかったであろう本まで通勤時間で1日1冊読んだりしていました。

この時に読んで特に影響を受けたのは、以下の本でしょうか。

この2冊には本当に影響を受けています。

特に黄金の羽根は、このサイトの考え方の根底になるところです。
改訂版も出ていますので、読んでみることをおすすめします。

参考:ノマド的節約術は「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015」の影響で始めたサイトです!お金の考え方を学ぶのに最適でおすすめ

他にも当時は、株やFXの本も読んでました。

今思えば危険な思考だったなぁ。
こっちに走らなくて本当に良かったです。

痛い目を見ておいたのが今思えば良かったのかもしれません。

結局、独立することに

お金の本に限らず、今後の仕事をどうするかも考えていたので、いろいろ読んでいました。本だけが決め手ではないですが、結局独立する決断をしました。

最終的には楽観的になるしかない感じでしたね。
とりあえずやってみよう、うまくいかなくてもバイトからでも始めればいいや、そんな考えに至りました。

心配症な私には考えられないことです。

やらずに後悔するよりも、実行しての後悔の方がマシだと思うようになったからです。当時の私はまだ27歳だったこともあるので、誰しもが当てはまることではないと思いますけどね。

将来への不安を減らすためにやってきたお金との向き合い方

1. 固定費を減らす

とはいえ、何も宛てがない状況には変わりありません。仕事なんてそうすぐに見つかるものではありません。

それならば、ひとまずは日々の生活コストを下げて、最悪収入がなくても生き延びられる期間を長くしようと思いました。

収入がほぼゼロのようなものなので、とにかく支出を減らすしかありません。

まず手を付けたのが、毎月の固定費になるような支出を極限まで減らしていくことです。

当時は賃貸に住んでいましたが、それも引き払って、妻の実家に住まわせてもらってました。マスオさん状態でしょうか。住居費がなくなったことで、だいぶ助かりました。

携帯代はパケット代が高すぎるので、WiMAXを別に持って使ってましたね〜。当時のことをこんな記事で書いてたはず。

今は古い内容かもしれませんが、当時は革命的に思ったものです。

毎月の支払いになるようなものは極限までなくしていきました。
毎月支払ってたのは、携帯代・WiMAX・ヤフオクするためのYahoo!プレミアム会員の費用ぐらいです。

あとは固定費をゼロしました。

2. ローコスト生活で見えてくる、ムダな支出の多さ

固定費を減らすのと同時に、引っ越しの際に不要になったものをほぼ全てヤフオクに出品していました。

よ〜く考えてみると、何気なく持っているものであっても、生きていくために必要なモノってほとんどないことに気付きました。

見栄を張ったり、贅沢したいがためにいろいろなモノを買ってしまってたのだろうな〜とようやく気付きましたね。

これに気付けたことで、極貧生活の必要がなくなった今でも生活費は安いです。

両親への返済を兼ねた住居費で毎月16万払っていますが、それを含めても毎月30万前後しか生活費が掛かっていません。

一時期は、住居費を含めない生活費が7〜10万円前後で暮らしていたこともありましたね〜。

3. 生活費が少なくなれば、稼ぐ金額も多くなくていい

毎月の生活費が少なくなれば、どういうことが起こるか。
生活費が安いほど、毎月稼がないといけない金額の最低ラインも下がります

月に50万円の生活費なら、最低でも50万円稼がないと生活が成り立たないですが、月に15万円の生活費なら、月に15万円以上稼げればなんとか生活は成り立ちます。

つまり、がむしゃらに働かなくてもよくなります

これに気付くか気付かないだけでも、私にとっては衝撃的な発見でした。
このことに気付けたおかげで、漠然としたお金の不安はだいぶ解消されましたよ、ホントに。

一度生活費を下げると、それが当たり前になるので、仕事が軌道に乗ると、利幅がどんどん大きくなって一気に資産が増えていきます。そんなメリットもありますよ。

参考:お金持ちになるためにやるべき3つのステップ

生活費が下がれば稼ぐ金額も少なくていい

4. 収入を増やすには?

私は、収入を増やすことを考えるのは、まずは徹底的に生活コストのムダを省いてからでいいと思っています。

その方が精神的なゆとりも出るし、毎月の支出が少ない分だけ長期的に余裕が出てくるからです。

ある程度、生活コストを下げることができたら収入を増やすことを考えていけばいいと思います。

私は今でこそ仕事を一本化していますが、以前は何してる人ですか?と思われるぐらいいろいろやってました。

いろいろとチャレンジしてみて、自分に合う仕事を見つけるのもいいのかな〜と思います。特にネットを使えば、今ならいろいろできますもんね。

ネットでできそうな仕事は私もひと通り試して今に至っています。

参考:本業・副業問わず、なぜ収入を分散させることが大切なのか
参考:実際にいろいろ試してみてわかった副業のおすすめはこちら

収入を増やすことに関してのアドバイスは私の専門外なので、これ以上は言及しないでおきます。

より細かなステップを知るなら、以下の記事がもっとおすすめです。

さいごに

テカポで撮った自分の写真

私はお金に対する不安を解消するために、生活コストを下げてきました。
生活コストを下げていく過程で、お金に関する知識があればあるほど得する世の中になっているということも知りました。

ことお金に関しては、無知は本当に損になると感じています。ノマド的節約術では、そんなお金に関して勉強してきたことを日々更新し続けています。

何かしら役立てていただけて、お金に対する不安を少しでも減らしていただけるとうれしいです。

お金に対する考え方や仕事への考え方は、以下のページが決定版ですので、合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る