FXトレードするときはスプレッドにも注目しよう!【パンダでもできるFX成績記録 #5】

パパンダの画像

FXの取引を始めて、5か月目のパパンダ(@papanda_life)です!

「初心者だけど、100万円を元手にFX取引をしてみよう!」と思って始めたパンダでもできるFXの連載。

FX取引に「だんだん慣れてきたなぁ」と思っていた時期、さまざまな通貨ペアに手を出してきました。

なんだか、FX取引をやっている気になるんですよね…。
でも取引している通貨ペアが多いほど、管理が大変になってきます。
利益も大きいですが、その分損失も大きい!

だんだんと、USD/JPY(アメリカドル/日本円)だけに絞るようになってきた感じです。
といいつつも、本当に1本に絞れたのでしょうか…。

成長する姿を見てほしいので、パンダでもできるFX成績記録のページを1か月ごとに作ってみることにましたよ。

このページは、毎週土曜日にその週の記録をつけていきますね。

FX取引を始めたころの基本情報について

まずは、FX取引を始めたころの基本情報を紹介します。

開始純資産1,000,000円
初取引日2019年5月9日
利用FX口座マネーパートナーズ
取引通貨単位100通貨

7月から1,000通貨

8月から10,000通貨に変更
レバレッジ1倍

元手の100万円が、どんどん増えてほしい…。

第17回:2019年10月5日時点のレポート

純資産897,736円
資産の損益-102,264円
先週からの損益+8,068円
取引経過日数140日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
行った取引や出来事USD/JPY(アメリカドル/日本円)の1本に絞ってみた

一時期は、あれこれと通貨ペアを取引しまくっていたのですが、ここ最近はUSD/JPY(アメリカドル/日本円)の1本に絞っています。

たくさん取引をしてしまうと、収拾がつきません…。

▼ちょっとずつ、ちまちまと利益をだせればと思います。

そして、月初めの第1金曜日はアメリカの雇用統計発表です!

▼雇用統計が発表される時間になると、「AS」という文字の下にある数値が高くなることを、最近発見しました。

「4.5」になっていますよね。
ここは普段は「0.4」です。

4.5の状態で、10,000通貨の取引を開始るすると、-450円からスタートします。

0.4や4.5の数字の部分をスプレッドといい、実質的な手数料となっているんですよ。

スプレッドってなに?

スプレッドとは、売値と買値の差額のことです。

▼取引の画面には、売値と買値の両方が表示されているんですよ。

【FX】売値と買値

このスプレッドは、先ほど少し紹介したように「実質的な手数料」となっています。
だから、FXの取引会社によって設定が違うんですよ。

僕が利用しているのは、マネーパートナーズのFX nanoです。

▼FX nano用のスプレッドは、以下のようになっています。

【FX】マネーパートナーズ FXnanoのスプレッド
引用元:手数料・スプレッド

USD/JPY(アメリカドル/日本円)は、0.4銭ですね。
この「0.4銭」が、取引画面に「0.4」と表示されています。

ただし雇用統計のように相場が急変する時などには、拡大することがあり、一時「4.5銭」になっているんです。

手数料が取れるときに取っている感じですね!

第18回:2019年10月12日時点のレポート

純資産901,868円
資産の損益-98,132円
先週からの損益+4,132円
取引経過日数147日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
TRY/JPY(トルコリラ/日本円)
MXN/JPY(メキシコペソ/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
EUR/GBP(ユーロ/ポンド)
GBP/AUD(ポンド/オーストラリアドル)
行った取引や出来事複数の通貨ペア取引を再開

2週間ほど、USD/JPY(アメリカドル/日本円)の取引1本にしていたんですが、どうも利益が伸びないので、複数取引を再開してみました。

切り替えが早すぎるパパンダです…。

そのおかげか、微々たるものではありますが、+4,132円にはなりました。

たまたま、右肩上がりになっているチャートが多かったためです。

ただし、やはりというべきか、急にチャートは動きます…。

急に動くと、その影響を受けてしまうが悔しいところです。

第19回:2019年10月19日時点のレポート

純資産913,130円
資産の損益-86,870円
先週からの損益+11,262円
取引経過日数154日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
GBP/JPY(ポンド/日本円)
AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
MXN/JPY(メキシコペソ/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
行った取引や出来事先週に引き続き複数の通貨ペアで取引

この週は、GBP/JPY(ポンド/日本円)にアタフタしたものです…。

自動的に売買ができるシステム、つまり「自動売買」を設定していて、だいたい5,000円でプラスになるか、マイナスになるかで自動決済されます。

うまくいけばいいんですが、マイナスになっていることが多いですね…。

自動売買ってなに?

通常、FXで「買い」や「売り」の注文を出すときには、あとで「売ったり」「買い戻したり」と、再注文を出す必要があります。

でも、なんだかめんどうですよね…。

そんなときは、自動売買でどちらの注文も出してしまえばらくちん!

マネーパートナーズの場合、ASモードと呼ばれています。
ASとは、Auto Select(オートセレクト)の略。

そして、プラスを出したいときの「利食い」と、マイナスを防ぐための「損切り」を設定します。

▼この画面の場合は、50pips(ピップス)です。

【FX】マネーパートナーズFXnanoの自動売買 ASモード

pips(ピップス)は損益の単位で、50pipsに設定して10,000通貨で取引すると、プラスとマイナスは以下のようになります。

  • プラスの時:+5,000円
  • マイナスの時:-5,000円

つまり、pips(ピップス)の設定と取引通貨単位で、変わってくる感じですね。
たとえば、20,000通貨で取引すると、プラスマイナスは10,000円となります。

第20回:2019年10月26日時点のレポート

純資産863,980円
資産の損益-136,020円
先週からの損益-49,150円
取引経過日数161日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
GBP/USD(英ポンド/アメリカドル)
AUD/USD(オーストラリアドル/アメリカドル)
NZD/USD(ニュージーランドドル/アメリカドル)
行った取引や出来事複数の通貨ペアで取引

この週は、とにかくズタボロでした。

▼マネーパートナーズのアプリでは、取引の一覧を見られるのですが、こんな状況。

【FX】マネーパートナーズのアプリ画面

▼結局、このスクリーンショットを撮った日の取引は、以下のようなことになりました。

▼さらに翌日には……。

読みが大外れすると、どんどんマイナスに深みにハマっていきます。

2019年10月の1ヶ月間取引した感想

2019年10月の取引は、後半にズタボロとなってしまい、大きくマイナスが出てしまいました。

USD/JPY(アメリカドル/日本円)の取引に絞ろうと思った矢先、また複数の通貨に手を出してしまったのも、マイナスになった原因です。

取引を始めて5か月目にもなると、慣れてきそうな感じがしましたが、まだまだでしたね。

さいごに

注文を出してもあまり注目せず、流れに身を任せるのも手です。
反対に、ちょくちょくチャートを見て、素早く対応してもいいかも!

いずれにしろ注文を出したからには、「どんな感じなのかな」と心の中で、少しは気に掛けるようにすれば、チャートの波に乗れるかもしれませんね。

次の月は、この点を気を付けたいと思います!

おまけ:FXに関連した記事

このページでは、FXの成績記録について紹介してきました。

取引やFXの買い方について詳しく知りたい場合は、以下もチェックしてみてくださいね。

参考:パンダでもできるFXの記事一覧はこちらから

この記事を書いた人

岡山県在住の主夫Webライター。お金の使い方は「ドケチ」、一方で奥様が「散財系」なので、困っています…。それでも僕としては「お金に愛されている」と思っていますよ。社会保険系・給与系でのお金のこと、福祉的なことをわかりやすく丁寧にお伝えします。あらゆる「手順系」も得意です!

パパンダのプロフィール