三井住友の上位カードだけの特典!ドクターコール24は年中無休24時間相談できる家族の頼れる健康110番

スポンサーリンク

こんにちは。『灯台もと暮らし』編集部の伊佐です。

体調が優れないなと感じる時は、どうしますか?
すぐ病院へ行く、それともしばらくは様子を見ますか?

お子さんの体調が優れない時や、国内旅行中に急遽通院が必要になった場合などは、どうでしょうか。

実は、三井住友カードの上位カードには「ドクターコール24」という24時間・年中無休で健康相談できる無料サービスが付帯されています。

深夜などの時間外や旅先、病院に行くほどでもないけれどやっぱり体調が優れない……という時に電話一本で健康相談ができるサービスがあったら、安心ですよね。

まさにそれはあなた専門の無休の看護師さんがついてくれているようなものです。

このページでは、そんな安心のサービス「ドクターコール24」をご紹介いたします。

ドクターコール24 三井住友の特典

ドクターコール24とは

「ドクターコール24」とは、三井住友カードの上位カードに自動付帯されている24時間・年中無休で利用できる健康相談サービスのことです。

日本国内での急病やケガ、あるいは病院に行くほどではないけれどもちょっと心配なこと、はたまた毎日の生活の中で生じる医療・ストレス・健康の不安について、医師・看護師・保健師などの専門スタッフが電話で24時間・年中無休で相談に応じてくれる画期的なサービス。

しかも相談は無料です。

身近に毎日の健康管理からストレス・急病やケガの対処法まで、信頼できる相談者がいたら嬉しいですよね。

ティーペック株式会社

相談窓口となっているのは、電話健康相談のリーディングカンパニーとも呼ばれているT-PEC(ティーペック株式会社)で、阪神大震災無料健康相談や新潟県中越地震無料健康相談を実施したことでもよく知られています。

資格を持った専門家が常駐している企業が運営しているサービスということなら、安心して利用できるというもの。

ただし、国内限定のサービスになりますので、海外旅行時は残念ながら利用できませんのでご注意を。

どんなことができるの?

あくまでも無料、かつ電話相談になりますので、当然ながら本格的な治療まではできません。

けれど、例えば赤ちゃんが夜中に急な発熱をしてしまった、不意の怪我の応急手当、旅先での医療機関案内など、様々な不安に対応してくれます。もう少し具体的例をみてみましょう。

健康・医療相談・メンタルヘルス相談

「最近疲れているのになかなか熟睡できない」
「ストレスが溜まっていて、精神的に疲れている」
「最近よく頭痛がし、食欲がなくなって視力が落ちてきたような気がするがどうしてだろう?」

育児・介護相談

「赤ちゃんが夜中に急に発熱してしまった」
「赤ちゃんがミルクを飲んだ後、よく吐くので心配」
「家族の介護のことで相談したい」

治療に関する相談

「胃炎で加療中ですが、どんなことに注意したらよい?」
「家族の体調が悪い。どの病院・科に行くのがよいのか?」

上記はほんの一例ですが、日常生活で起こりうる様々な質問に対して、24時間年中無休で、専門家が相談に乗ってくれるのです。

国内旅行のお供としてもおすすめ

見知らぬ土地で体調を崩してしまった場合はどうすればよいのでしょう?

そんな時、「ドクターコール24」に電話すれば、健康相談はもちろん、その土地のおすすめの医療機関、休日であれば救急医療機関の案内までしてくれます。

体調が悪い中、慣れない土地の医療機関を自分で調べて、電話して……というのは思っている以上に体力を消耗する上、不安な気持ちになってしまうものです。

例えば私も、出産したばかりの友人と近場の温泉旅館に旅行した際にこのサービスを利用したことがありました。夜中に、友人の赤ちゃんが夜中に急に発熱してしまったのです。

友人も子育てにまだまだ慣れない中で不安だったのでしょう、救急医療機関に診察をお願いしようか、という話になったのですが、ひとまず「ドクターコール24」に相談したら専門家が赤ちゃんの状態を聞いてくれ、必要な対応方法を教えてくれました。

幸い、そのときは大事には至らなかったのですが、こんな時に相談できる相手がいるのは本当に安心だな、と身を持って体験したのを覚えています。

対象カード

「ドクターコール24」は、三井住友カードの発行するカードのうち、以下のカードで利用できます。

三井住友プラチナカード会員、ゴールドカード会員、プライムゴールドカード会員、エグゼクティブカード会員の方、法人ゴールドカード会員の方

三井住友VISAゴールドカード

何度も述べたように、24時間・年中無休、しかも無料で利用できる安心のサービスですが、そもそも年会費が一般カードよりも高いカード、ということになりますね。

けれど、三井住友ゴールドカードであれば、以下の記事のように年会費を安く持つことも可能です。よろしければ是非こちらも合わせてご覧ください。

利用方法

まず、対象のクレジットカードを手元に用意します。相談の際は、会員番号の最初の8桁・クレジットカード登録の氏名(苗字のみ)・年齢・性別を申し出る必要があります。

この際、会員番号が分からないと利用できませんので、家族カードの発行をしておくと便利な場合もあるかもしれません。

また、繰り返しになりますが、「ドクターコール24」はあくまでも電話による健康相談窓口です。直接診断ではないため、健康相談としてのアドバイスにとどまる、ということは強調したいところです。

三井住友カードの公式サイトにも、「治療上の指示・診断・緊急を要するご相談には応じられない場合がございます。」と注記がありますので、万能ではないこともあわせてお伝えしておきたいと思います。

お問い合わせ窓口

利用する際の具体的な電話番号は以下です。

ドクターコール24
0120-498-024
受付時間/24時間・年中無休

さいごに

さて、いかがでしたでしょうか。クレジットカードには、実はそこまで知名度はないけれど、知っている人は上手に活用している良質のサービスがまだまだ隠れていると言えます。

例えば「ドクターコール24」の場合であれば、体調が優れない時にとりあえず内科の診察を受けたものの、実は耳鼻科の診察を受けるべきだったということや、精神的な疲れによるものだったということもあるでしょう。

そんな時、最初にまず「ドクターコール24」に相談をすれば、はじめから自分にぴったりの診療科・部門を紹介してくれて、無駄な診察費が節約できるかもしれません。

家族の頼りになる健康相談窓口「ドクターコール24」。

三井住友カードの上位カードを保有されている方は、ぜひ上手く活用してみてください。

三井住友VISAゴールドカードの公式ページはこちら

ゴールドカードのお得な使い方などは、以下のページで説明しています。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

伊佐 知美

1986年生まれ、新潟県出身のライター・編集者。2016年4月から株式会社Waseiの社員として「世界一周×仕事」の旅に出発。これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし』編集長、オンラインサロン「編集女子が"私らしく生きるため"のライティング作戦会議」主宰。旅ガイド「ことりっぷWEB」にて「伊佐知美の世界一周さんぽ」連載中。旅と文章とカメラがすき。個人ブログはこちら

執筆メンバの一覧を見る