二十四節気とは?それぞれの名前や時期・意味・歴史について徹底解説

スポンサーリンク

二十四節気(にじゅうしせっき)って聞いたことがありますか?

パッと聞いてイメージしにくいですよね。

でも、以下のような言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

  • 春分
  • 夏至
  • 秋分
  • 冬至

実は、これらはすべて二十四節気の一種なんですよ。

二十四節気は歴史が古く、私たちの生活に根付いているんです。
さらに、二十四節気から生まれた「雑節(ざっせつ)」も、聞いたことがあるものばかり。

そこで、このページでは二十四節気はどんなものなのか、どんな種類・意味なのか、時期はいつなのか、雑節とはなにかといったことについて詳しく紹介しますね。

二十四節気とは?太陽の動きをもとに一年を24等分して季節を表したもの

二十四節気にはどんなものがあるか紹介する前に、二十四節気のとはどんなものかを紹介しますね。

二十四節気は、季節を表すためにつくられた暦です。

太陽の動きをもとにしたもので、1年を24等分しています。
そのため、二十四節気は24種類ありますよ。

二十四節気は6つずつ4グループに分かれ、それぞれ春・夏・秋・冬としています。

二十四節気の一覧

つぎに、二十四節気には実際にどんなものがあるのか紹介していきますよ。

二十四節気は、24の節気(期間)に分かれますが、期間を意味すると同時に、各節気のはじまりの日を指して呼ぶことも多いです。

たとえば「春分」といった場合、立春の期間全体を指す場合と、はじまりの日のみを指す場合とがあります。

「春分の日」「秋分の日」などは、はじまりの日を指していますよ。

また、地球の回転と暦の数え方にズレがあるので、二十四節気の期間も年によっては1日前後ずれるときがあります

▼二十四節気とそれぞれのはじまりの日は、以下のとおりですよ。

季節二十四節気はじまりの日(新暦)語源
立春(りっしゅん)2月4日または2月5日春の気配が感じられてくる時期
雨水(うすい)2月18日または2月19日雪が雨に変わり、暖かくなりはじめる時期
啓蟄(けいちつ)3月5日または3月6日暖かくなって、虫がうごめきはじめる時期
春分(しゅんぶん)3月20日または3月21日春の中間の時期
清明(せいめい)4月4日または4月5日暖かくすがすがしい時期
穀雨(こくう)4月20日または4月21日雨が降って、種まきや苗を育てる時期
立夏(りっか)5月5日または5月6日夏の気配が感じられてくる時期
小満(しょうまん)5月21日または5月22日いろいろなものが成長する時期
芒種(ぼうしゅ)6月5日または6月6日稲や麦などの穀物の種をまく時期
夏至(げし)6月21日または6月22日夏の中間の時期
小暑(しょうしょ)7月7日または7月8日暑さが厳しくなりはじめる時期
大暑(たいしょ)7月23日または7月23日一年でもっとも暑い時期
立秋(りっしゅう)8月7日または8月8日秋の気配が感じられてくる時期
処暑(しょしょ)8月23日または8月24日暑さがやわらいでくる時期
白露(はくろ)9月7日または9月8日草花に朝露が降りはじめる時期
秋分(しゅうぶん)9月23日または9月24日秋の中間の時期
寒露(かんろ)10月8日または10月9日朝露が寒さで冷える時期
霜降(そうこう)10月23日または10月24日霜が降りはじめる時期
立冬(りっとう)11月7日または11月8日冬の気配が感じられてくる時期
小雪(しょうせつ)11月22日または11月23日雪がちらつきはじめる時期
大雪(だいせつ)12月7日または12月8日本格的に雪が降りはじめる時期
冬至(とうじ)12月21日または12月22日冬の中間の時期
小寒(しょうかん)1月5日または1月6日寒さが厳しくなりはじめる時期(寒の入り)
大寒(だいかん)1月20日または21日一年でもっとも寒い時期

なお、まれにこの表の期間よりもさらに前後にずれることもあります。

▼円にして表すとわかりやすいですね。

二十四節気のなかで、以下はよく聞く名前ではないでしょうか。

  • 立春
  • 春分
  • 立夏
  • 夏至
  • 立秋
  • 秋分
  • 立冬
  • 冬至

二十四節気は、以外と身近なんですよ。

二十四節気のうち重要なものは「八節」と呼ばれる

二十四節気のうち、とくに重要視されているものをまとめて「八節(はっせつ)」と呼びますよ。

八節は「四立(しりゅう)」と「二至二分(にし にぶん)」に分かれます。
さらに、二至二分は「二至」と「二分」に分かれるんですよ。

▼八節は、以下のとおり。

四立立春
立夏
立秋
立冬
二至夏至
冬至
二分春分
秋分

四立は、春夏秋冬のはじまりを感じはじめる時期を意味しています。

いっぽう、二至は昼が一番長いとき(夏至)と短いとき(冬至)を意味しますよ。

二分は昼夜の長さが同じときを意味し、二分の時期を過ぎると、昼夜の長さが逆転します。

旧暦は実際の季節とのズレが大きかったので二十四節気が必要だった

ところで、新暦が導入される前にも旧暦(太陰太陽暦)という暦があったのに、なぜ二十四節気がつくられたのかが気になりませんか?

ここからは、二十四節気がなぜ必要だったのかを紹介していきますね。

日本では、明治5年まで旧暦が使用されていました。

旧暦は、月の満ち欠けを基準に決められたものです。
月が完全に欠けた状態から、満月になってふたたび完全に掛けた状態に戻るまでを1ヶ月としました。

しかし旧暦の欠点として、実際の季節感とのズレが生じます。
だいたい3年で1ヶ月分のズレが生じていました。

そこで、3年に1度「閏月(うるうづき)」を入れて13ヶ月の年をつくることで調整していたのです。

でも、3年に1度調整するとはいえ、実際の生活する上で季節感がズレると困りますよね。
とくに農業などには大きな影響があります。

そのため、季節感を毎年一定に保つために二十四節気が考えられたのです。

二十四節気は、太陽の動きを元にしているので、季節感のズレが小さいのが特徴。
日本の生活や文化は、稲作を中心にしたものでしだったので、重宝しました。

二十四節気は古い時代の中国が起源

二十四節気がどんなものかを紹介しましたが、ここからは二十四節気の歴史について紹介していきますね。

二十四節気の起源ですが、古い時代の中国で生まれました。

諸説ありますが、二十四節気は春秋戦国時代(しゅんじゅう せんごく じだい)の中華大陸、黄河(こうが)下流域で誕生したといわれています。

おもに、農業や年中行事の目安にされていました。

その後、飛鳥時代だった6世紀ごろに日本へ伝来したといわれています。
日本でも農業や行事の目安で便利だったので取り入れられ、定着しました。

二十四節気の名前や時期は日本の実際の気候とズレている

さきほど、二十四節気の各種類について紹介しましたが、名前や時期・語源を見て不思議に思いませんでしたか?

実際の気候と、二十四節気の名前や時期・語源がズレていますよね。

これは、二十四節気が中国で生まれたことに関係しています。

二十四節気は黄河下流域で生まれたとされているので、名前や語源は、黄河下流域の気候を元に作られているんですよ。

日本に伝来したとき、名前や時期を含めて、二十四節気はほぼそのまま取り入れられたといわれています。

黄河下流域と日本は距離が離れていますので、当然気候も違います
二十四節気の名前や時期・語源と実際の気候がズレているのは、そのためなんですよ。

日本の気候とのズレを調整するために「雑節」が生まれた

せっかく季節感を把握して農業などに生かすための二十四節気なのに、実際の季節感とズレていたら困りますよね。

そこで、二十四節気を季節の目安としつつ、一年の重要なポイントとなる時期だけは、日本オリジナルの季節の目安をつくりました。

これを「雑節(ざっせつ)」といいます。
雑節は全部で14種類ありますよ。

▼雑節は、以下のとおりです。

雑節時期(新暦)意味
土用(どよう)
冬の土用
立春の直前約18日間。
立春は2月4日または5日。
季節の変わり目を意味し、体調を崩しやすいので精のつく食べ物を食べる。
節分(せつぶん)立春の前日。2月3日・4日ごろ。冬と春の季節の変わり目に邪気払いをして、無病息災を願う。
社日(しゃにち)
春社(しゅんしゃ)
春分にもっとも近い戊(つちのえ)の日。
3月下旬。
地域の守護神(産土神=うぶすながみ)を祭り、五穀豊穣を願う。
彼岸(ひがん)
春の彼岸
春分の前後3日を合わせた7日間。人間の世界と死者の世界がもっとも近くになる日のため、先祖供養をおこなう。
土用(どよう)
春の土用
立夏の直前約18日間。
立夏は5月5日または6日。
季節の変わり目を意味し、体調を崩しやすいので精のつく食べ物を食べる。
土用(どよう)
夏の土用
立秋の直前約18日間。
立秋は8月7日または8日。
季節の変わり目を意味し、体調を崩しやすいので精のつく食べ物を食べる(ウナギなど)。
八十八夜(はちじゅうはちや)5月2日前後。
立春から88日目。
農業の重要な作業をする目安。野菜などの種まき、茶摘み、田植えの準備作業など。
入梅(にゅうばい)6月11日前後。梅雨がはじまる(梅雨入り)時期。実際の梅雨入りとは異なる。田植えをする目安。
半夏生(はんげしょう)7月2日前後。田植えを終わらせる目安。
二百十日(にひゃくとおか)9月1日前後。
立春から210日目。
秋雨(あきさめ)の時期でもあり、台風や暴風雨などの災害がおきやすく、気をつける。
二百二十日(にひゃくはつか)9月11日前後。
立春から220日目。
秋雨(あきさめ)の時期でもあり、台風や暴風雨などの災害がおきやすく、気をつける。
社日(しゃにち)
秋社(しゅうしゃ)
秋分にもっとも近い戊(つちのえ)の日。
9月下旬。
地域の守護神(産土神=うぶすながみ)を祭り、豊作を感謝する。
彼岸(ひがん)
秋の彼岸
秋分の前後3日を合わせた7日間。人間の世界と死者の世界がもっとも近くになる日のため、先祖供養をおこなう。
土用(どよう)
秋の土用
立冬の直前約18日間。
11月7日または8日。
季節の変わり目を意味し、体調を崩しやすいので精のつく食べ物を食べる。

土用は四季ごと4回社日と彼岸は春と秋の2回ありますよ。

意外と耳にしたことがあったり、節分や彼岸のようによく知られたものもあったりしますね。

さいごに

二十四節気や雑節という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、二十四節気や雑節の種類のなかには、なじみ深いものが以外とたくさんあるのではないでしょうか。

また、聞いたことがあっても意味や時期についてよく知らないものもありますよね。

二十四節気や雑節を知って、季節感をもって生活してみると、新たな発見があるかもしれませんよ。

おまけ:日本の風習・伝統行事についての記事一覧

日本に昔からある風習や伝統行事は、たくさんあります。

それぞれ紹介したページがありますので、以下のページも見てみてくださいね。

おまけ:五節句も気になりませんか?

ノマド的節約術では、五節句について詳しく紹介しているページもあります。
ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

岡山県出身、広島県在住のライター。現在、仕事と育児に奮闘中。元 鉄道会社の社員なので、交通系の記事が得意。ほかに地域文化やグルメ、写真などに強い。吉備エリア(岡山県・広島県東部)の情報を発信するサイト「きびナビ」を運営中。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!