2019京都時代祭の日程・時間はいつ?最寄り駅からのアクセスや有料チケットの買い方も紹介

スポンサーリンク

時代祭(じだいまつり)は、毎年10月22日に開催される平安神宮の大祭です。
明治28年にはじまったこのお祭りは、平安遷都1100年を記念したもの。

2,000人の市民が明治維新から延暦時代まで、それぞれの時代の民族衣装に身をつつみ、街中を練り歩く行列が見どころのひとつです。

このページでは、そんな時代祭の日程やアクセス、有料席などについて紹介していきますね。
時代祭に行く予定があるなら、ぜひ参考にしてみてください!

時代祭の基本情報(2019年)

まずは、時代祭の基本情報を確認していきましょう。

  • 参役宜状授与祭:10月15日(火)13:30~
  • 前日祭:10月21日(月)10:00~
  • 神幸祭、行在所祭、行列進発、還幸祭:10月26日(土)7:00~
  • 時代祭後日祭:10月27日(日)10:00~

時代祭は、毎年10月22日に行われるのですが、今年は皇居宮殿で「即位礼正殿の儀」が行われるため、一部日程が変更になりました。

今年は元号が変わった年なので日程は変わるものの、通常は例年15日~23日にお祭りが行われますよ。

時代祭ってどんなお祭り?

時代祭は、京都市でおこなわれる平安神宮の大祭です。
「葵祭」「祇園祭」と並ぶ京都三大祭のひとつで、平安遷都1100年を記念して明治28年にはじまりました。

お祭りは、10月15日におこなわれる「参役宜状授与祭」、21日の「前日祭」、22日の神幸祭・行在所祭・行列進発・還幸祭、23日の時代祭後日祭の4つ。

なかでも人気が高いのは22日(2019年は26日に開催)におこなわれる時代風俗行列です。

時代風俗行列では、2,000人もの市民が平安京が造営された延暦時代から明治維新時代まで、時代ごとの衣装に身をつつみ、京都御所から平安神宮までの道のりを練り歩きます。

明治維新のときに活躍した坂本龍馬や高杉晋作、桂小五郎をはじめ、織田信長、足利尊氏、楠木正成など、歴史の授業でもおなじみの人物もたくさんいるので、歴史好きも必見のお祭りです!

その時代、時代の華やかな衣装に身を包む行列は、まさに京都の街にぴったり。
日本の和の趣を楽しみたいのなら、おすすめのお祭りですよ。

時代祭の場所・最寄駅・アクセス方法

時代祭の主な会場は、京都御所と平安神宮周辺です。
それぞれの会場へのアクセスは次の通り。

【京都御所】

  • 地下鉄烏丸線「今出川駅」より徒歩5分
  • 市バス「烏丸今出川」より徒歩5分

【平安神宮】

  • 市バス5系統・洛バス100号・110号系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車後、北へ徒歩5分
  • 地下鉄東西線「東山駅」より徒歩10分

駐車場について

時代祭のメイン会場である京都御所や平安神宮には、専用の駐車場がありません。
車で行く場合は、周辺に有料のコインパーキングを利用しましょう。

ただし、時代祭の当日は、会場周辺に交通規制がかかるので駐車場探しのときには気をつけてくださいね。

渋滞していたり、空きがある駐車場がなかなか見つからない可能性もあるため、電車やバスで行くのがおすすめですよ。

もし手荷物が多い場合は、京都駅のコインロッカーで荷物を預けてから行くと移動が楽になります。
コインロッカー情報は、こちらをチェックしてみてくださいね。

時代祭の有料観覧席について

時代祭の時代風俗行列が行われる26日(土)には、巡行がゆっくりと見られる有料観覧席が設けられます。

2019年の有料席は、9月3日(火)より販売されていますよ。
観覧場所や通過時間は、次の通りです。

【一般席】

  • 観覧場所:京都御苑 (正午ごろ)、御池通 (12:50ごろ)、平安神宮道 (14:20ごろ)
  • 料金:2,500円(全席指定・パンフレット付き)

※( )内の時間は、時代風俗行列が通過する時間の目安。

なお、チケットは以下の場所で購入可能です。

【時代祭まなび席】

  • 観覧場所:御池通のみ
  • 料金:5,000円(全席指定・パンフレット・ガイド無線機付き)
  • 席数:208席
  • チケット販売所:楽天チケット、CNプレイガイド、セブンイレブン、ファミリーマート、京都市河原町三条観光情報コーナー

【英語解説付き席】

  • 観覧場所:御池通のみ
  • 料金:4,100円(全席指定・パンフレット・ガイド無線機付き)
  • チケット販売所:楽天チケット、関西ツーリストインフォメーションセンター京都(JTB)、京都総合観光案内所(京なび)、京都市河原町三条観光情報コーナー

コンビニやチケットぴあで購入すると、発券手数料が110円別途必要になるので、「少しでも節約したい」という場合は、それ以外のところで購入するのがおすすめ。

有料席のチケットはすでに発売されているため、有料席で観覧することが決まっている場合は、早めに購入しておくと安心ですね。

詳しい情報は、京都オフィシャル観光サイト「京都観光Navi」で紹介されていますよ。

参考:京都オフィシャル観光サイト「京都観光Navi」時代祭有料席案内ページ

泊まりで京都観光するときのホテルもチェックしてみよう

時代祭を見にいくときに、「せっかくだから周辺ホテルに泊まって京都観光を楽しみたい」と考えることもあるかと思います。

時代祭の会場付近にあるホテルの一部は次の通りです。

  • ウエスティン都ホテル 京都
  • 京都ブライトンホテル
  • 京都ガーデンパレス
  • 京都ホテルオークラ
  • N ロイヤルパークホテル ザ京都・・・など

予約をするときは、宿泊料金が比較できるサイトをつかえば、ホテル代の節約につながります。

検索するときに「時代祭 周辺」「時代祭 ホテル」というように入力すると、近くにあるホテルが一覧表示されるので、探しやすくなりますよ。

京都観光をするならレンタル着物でぶらり歩きもおすすめ

京都の街を歩いていると、着物姿で観光を楽しんでいらっしゃる方をよく見かけます。

京都の街には華やかな着物がよく合い、趣があっていいですよね。
写真映えもするので、観光のときにもぴったりだと思います。

もし「着物を着て京都観光を楽しみたい」という場合は、レンタル着物がおすすめですよ。
ガイドブックなどにも、レンタル着物のお店情報がたくさん掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。

特にきものレンタルwargoは、着物代、着付け代、小物(かんざしなど)代、ヘアセット代が全部込みで2,900円(税抜)からとリーズナブルな料金で利用できます。

プランをもうワンランクあげれば、オシャレなアンティーク着物も可能です。
キッズの着物もあるので、家族で着物を借りたいというときにもおすすめですよ!

さいごに

時代祭は、延暦時代から明治維新までの時代ごとの衣装を身につけた市民2,000名による行列が見られるお祭りです。

現代とはちがった衣装に身を包み、街を練り歩く様子を見れば、きっと京都ならではの情緒が感じられますよ。

会場である京都御所や平安神宮の周辺にも、観光スポットや食事ができるお店もいろいろあります。
お祭りを楽しんだあとは、ぜひ京都観光も満喫してみてくださいね!

▼ほかの京都三大祭についてはこちらをチェック。

おまけ:京都観光を検討している方へ

京都観光を検討しているときに、交通費や入場料が安くなるとうれしいですよね。
そんなときは、よかったらこちらもあわせてチェックしてみてください!

▼交通費の節約

▼入場料の節約

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

NANA

1988年生まれ。神戸在住のフリーライター。趣味は観劇と旅行。ポイントやクーポンを活用して、お得に生活するのが大好きです。節約もしていますが、好きなことにはお金を使うタイプ。お金の使い方にもメリハリをつけて、毎日の暮らしを楽しんでいます。

執筆メンバの一覧を見る