第二新卒とは?転職で成功するための5つのポイント・新卒との違いを解説

中山 宏太郎の画像

こんにちは!
第二新卒で転職をした、ライターの中山です。

新卒入社した会社で数年働くと「他の会社に転職したい・違う仕事をやってみたい・もっと給料が欲しい」と思うようになりませんか?

私も新卒入社した会社で2年間働いたときに、他の仕事に挑戦してみたくなり転職しました。

ただ第二新卒での転職は、新卒の就職活動とは異なります。

「第二新卒ってなに?」と思っている人もいるかもしれません。

そこでこのページでは第二新卒と新卒の違い、第二新卒が転職で成功するための方法を紹介します。

第二新卒で転職を検討しているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

第二新卒とは?転職で成功するためのポイント

第二新卒とは?

第二新卒とは、大学後の入社から3年以内に転職する人を意味しています。

たとえば私は新卒で入社した会社を2年勤めて転職したので、第二新卒での転職でした。

自分が第二新卒での転職を検討しているなら、「企業側って第二新卒をどれぐらい採用するのかな?」と疑問になりますよね。

実は第二新卒を積極的に採用している企業は増えています。

マイナビの調査によると、第二新卒の採用を積極的に行なっている企業は全体の62.2%を占めています。

つまり第二新卒は企業側にも求められており、転職するいいチャンス!

もし第二新卒で転職を検討しているなら、良いタイミングなので、ぜひ前向きに活動してみてはいかがでしょうか。

第二新卒と新卒の違いを把握しよう

第二新卒で転職しようと思っても、転職経験がないので「新卒の就職活動との違いはあるのか?」と疑問に思いますよね。

私も第二新卒という言葉を聞いたときに「新卒と同じようなものじゃないか?」と混乱したので、その気持ちはよくわかります。

第二新卒と新卒の違いは、社会人として経験を積んでいるかどうか。

第二新卒は社会人として経験を積んでいるので、企業側からは仕事の実績やビジネスマナーをチェックされます。

企業側のメリットとしては、新卒のようにビジネスマナーを教える手間がかからないことです。

一般的にビジネスマナーが身についているかどうかは見られると思ってくださいね。

第二新卒の転職を成功させるための5つのポイント

第二新卒は転職に向いているタイミングですが、失敗するかもしれません。

せっかく今よりもいい環境を目指して転職するなら、失敗は避けたいですよね?

そこでここからは、第二新卒が転職で失敗せず、成功するための方法を5つ紹介します。

  • ビジネスマナーが身についていることをアピールする
  • 転職したい理由を明確に伝える
  • 自分の実績をまとめておく
  • 熱意や意欲を伝える
  • 転職エージェントを利用する

第二新卒で転職を検討しているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職したい理由を明確に伝える

第二新卒の転職では、企業側に「またすぐに仕事を辞めるのでは?」と思われてはいけません。

企業は採用や人材育成にお金や時間がかかるため、なるべく長期間働いてくれる人を求めています。

対策としては、その企業に転職したい理由を明確に伝える方法がオススメです。

たとえば「その会社でしかできない仕事がしたい・会社のビジョンに共感した」などの前向きな理由を伝えましょう。

自分が転職したい思いが相手に伝われば、すぐに仕事を辞めるかもしれないというマイナスイメージも打ち消せます。

ビジネスマナーが身についていることをアピールする

第二新卒は一定の社会人経験を積んでいるため、ビジネスマナーが身についていることが前提とされます。

なので面接時は「自分がビジネスマナーを身につけいること」をアピールしましょう。

「自分はビジネスマナーがわからない」と不安になるかもしれませんが、安心してください。

ビジネスマナーは知識さえあれば、簡単に身につけられます。

しかも重点的にチェックされるのは面接時ぐらいなので、面接でのマナーさえ対策しておけば大丈夫ですよ。

自分の実績をまとめておく

転職するときに大事なのは、実績を客観的に伝えることです。

たとえば営業マンなら、自分の売上を実数でアピールするのが、もっとも効果的。

「私は新規営業担当で、新しいクライアントを10社契約して、昨年比150%を達成しました。」といわれると、「この人は採用すれば利益が増えそう」と思いますよね?

ポイントは、なるべく数字や具体例を出して客観的に説明することです。

「自分は〇〇が得意です!」といっても、具体例やエピソードがないと、本当に得意かどうかの判断ができません。

なので自分の実績を数字や具体例を出しつつ、客観的に説明できるようにしておくといいですよ。

熱意や意欲を伝える

第二新卒は、ポテンシャル・やる気・熱意での採用も多いです。

マイナビの調査によると、第二新卒の採用で重視したポイントは「入社意欲の高さ」がもっとも多くなっています。

企業としても、意欲やモチベーションの高さはかなり重視しているようですね。

なので転職活動のときは、自分の熱意・やる気を伝えると効果的!

ただむえりをして「やる気があります!」といって嘘くさいので、最後のひと押しとして使うのがオススメですよ。

自分が転職したい理由・今までの実績を伝えたあとに、熱意をアピールすることで、印象がグッと良くなります。

私も面接では自分の明るさ・やる気を伝えて、無事採用されました。

やっておいて損はないので、切り札として使ってみるといいですね。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、転職のプロがサポートしてくれるサービスです。

第二新卒で転職を検討しているなら、今まで転職したことない可能性もありますよね?

第二新卒は新卒で入社して3年以内の転職になるので、多くの第二新卒にとって転職は初めての経験だと思います。

今まで経験したことないチャレンジになるので、少しでも成功確率をあげるために、転職エージェントの利用はオススメ!

転職エージェントは、面接日程の調整・書類の作成といった面倒な作業を代行してくれます。

私も経験あるのですが、本業が忙しいと、なかなか転職活動に時間を使えません。

本業で疲れてしまって「また今度やろう」と思っていたら、全然転職活動が進んでないこともありますよね。

転職エージェントを利用すれば、忙しくても安心して転職活動に臨めます。

また利用料が一切かからないので、うれしいポイントですよね。

採用が決まった場合は、企業側からエージェントに報酬が支払われる仕組みなので、利用者はお金を払わなくてOK!

第二新卒向けの転職エージェントだと「就職Shop」や「ウズキャリ」がありますよ。

以下の記事でも、20代にオススメの転職エージェントを紹介しているので、気になるならチェックしてみてくださいね。

さいごに

第二新卒は、企業側も積極的に採用しています。
もし自分が第二新卒で転職を検討しているなら、いいタイミングだと思いますよ。

ただ新卒とは違い、すでに社会人経験があることを前提としているので、覚えておきましょう。

また第二新卒の転職で成功したいなら、このページで紹介したことをぜひ参考にしてみてくださいね。

私は第二新卒で転職してみると、環境がかなり良くなって、「転職して良かった」と思いました。

転職は自分の環境を大きく変えるチャレンジなので、不安もあると思います。

「転職に対して不安がある」「転職が失敗するんじゃないかと心配」なら、転職エージェントの利用がいいですよ。

転職のプロが手厚くサポートしてくれ、気軽に相談も乗ってくれます。

このページでオススメの転職エージェントを紹介しているので、詳しく知りたいならチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人

フリーで編集・ライターをしています。 以前はお金の管理が苦手で、給料日前には銀行口座に一切お金がないこともありました。今は節約方法やお金の考え方を学ぶことで、毎月貯金をしつつ、投資信託も運用しています。 得意ジャンルはビジネス・キャリア・キャッシュレス。