漢方スタイルクラブカードからnanacoチャージでの付与ポイントが激減!2015/6/1から

スポンサーリンク

還元率が1.75%で有名な漢方スタイルクラブカードから、利用者にとっては残念なお知らせとともにハガキが届きました。

漢方スタイルクラブカードの大きなメリットの1つであった、nanacoへのクレジットチャージによるポイント付与数が少なくなることになりました。

2015年6月1日からです。

2015/5/4追記:
その後、どんな考え方を持って新しいクレジットカードを選んだのかを改めて書いてみました。

nanacoクレジットチャージのポイント付与減額の詳細

漢方スタイルクラブカードからnanacoへのクレジットチャージでポイント付与数が少なくなります。

いずれはこんな日が来るだろうとは思っていましたが、ついにこの時がやってきてしまったという印象ですね。今までがお得すぎたので、適正な状態になったといえます。

漢方スタイルクラブカードでnanacoチャージした時のポイントが下がる
なにしろパソコン編集長さんより画像提供↑

nanacoへのクレジットチャージでのポイント付与は、以下のように変わります。

  • 2015/5/31まで(一括):2,000円で7ポイント(35円分還元)
  • 2015/5/31まで(リボ):2,000円で7ポイント(45円分還元)
  • 2015/6/1以降:2,000円で1ポイント(5円分還元)

nanacoチャージでも還元率1.75%だったのが、0.25%に減額になります。もともとの7分の1ですね。

2015年5月31日までは、今まで通り使えます。いきなり変更になるわけではないので、その点だけはありがたいですよね。

普通に漢方スタイルクラブカードを使う分には何も変わらない

今回変更になるのは、漢方スタイルクラブカードからnanacoへチャージする時のポイント数だけです。

買い物する時に使う分には相変わらず1.75%の還元率で使えます。全部が全部0.25%に下がってる訳ではないので、安心してくださいね。

追記:
これも1.5%に下がることになりました。

nanacoに漢方スタイルクラブカードからチャージするのをメインに使っている方は悲報かもしれませんが、それ以外の方は特に気にせず今までと同じように使えば大丈夫です。

今後どうすればいいか?

漢方スタイルクラブカードからnanacoへのチャージでポイント付与数が下がってしまったことで、今まで税金支払に使っていた方は今後対策が必要です。私も含めて。

今後できることを改めて考えてみました。

6月までに漢方スタイルクラブカードにチャージする

2015年5月31日までは、漢方スタイルクラブカードからnanacoにチャージしても1.75%のポイントが貯まります。

今すぐにできることは、手持ちのnanacoに満額チャージしておくことです。1枚のnanacoに最大10万円(センター預かり5万円含む)までチャージできます。

支払える税金などは5月31日までに一通り支払っておくのが一番です。

6月以降に支払いになるであろう住民税の支払いに向けては、1枚のnanacoに10万円までチャージしておくことで、少しは足しになると思います。

リクルートカードや楽天カードに乗り換える

漢方スタイルクラブカードでのnanacoチャージができなくなることで、他のカードを検討しようと思う方もいるかもしれません。

他のカードであれば、まだ使えるところもあります。

代わりになる候補の筆頭が「リクルートカード」です。リクルートカードは年会費無料で還元率が1.2%にもなります。

年会費が税抜で2,000円かかるリクルートカードプラスだと、還元率は2.0%にもなり、漢方スタイルクラブカードよりもお得感があります。

リクルートカードの詳細は以下のページでより分かるようになっています。

リクルートカードを使った場合のポイントは、リクルートポイントやPontaポイントとして使えます。

Pontaポイントにすると、ローソンで使えます。一気に身近な感じになりましたね。お試し引換券を使うことで1ポイントの価値を高めつつ美味しいものが食べれます。

リクルートカードのイメージ

もう1枚の候補は、楽天カードのJCBブランドです。楽天カードJCBだと、nanacoへのクレジットチャージで、楽天スーパーポイントが貯まります。

還元率は1%ですが、ポイントの使い勝手の良さは、リクルートカードよりも上だと思います。

2015年4月から、もう1枚有力な候補が出ました!
Yahoo! JAPANカードです。

Yahoo! JAPANカードは年会費無料で還元率1%のカードになります。しかもTポイントが貯まるので、使い勝手も抜群。

nanacoへのチャージでTポイントを貯めるには、JCBブランドのカードを選ばないといけませんので、その点だけ注意してくださいね。

Tポイントカードとして普段使いにも便利です。

代わりのカードも同じ道を辿る可能性がある

今のところは、リクルートカード楽天カードが代わりの候補になります。

しかし今後、漢方スタイルクラブカードと同じ道を辿る可能性もありますので、その点を理解した上で違うカードを使うようにしましょう。

税金支払だけに使うのであれば、年会費無料でポイントが使いやすいカードを使う方がムダがなくてお得です。

リクルートカード楽天カードは、その点優れていると思います。

万一、リクルートカード楽天カードでもnanacoチャージができなくなってもそれほど痛手にはならないからです。

nanacoにクレジットカードでチャージできる仕組みは、普通では考えられないほどお得な仕組みです。

いずれはなくなる可能性が高いと思います。なくなる前までにこの方法を使い倒して、特に税金支払を間接的に安くしていきましょう。

私はこの方法を使って、税金支払を年間で4万円も安くできました。めちゃくちゃ助かってます!

もし、nanacoチャージのカードを変更するなら、以下のページでやり方を説明しています。

その後、どんな考え方を持って新しいクレジットカードを選んだのかを改めて書いてみました。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

松本 博樹

このサイト「ノマド的節約術」の運営者。収入ゼロから始まった節約生活の日々で身に付けたお金の知識を紹介しています。 詳細プロフィールは別ページにあります。お金に対する考え方・ポリシーはこちら。

執筆メンバの一覧を見る

このページをシェアする!