仕事を辞めたいと思う5つの理由・やるべきこと6つを20代で辞めた経験から紹介します

スポンサーリンク

こんにちは!
20代で仕事を辞めた経験のある中山(@kobutoriniki)です。

仕事をしていると、辛いことがあったり人間関係で悩んだりして「仕事辞めたい」と思うことありませんか?

私も仕事がハードすぎて、会社を辞めたことがあるので、その気持ちはよく分かります。

ただ仕事を辞めようと思っても、同僚や周りの人には相談しにくいですよね。

そこでこのページでは、仕事を辞めたいと思う理由・仕事を辞めたい人がやっておくべき準備について説明します。

実際に20代で仕事を辞めた私の体験も交えながら説明するので、仕事を辞めたいと思っているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

仕事を辞めたいと思う5つの理由

毎日働いていると、仕事で大変なこともあります。

最初は我慢したり気持ちを切り替えたりすることで乗り切れますが、大変なことが重なっていくと、仕事を辞めたいと考えますよね。

そこでここからは、働いていて仕事を辞めたいと思う理由について説明します。

仕事が辛い

仕事内容が大変だったり、自分に合ってなかったりすると、働くのがどんどん辛くなりますよね。

私はテレビ局の営業マンでしたが、毎日の接待が辛くて、会社に行くのが憂鬱になっていました。

入社するときには「たくさんのお客さんに営業して売上を作るぞ!」と意気込んでいましたが、毎日の仕事が大変すぎて、ただただ辛い気持ちでいっぱいでした。

単純にハードな仕事もあれば、退屈でおもしろくない仕事もあると思います。

どんな形であっても、仕事に対して辛い気持ちがあり毎日の仕事を楽しめなくなると、仕事を辞めたいと考えるようになりますよね。

人間関係が悪い

会社の人間関係が悪いと、仕事するのが大変になりますよね。

例えば、会社でいじめがあったり、パワハラ上司に潰されてしまうこともあるかもしれません。

私がいた会社はパワハラが当たり前で、毎日怒鳴られていたので、精神的に消耗していました。

あまりにも辛かったので他の会社に転職したら、パワハラが一切ありませんでした。

「思い切って、別の環境を選んで良かった」と思っています。

複数の人間が集まって仕事すれば、関係性が悪くなることもありますよね。

しかし「これは仕事できるレベルじゃない」と思うような悪い環境もあるので、そういう場合は違う環境に移動する方がいいですよ。

会社の人間関係に馴染めないこともあるかもしれませんが、自分が悪いわけではなく相性も問題なので、自分を責めないでくださいね。

給料が安い

会社によっては「こんなに働いているのに給料が低い!」と思うこともあるかもしれません。

会社員で給料が増えるには、出世手当して役職がつくか、毎年の昇給の2つの方法しかないです。

ただ出世するのは時間がかかり、他の同僚と競争しなければいけません。

また毎年の昇給は3,000〜4,000円が相場になっており、5年勤めたとしても15,000〜20,000円の給与アップです。

昇給は会社側の負担が大きいため、実施してない場合もあるので、自分の会社が昇給を実施しているのかチェックしておくといいでしょう。

会社員で給料を増やすのは難しいため、給料が安いと悩んでいるなら、他の会社に転職するのがいいと思います。

労働時間が長い

厚生労働省は月の残業を45時間までとしていますが、会社によっては上限を大きく超える場合もあります。

そもそもの仕事量が多かったり、残業するのが当たり前だったりすると、自分だけ残業せずに帰るのも気が引けますよね。

私も前職が残業の多い会社で、毎日遅くまで仕事をしていました。

帰るのが遅くなるとプライベートの時間もなくなり、精神的にも疲れてしまうので、かなり消耗していましたね。

みんなが残業している会社なら、自分だけ早く帰るのは難しいので、転職を検討してみるのもいいですよ。

将来性を感じない

20代は、これからのキャリアも考えないといけません。

若くて可能性もある年代なので、少しでも将来性のある会社で働きたいですよね。

私は新卒でマスコミ業界に入社したのですが、業界が先細りしており、売上は年々下がっています。

「このままでは自分も業界の衰退に巻き込まれてしまう」と思い、可能性のあるIT系の会社に転職しました。

IT系はどんどん伸びている業界で、会社に勢いもあったので、モチベーション高く働くこともできましたね。

もし自分の働いている会社に将来性がなさそうであれば、会社を辞めるのもいいと思います。

「仕事を辞めたい」という気持ちを大事にしよう

仕事を辞めたいという気持ちは、大事にした方がいいと思います。

なぜなら、その気持ちは自分が無意識に発しているSOSのサインだから。

仕事を辞めたいと思うなら、必ずその理由がありますよね。

例えば私の場合は、連日続く接待や会社でのパワハラがかなり辛くなっていました。

自分では耐えているつもりだったのですが、日に日に「仕事を辞めたい」という気持ちが大きくなっていき、最終的には仕事を辞めました。

仕事を辞めたいという気持ちがあったからこそ、辛い日々から自分が救うことができたと思っています。

会社は長年働いたほうがいいという考え方もありますが、辞めたいと思っているなら、その気持ちを大事にしてくださいね。

限界がきて、自分が壊れてしまう前に動いたほうがいいですよ。

仕事を辞めたいと思う人がやるべきこと

仕事を辞めたいと思っても、準備なく辞めてしまうのはおすすめできません。

仕事を辞めたあとも生活はあるので、自分が生きていけるような準備が必要です。

また会社員は全ての手続きを会社が行ってくれますが、会社を辞めると自分で手続きするしかありません。

「準備が必要といわれても、なにをやればいいのか分からない」と困るかもしれせんが、大丈夫ですよ。

事前に必要なものが分かれば、準備もできます。

ここから仕事を辞めたいと思う人がやるべきこと・準備した方がいいことを説明します。

貯金しておく

仕事を辞めてからも、毎日の生活は続いていきます。

家賃・食費・水道光熱費の支払いもあり、お金は必要です。

なので、仕事を辞めてからも問題なく生活できように、ある程度の貯金をしておいたほうがいいですよ。

具体的には、2〜3ヶ月分の生活費があれば、余裕を持った転職活動もできます。

ただ「貯金がないから、必要な金額が貯まるまで仕事を辞めることができない」と思うかもしませんが、どうしても辞めたいなら、貯金よりも自分を優先した方がいいですね。

有給を使い切る

有給は会社員に与えられた権利です。

会社を辞めるまでに、できる限り有給は使い切った方がいいですよ。

辞めることを伝えたあとに有給が使えなくなるケースもあるので、早めに使っておきましょう。

私は会社に辞めることを伝えたあとに有給を使おうとしたのですが、退職日が近かったので、全て使い切ることができませんでした。

会社としても辞める社員に有給を使ってほしくないと思うので、なるべく有給は早めに使うことをおすすめします。

また会社によって有給を買い取ることもありますが、通常よりも安い金額での買取になる可能性もあるので、できれば有給は普通に使う方がお得ですよ。

失業保険の受給を忘れない

会社員の場合は雇用保険がかかっているので、退職後に失業保険を受給できます。

失業保険とは「働きたいけど就職してない人」に対して、給料の6〜7割を給付してくれる制度です。

失業中は大きな収入源になるので、失業保険を受け取っておくことをおすすめします。

私も仕事を辞めたときに、そこまで貯金をしてなかったので、失業保険には助けられましたね。

手続きはハローワークで行うので、辞めたあとすぐに手続きできるように、調べておきましょう。

税金の支払いを確認しておく

会社員は会社が勝手に税金の支払いをしてくれます。

私も会社員だったときは「税金ってなに?給料から天引きされるもの?」ぐらいにしか思っていませんでした。

しかし会社を辞めたあとに税金の支払いがきて、一気にお金がなくなったのを覚えています。笑

支払い義務があるものは、住民税・国民健康保険・国民年金の3つです。

私のように税金の支払いで困らないためにも、どれぐらいの税金支払いがあるのか、税金の支払いができる貯金はあるか?などをチェックしておきましょう。

困ったら会社の会計係の人に確認するか、役所にいけば教えてくれますよ。

できれば次の仕事を決めておく

転職を検討しているなら、次の仕事は早めに決めておく方がいいです。

会社を辞めてから転職活動をしていると、無収入の期間があるため、お金の余裕がなくなっていきます。

どんどん減っていく貯金を意識しながら、転職活動をするのは、精神的にも辛いはず。

私は次の仕事を決めずに退社したので、転職先が決まるまでは「このまま生きているのかな?」と不安になりましたね。

できれば仕事を辞めることを決意したタイミングで、次の転職先を探しておきましょう。

転職エージェントに登録しておく

転職を検討しているなら、転職エージェントの利用がおすすめですよ。

転職エージェントは、転職のプロが面倒な転職活動を手厚くサポートしてくれるサービスです。

例えば「仕事が忙しくて転職活動する暇もない」という場合でも、転職エージェントを使えば、効率よく転職活動ができますよ。

企業のリストアップ・履歴書の作成・面接日程の調整など、手間がかかる作業を代行してくれるので、かなり便利です。

しかも転職エージェントの利用にお金は一切かかりません。

採用が決定した場合は企業側から転職エージェントに報酬が支払われる仕組みになっているんですね。

転職エージェントは仕事を辞めて転職を検討している人の強い味方なので、ぜひ使ってみてください。

さいごに

毎日仕事をしていると「仕事辞めたい」と思う瞬間もありますよね。

私も20代で仕事を辞めたので、その気持ちはよく分かります。

もし自分が「仕事辞めたい」と思って、会社に行くのが辛いなら、自分の気持ちを大事にしてくださいね。

仕事を辞めたいという気持ちは、自分から無意識に出ているSOSのサインかもしれません。

20代はキャリアの選択肢も広くて、可能性もあるので、他の会社に転職するのもいいと思いますよ。

ただ突然辞めると困ることも多いので、このページで紹介した方法を使ってみてくださいね。

また20代向けに転職活動の解説記事もあるので、こちらも合わせて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

フリーで編集・ライターをしています。自分の体験を元にした「分かりやすい記事」を書きます。 得意なジャンルは「働き方・レビュー記事」です。

執筆メンバの一覧を見る