東京から香川への行き方を飛行機・夜行バス・新幹線・特急列車で比較。安く移動できる手段は?

スポンサーリンク

先日、四国の香川県に行ってきました。

私は東北出身で今は関東に住んでいる東の人間なので、四国地方にはなかなか縁がないはずなのですが、なんと四国には3回行ったことがあります。

しかもそのすべてが香川県

香川県にはなぜか縁があるようです。

香川県は日本一面積の小さい県ですが、おいしい讃岐うどんや「こんぴらさん」という名で知られる金刀比羅宮など、魅力のたくさん詰まったすてきな県ですよね。

私は香川県が大好きです!

讃岐うどん

そんな香川県ですが、いざ行くとなると、どの交通手段で行くのがいいんだろうと思うことはないでしょうか。

そこでこの記事では、東京から香川までの考えられる各交通手段について、所要時間やコストなどの面を比較しながら紹介していこうと思います。

東京駅から高松駅に行くための交通手段

まず、香川県といってもいろいろありますので、県庁所在地である高松市の高松駅を目的地として紹介していきますね。

香川県の高松駅

また、東京は東京駅を出発地とします。

これから紹介する交通手段は以下の4つです。

  1. 夜行バス
  2. 飛行機
  3. 新幹線+特急・快速列車
  4. 新幹線+高速バス

表記はすべて片道運賃、2019年9月現在の、割引などを適用しない一般運賃となります。

料金などは今後変わる可能性がありますので参考として見ていただければ幸いです。

1. 夜行バス

まず、お金のない学生の味方、夜行バスです。
他の交通手段と比べて、とにかく安い

ただ、どうしても時間がかかってしまいます。
体力と気力が必要ですね。

日本最大級の高速バス比較サイト「バス比較ナビ」によると、東京駅と高松駅をつなぐ夜行バスは、以下の2つのバス会社が運行しているようです。

  • JR四国バス
  • 琴平バス

ただし、東京駅ではなく新宿駅と高松駅間となると、さらに以下の2つのバス会社でも運行していますよ。

  • 四国高速バス
  • 西東京バス

新宿駅からの方が都合がいいという場合は、そちらから乗る方が移動距離が短いのでいいかもしれないですね。

金額

最安値:約5,700円
最高値:約11,800円

所要時間

約10時間15分〜11時間40分

旅程例 (JR四国バスの場合)

東京駅八重洲 – 20:50発

高松駅 – 翌朝07:16着

2. 飛行機

次は空の旅、飛行機です。

東京から高松までは、JALANAジェットスターの3社が運航しています。

ちなみにJALとANAは羽田空港、ジェットスターは成田空港からの出航ですので注意して下さいね!

各航空会社の公式サイトからも予約できますが、skyticketスカイスキャナーなどの検索・予約サイトからフライトを比較して探すこともできますよ。

金額

ANA:31,690円〜
JAL:33,390円〜
ジェットスター:4,990円〜

所要時間

約1時間15分〜40分

旅程例(ANA便 羽田空港発の場合)

羽田空港 – 12:05発

高松空港 – 13:25着

3. 新幹線+特急・快速列車

東京から香川県に新幹線1本で行くということはできません。
2019年現在、四国には新幹線が通っていないためです。

そのため、新幹線を利用して香川県に行くには、まず岡山県の岡山駅まで新幹線で行くことになります。

東海道新幹線ののぞみ

その際は「のぞみ」に乗ることをおすすめしますよ。
「ひかり」や「こだま」にすると、停車駅が多くて時間がかかってしまうからです。

そして岡山駅でJR快速マリンライナーに乗るか、もしくはJR特急しおかぜに乗り、宇多津駅でJR快速サンポート南風リレー号に乗り換えて高松駅に行くという方法になりますね。

金額

東京駅発 → 岡山駅着:新幹線「のぞみ」(自由席の場合) … 16,300円
岡山駅発 → 高松駅着:JR快速マリンライナー・高松行 … 1,510円

合計:17,810円

新幹線を利用する場合は、エクスプレス予約を使うと指定席を安く購入できますよ。

所要時間

約4時間半

旅程例

東京駅 – 08:10発(新幹線)

岡山駅 – 11:23着
岡山駅 – 11:42発(JR)

高松駅 – 12:35着

4. 新幹線+高速バス

先ほどの、新幹線+特急・快速列車を利用する場合は岡山駅まで新幹線で行くのがいいですが、新幹線+高速バスの組み合わせで行くなら、新幹線は新大阪駅で下車するのがいいですよ。

大阪から香川(高松)までは昼行バスが運行しており本数もそれなりにあります。
主に以下のバス会社が運行していますよ。

  • フットバス
  • JR四国バス

せっかくだから大阪に立ち寄って観光してから香川に行こうという場合は、この方法もあるかもしれませんね。

金額

東京駅発 → 大阪駅着:新幹線「のぞみ」(自由席の場合) … 13,620円
大阪駅発 → 高松駅着:高速バス(フットバス利用の場合) … 4,100円

合計:17,720円

所要時間

約6時間

旅程例

東京駅 – 09:50発(新幹線)

新大阪駅 – 12:23着
新大阪駅 – 12:31発(JR)

大阪駅 – 12:35着
大阪駅 – 12:55発(高速バス)

高松駅 – 16:04着

この旅程例は大阪での滞在時間を最短にした場合です。
3の新幹線+特急・快速列車の場合と比べ、合計金額はさほど変わらないのに、所用時間はかかってしまうので、大阪に滞在する予定がないなら選ぶ選択肢ではないですね。

ただし、大阪から高松までの高速バスの4,100円は通常料金なので、早割などの割引サービスを利用するとかなり安く利用することも可能です。

そのため、場合によってはこの方法も十分ありだと思いますよ!

私がよく利用する交通手段

私は、香川県高松市に行くなら飛行機を選択しますね。

過去3回中2回、飛行機を利用しました。

他の1回は、香川に行く前に名古屋と大阪に寄る予定があったので、夜行バスで名古屋まで行き、在来線で大阪まで行き、高速バスで香川まで行きましたね。

当時は若かったこともあり、またいかにコストを抑えるかを重視していたので、そのようなプランを立てましたが、体力的にはかなりきつかったです…

飛行機は格安航空会社(LCC)のジェットスターを利用すれば、かなり低価格で高松空港まで行くことができますよ。

機内へまでの途中

ジェットスターの場合は成田空港からのフライトになるので、成田まで行く必要があります。

ただ、東京駅から成田空港までは高速バスや電車などの交通手段を利用すれば、約1時間ほどで着きますよ。

フライト時間はだいたい1時間15〜40分程度なので、空港での待機時間などを考えても、そこまで長時間の移動にはならないかなと思います。

ただ個人的に、もしコスト面を抑える必要がないのなら、新幹線+特急列車で高松まで行く方法も試してみたいですね。

飛行機は地に足が着いていない感じがどうも苦手で、できれば乗りたくないので…(笑)。

さいごに

今回は東京から香川まで行く方法について、各交通手段ごとにまとめてみました。

それぞれメリット・デメリットがあるし、時間やコストとの兼ね合いもありますので、一概にどの移動手段が最適だというのはないと思います。

ただ、時間もお金も、かけなくていい物はなるべくかけない方がいいですし、自身の体も大事にしなくてはいけません。

そのときの状況によって、ベストな移動手段を選びましょう!

ちなみに飛行機を利用する場合は、以下のサイトでフライト検索&予約ができるのでおすすめですよ。

スポンサーリンク

このページをシェアする!

ノマド的節約術の裏話

ブログでは公開していない情報をメールやLINEで受け取れます。無料で登録可能ですので、下記のボタンよりお気軽にご登録ください!

この記事を書いた人

Yuki

1987年生まれ、埼玉県在住。大学卒業後に一人暮らしを始め、同時に節約生活を開始。目的のために貯めては使い、貯めては使いでなかなか増えませんが、30代になったのでしっかり貯金を増やしていきたいです。

執筆メンバの一覧を見る