FXトレードを始めて3か月経過した結果は…?【パンダでもできるFX成績記録 #4】

パパンダの画像

FXの取引を始めて、4か月目のパパンダ(@papanda_life)です!

「初心者だけど、100万円を元手にFX取引をしてみよう!」と思って始めたパンダでもできるFXの連載。

だんだんと、FX取引に慣れてきた感じがします。
最初は100通貨単位で始めた取引も、取引が3か月目になったタイミングで10,000通貨単位に変更しました。

うまくいけば、1日に数千円~10,000円くらいは利益が出せるときもあります。
その反対もありますが…。

利益が出るってことは、「あ、このチャートパターンだと大丈夫そう」と、なんとなくわかってきているのかもしれません。
そ、そうでありたい。

さらにパターンを把握し、もっと上手に取引したい!
そしてどうせなら、成長する過程を見てもらいたいと思っています。

だからパンダでもできるFX成績記録のページを1か月ごとに作ってみることにましたよ。

このページは、毎週土曜日にその週の記録をつけていきますね。

FX取引を始めたころの基本情報について

まずは、FX取引を始めたころの基本情報を紹介します。

開始純資産1,000,000円
初取引日2019年5月9日
利用FX口座マネーパートナーズ
取引通貨単位100通貨

7月から1,000通貨

8月から10,000通貨に変更
レバレッジ1倍

元手の100万円が、どんどん増えてほしい…。

第13回:2019年9月7日時点のレポート

純資産894,830円
資産の損益-103,170円
先週からの損益+8,703円
取引経過日数112日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
GBP/JPY(ポンド/日本円)
AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
TRY/JPY(トルコリラ/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
GBP/USD(ポンド/アメリカドル)
NZD/USD(ニュージーランドドル/アメリカドル)
AUD/NZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)
EUR/GBP(ユーロ/ポンド)
GBP/AUD(ポンド/オーストラリアドル)
行った取引や出来事その時の気分で取引

この週は、8,703円のプラスとなりました。
1日でこのくらいプラスになることもあれば、マイナスにもなります。

そして、プラスマイナスでよい結果になるわけですね。

日々10,000円くらいプラスであれば、1週間で50,000円くらい増える計算にはなりますが、これがなかなか難しい!

大きくプラスを得たいのなら、瞬発的にチャートが上がるときにスキャルピングをすればよいと思います。

スキャルピングとは、数秒から数分という短い時間の取引を行うこと

うまくいけば利益が得られます。
でもその反面、流れを間違うと大きなマイナスになるので、ほぼ賭けです…。

何度となくスキャルピングで取引をして、ちょっとずつ利益を重ねていくイメージですね。

また、2019年9月6日は、第一金曜日なのでアメリカの雇用統計発表がありました。

▼チャートが大きく動く傾向があるので、3画面開いて構えていましたよ!

【FX】取引画面を3つ出す

ただ、こんな時に限ってそれほどの動きはなく、あまり意味がなかったです。

アメリカの雇用統計ってなに?

FX取引を始めると、「雇用統計に注目!」などと目にすることがあります。
でも、最初はなんのことだか、さっぱりわかりませんよね…。

雇用統計とは、失業率や非農業部門雇用者数をまとめた情報です。

アメリカ雇用統計は景気を反映しており、発表後には為替レートが大きく動くことだってあるんですよ。

だからこそ、注目なのです!

▼雇用統計の詳しいことについては、こちらのページに詳しく紹介しています。

スキャルピングのメリットとデメリット

何事にもいえることですが、スキャルピングにもメリットとデメリットがあるんですよ。

▼まずはメリットから。

  • 急な変動でも大きな損失が出にくい(通貨数が少ない場合)
  • 資金を効率よくまわせる
  • 自分の時間にあわせて取引できる

▼次はデメリットです。

  • 短時間で細かく取引をするので1回の利益が少ない
  • 集中力が必要で精神的負担が多い
  • 取引のタイミングを見極めるスキルが必要

自分の勘だけでは、スキャルピングはなかなか難しいってことですね。

第14回:2019年9月14日時点のレポート

純資産914,477円
資産の損益-85,523円
先週からの損益+19,647円
取引経過日数119日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
MXN/JPY(メキシコペソ/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
AUD/USD(オーストラリアドル/アメリカドル)
NZD/USD(ニュージーランドドル/アメリカドル)
AUD/NZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)
EUR/AUD(ユーロ/オーストラリアドル)
GBP/AUD(ポンド/オーストラリアドル)
行った取引や出来事なんとなくチャートがわかってきた?
アプリのオシレーターをRCIにしてみる
パソコンのオシレーターはRSI

▼この週は、とりあえず右肩上がりになっているチャートをみつけ、エントリーしていきました。
このチャートパターンは、今までの取引経験でだいたい勝てています!

【FX】右肩上がりのチャート

ただし、そのままプラスになる場合もあれば、予想が外れてマイナスになることもありましたよ。

つまりは、相場はそうそう簡単な動きをしない!ってことですね。
改めて、そう思いました。

▼スマホアプリで、オシレーターに「RCI」を設定してみましたよ。

【FX】オシレータ:RCI

「ほほぅ、RCIを見れば、なんとなくチャートの流れがわかるぞ」と気づきたました。
たぶん。

翌週の取引からは、RCIの活用決定です!

チャートパターンって決まっているものなの?

FX取引を続けていると、なんとなく利益がでそうなチャートがわかってきます。

▼一番簡単なのは、さきほど紹介した「右肩上がり」のパターンです。

【FX】右肩上がりのチャートパターン

そうそうないんですが見つけたら、すぐに「買い」の注文を入れています!

この反対のチャート、「右下に向かって下がっている」パターンがでれば、「売り」の注文です。

このように、自分で気づいたパターンを見つけていくのも、FX取引のおもしろみだと思っていますよ。

RCIってなに?

RCIは、Rank Correlation Index(ランク コーリレイション インデックス)の略で、日本語では「順位相関指数」といいます。

ちなみに、マネーパートナーズでは、パソコンの取引画面にRCIはなく、アプリにはありました。

▼以下の画面、下側にあるのがRCIです。

【FX】オシレータ:RCI

▼この場合、中期の「赤い線」と、上側にあるチャートの上がり下がりが、RCIと一致しています。

【FX】RCI

▼つまり、赤い線が上がり始めたら「買い」注文をだして、下がり始めて「売り」注文をだせば、利益が出せるわけですね。

【FX】RCI

でも、そうそううまくはいかないところが、FX取引です…。

オシレーターってなに?

オシレーターとは、「振り子」のこと。
正しくは、オシレーター系指標といいます。

振り子のように動く、「買い手(買い注文)」と「売り手(売り注文)」の需要バランスから、相場の過熱感に注目しているんですよ。

▼たとえば、さきほど紹介したRCIは、「買われすぎ」や「売られすぎ」を表しています。

【FX】オシレーター系指標:RCI

タイミングがわかれば、注文を出しやすいですよね!

RSIも、RCIと同じくオシレーター系指標です。
「70」を超えると買われすぎで、「30」を下回ると売られすぎを示します。

▼この画面のRSIは、「70」をずっと超えているので、買われすぎが続いている状態ですね。

【FX】RSI

第15回:2019年9月21日時点のレポート

純資産889,623円
資産の損益-110,377円
先週からの損益-24,854円
取引経過日数126日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
GBP/JPY(ポンド/日本円)
AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
NZD/USD(ニュージーランドドル/アメリカドル)
EUR/AUD(ユーロ/オーストラリアドル)
EUR/GBP(ユーロ/ポンド)
行った取引や出来事アプリのオシレーターをRCIにしてみたが、さっぱり読み切れずマイナスが続く

先週の終わりに、アプリのオシレーターをRCIにして取引してみることに決めました。
当初は、「いいもの見つけた!」と思ったんですが……。

結局のところ、チャートを読み切れず約24,000円ものマイナスとなってしまいました。

▼加えて、以下のような甘い思いも。

  • このチャートは下がり気味だから、この先も下がっていくだろう
  • 先週はうまくいったんだから、今週もうまくいく

チャートは常に同じ動きをしているわけではないので、この思いはダメですね。

▼雲に足が少し入ったけど、雲で跳ね返されると思ったもったんです。
「買い」注文を出したけど、結果はチャートが下がっていき、マイナスでした…。

【FX】雲で跳ね返らなかった

雲ってなに?

とは、一目均衡表で使われることばです。

▼一目均衡表とは、売買の均衡バランスをみるチャートのことで、以下のような画面のもの。

【FX】一目均衡表

▼「雲」は、この表の「ボヤァ~」としている部分のことです。

【FX】一目均衡表の雲

この雲の上側でチャートが動いていると「上昇トレンド」、反対に雲の下側でチャートが動いていると「下降トレンド」と考えられます。

▼このチャートは、雲の上側で動いているので、上昇トレンドと考えれますね。

【FX】雲の上にチャートがあるので、上昇トレンド

とてもわかりやすいんですよ。

第16回:2019年9月28日時点のレポート

純資産889,668円
資産の損益-110,332円
先週からの損益+45円
取引経過日数133日
取引通貨ペア USD/JPY(アメリカドル/日本円)
行った取引や出来事USD/JPY(アメリカドル/日本円)の1本に絞ってみた

この週は特に大きな動きはなく、取引をUSD/JPY(アメリカドル/日本円)の1本にしぼってみました。
その結果、+45円のプラス。

すっごく微妙…。

大きくマイナスになったり、それでもプラスを生み出していましたが、気づけば微増でした。

アプリのオシレーター「RCI」も、引き続き確認していましたよ。

ずっと確認しているわけにはいかないので、「そろそろ上がりそうだな、下がりそうだな」ってタイミングで、早めに取引を終了。

▼取引の結果は、こんな感じなんですよ。

【FX】取引結果

2019年9月の1ヶ月間取引した感想

2019年9月の取引は、先月と違い大損することはなく、ただ淡々と取引の日々が過ぎていきました。

変化は、アプリのオシレーターに「RCI」を設定したことです。

こういうものは、使ってみないとわからないもの。
そして使ってみて初めて、自分に向いているかそうでないかがわかります。

結果、チャートの動きもわかってくる!
そうでありたい!

この先も、まだ知らないものを試し、「どんどんとFXに詳しくなっていきたい!」と思いましたよ。

さいごに

ただなんとなくFX取引をしているだけでは、大きくプラスを出せません。

いろいろな取引をしてき、自分にあった方法を見つけるしかありませんね。

おまけ:FXに関連した記事

このページでは、FXの成績記録について紹介してきました。

取引やFXの買い方について詳しく知りたい場合は、以下もチェックしてみてくださいね。

参考:パンダでもできるFXの記事一覧はこちらから

この記事を書いた人

岡山県在住の主夫Webライター。お金の使い方は「ドケチ」、一方で奥様が「散財系」なので、困っています…。それでも僕としては「お金に愛されている」と思っていますよ。社会保険系・給与系でのお金のこと、福祉的なことをわかりやすく丁寧にお伝えします。あらゆる「手順系」も得意です!

パパンダのプロフィール