みずほWalletの使い方・Mizuho SuicaとSmart Debitのバーチャルカードを発行する方法を解説

パパンダの画像

キャッシュレス決済が、だんだんと世の中に浸透してきたと思いませんか?

そもそも、クレジットカード自体もキャッシュレスですよね。
でもクレジットカード自体を持ち歩かなくてはいけません…。

「だったらスマホ決済でしょ!」と思うかもしれませんが、チャージなどが少々面倒だし、支払管理も難しい。

「それなら銀行口座から直接引落可能な、デビットカード!」でしょうか。

今までデビットカードは、カードタイプを持ち歩かなくてはいけませんでした。
でも、みずほ銀行がサービスを提供している「みずほWallet」を利用すると、スマホ1つあれば十分なんです!

Mizuho Suica」と「Smart Debit」を発行できるんですよ。
ただ初めての場合は、どうやって手続きをすればいいのかわかりませんよね。

そこでこのページでは、「みずほWallet」のこと、「Mizuho Suica」と「Smart Debit」を発行する手順などを、画像付きで詳しく紹介します。

みずほWalletの使い方・Mizuho SuicaとSmart Debitのバーチャルカードを発行する方法

みずほWalletとは?

みずほWalletとは、みずほ銀行がサービスを提供する、キャッシュレス決済の一種のことです。

スマホを利用するので、スマホ決済ともいえるかもしれないですね。

一般的なスマホ決済は、登録した銀行口座からチャージをするか、もしくは登録したクレジットカードを利用する仕組みです。

みずほWalletは、自身のみずほ銀行口座から決済金額が即時引き落としされます。
つまりは、デビットカードのようなサービスなんです。

利用可能なスマホは、iPhoneとAndroidに対応しています。

気になるのは手数料などですよね。
でも安心してください。

登録、決済などの利用料や年会費は無料です。

みずほWalletの特徴:iPhone版(iOS版)

みずほWalletのいiPhone版(iOS版)から紹介しますね。
僕もiPhoneを使っているので、いったいどんな特徴があるのか、とても気になります!

iPhone版の特徴は、登録すると2つの決済方法を持てる点です。

  • Mizuho Suica
  • Smart Debit

どちらもApple Payに登録して使用します。

「Mizuho Suica」は「Suica」と名前がついているとおり、交通系電子マネーのSuicaのこと。
通常のSuicaと同じような使い方ができます。

「Smart Debit」は、スマホ版のデビットカードのことです。
Apple PayではQUICPayとして使用できます。

▼なお使用できる条件や年齢などが、もうけられていますよ。

種類使用可能年齢
Mizuho Suica日本国内在住で満13歳以上、みずほ銀行に普通預金口座を持っている個人
Smart Debit日本国内在住で満15歳以上(中学生を除く)、みずほ銀行に普通預金口座を持っている個人

Smart Debitのほうが、少しだけ厳しめですね。
みずほ銀行口座を持っていることが、一番の重要点。

また機種は、iPhone 7以降でApple Payが使えることも、さらに重要です。

みずほWalletの特徴:Android版

みずほWalletのAndroid版は、iPhone版と違い「Smart Debit」のみ発行されます。

▼使用でいる条件(年齢など)は、以下のとおりです。

種類使用可能年齢
Smart Debit・日本国内在住で満15歳以上(中学生を除く)、みずほ銀行に普通預金口座を持っている個人
・もしくは、みずほJCBデビットを契約済である

支払い方法は、QUICPayとなります。

なお機種としては、Android 5.0以降でNFC/FeliCa対応であることが最大の条件です。

みずほWalletの使い方

みずほWalletって、なんとなく便利そうな感じがしますよね。
でも、実際にどんな使い方をすればいいのか、気になるところ。

もともとiPhoneでApple Pay、AndroidでFeliCa対応機種を使っている場合は、「いつもと同じだよ」といえば、わかってもらえるかと思います。

ただ、初めて使う場合って想像がつきませんよね。
でもとても簡単なので、安心してくださいね。

基本的に、レジに置いてある読み取り機にスマホを近づけるだけなんです。

▼たとえば、コンビニのレジの読み取り機は、こんな感じ。

【みずほWallet】カード読み取り機

▼ほかには、以下のような読み取り機もあります。

【みずほWallet】吉野家の読み取り機

わからなくても、店員さんが「こちらにタッチしてください」と親切に教えてくれますよ。

注意する点は、Mizuho SuicaとSmart Debitとで、会計のときに店員さんに伝えることばです。

支払方法店員さんに伝えることば
Mizuho Suica「Suicaで支払います!」
Smart Debit「QUICPay(クイックペイ)で支払います!」

「みずほWalletで支払います!」とは伝えないほうがいいですよ。
きっと店員さんは「??」という表情になってしまいます。

▼iPhoneで支払う場合ですが、Mizuho Suicaでの支払いは以下を表示。

【みずほWallet】Mizuho Suica

▼Smart Debitは、以下を表示しましょう。

【みずほWallet】Mizuho Debit

▼実際にTSUTAYAでSmart Debitを使って、支払ってみたときのレシートです。

【みずほWallet】Mizuho Debitで会計したレシート

支払方法がQUICPayになっていますよね。

▼アプリ内で口座情報が確認できるのですが、Smart Debitはデビットカードなので即座に引落されていました。

【みずほWallet】Mizuho Debitで支払った額がすぐに引落

Mizuho Walletの発行に必要なもの

Mizuho Walletの発行をする前に、準備しておきたいものがあります。

▼手続きの途中、以下の2通りにわかれるので、自分がどちらなのかを把握し準備しましょう。

  • 普通預金口座を持っている(ネットバンクを利用していない)
  • みずほダイレクトを持っている(ネットバンクを利用している)

▼Mizuho Walletを発行するために必要なものは以下です。

普通預金口座みずほダイレクト
・キャッシュカードの暗証番号
・メールアドレス
・みずほダイレクトお客さま番号
・ログインパスワード
・第2暗証番号

▼また、みずほダイレクトの場合、契約状況によっては「第2お客さま暗証番号」の代わりに、以下のいずれかが必要となります。

  • ワンタイムパスワードアプリ
  • ワンタイムパスワードカード
  • トークン方式ワンタイムパスワード

Mizuho Suicaの発行方法

みずほWalletの特徴や準備するものがわかったあとは、実際に発行をしてみましょう!
Mizuho Suicaの発行方法から紹介します。

なお、画像はiPhone版(iOS版)です。

▼まずは、アプリをダウンロードしましょう。

【みずほWallet】アプリをダウンロード

▼ダウンロード後に、アプリのアイコンを押すと、アプリからの通知を求められます。
僕は「許可」を押しました。

【みずほWallet】通知を許可

▼公式キャラクターの「あおまる」が、みずほWalletの魅力を案内してくれます。
順番に見てもいいですし、画面右上の「スキップ」を押してもかまいません。

【みずほWallet】アプリの説明

▼「はじめる」を押します。

【みずほWallet】「はじめる」を押す

▼「アプリ利用規定」のページに移動しました。
下まで利用規定を読んで、画面右下の「同意する」を押しましょう。

【みずほWallet】同意する

▼「閉じる」を押します。

【みずほWallet】閉じる

▼Mizuho SuicaとSmart Debitの両方を発行したいので、上側のMizuho Suicaを選びました。

【みずほWallet】Mizuho Suicaを発行する

▼この先の手続き方法が書かれていますね。約5分で終わるとのこと!
では「OK」を押しましょう。

【みずほWallet】OK

▼「みずほWallet利用規約」のページに移動しました。
文章をよく読み、画面右下の「同意する」を押します。

【みずほWallet】同意する

▼Mizuho Suicaのチャージ用口座を入力しましょう。
設定する口座は、もちろんみずほ銀行ですよ。
「支店名」「口座番号」を入力後、画面右上の「次へ」を押します。

【みずほWallet】支店名、口座番号

▼名前の「漢字」と「フリガナ」を入力しましょう。

【みずほWallet】姓名、フリガナ

▼「性別」「生年月日」の入力です。

【みずほWallet】性別、生年月日

▼「携帯電話番号」「郵便番号」を入力しましょう。

【みずほWallet】携帯電話番号、郵便番号

▼「みずほダイレクト」の画面に移動しました。
この先は、以下の2通りにわかれます。

  • 普通預金口座を持っている(ネットバンクを利用していない)
  • みずほダイレクトを持っている(ネットバンクを利用している)

【みずほWallet】みずほダイレクト

僕は、みずほダイレクトの契約があるので、「みずほダイレクトをご利用のお客さまはこちら」を押して進みますね。

▼「お客さま番号」を入力し、「みずほダイレクトログイン」を押します。

【みずほWallet】みずほダイレクトのお客さま番号

▼セキュリティの質問を答えていきましょう。

【みずほWallet】みずほダイレクトのセキュリティ

▼「ログインパスワード」を入力し「ログイン」します。

【みずほWallet】ログインパスワード

▼みずほダイレクトにログインできました。
内容を確認し、「次へ」を押しましょう。

【みずほWallet】次へ

▼次の画面では、「第2暗証番号入力」の画面が出てくるので入力し、「口座振替申込」を押します。

【みずほWallet】第2暗証番号

「ワンタイムパスワード」を利用している場合は操作が違うので、画面の指示に従ってくださいね。

▼「収納企業のサイトへ戻る」を押します。

【みずほWallet】収納企業のサイトへ戻る

▼チャージする金額を選び、「次へ」を押しましょう。
チャージの金額は、以下の金額から選べます。

  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 15,000円

【みずほWallet】チャージ金額

▼「パスコードを設定」しましょう。
2回入力しますよ。

【みずほWallet】パスコード設定

▼iPhoneの生体認証も使用できます。

【みずほWallet】生態認証

▼「Apple Payにカードを追加」の画面に移動しました。
「次へ」を押しましょう。

【みずほWallet】Apple Payにカードを追加

▼「利用規約」に目を通し、「同意する」を押します。

【みずほWallet】同意する

▼Apple Payに「カードの追加」ができました。
「完了」を押しましょう。

【みずほWallet】カード追加完了

▼みずほWalletの画面に戻ります。
青いSuicaが発行されていますね!

【みずほWallet】すぐにSmart Directを発行する

メッセージで「設定された口座ですぐにSmart Debitを発行できます」とあるので、そのまま「発行する」を押しましょう。
「あとで」を押すと、再度口座情報などを入力する手間があります…。

Smart Debitの発行方法

さきほどの画面からの続きです。

▼Smart Debitの利用規約のページに移動するので、内容を確認後に「同意する」を押しましょう。

【みずほWallet】同意する

▼「メールアドレス」を入力します。

【みずほWallet】メールアドレス

▼「Apple Payにカードを追加」画面に移動するので、「次へ」を押しましょう。

【みずほWallet】Apple Payにカードを追加

▼「利用規約」を確認し、「同意する」を押します。

【みずほWallet】同意する

▼QUICPayのロゴが出てきましたね。
「完了」を押しましょう。

【みずほWallet】QUICPay

▼みずほWalletの画面戻るので、「閉じる」を押します。

【みずほWallet】QUICPay

▼Smart Debitが発行されました!

【みずほWallet】Smart Direct

▼Apple Payにも、Mizuho SuicaとSmart Debitの両方がキチンと登録されていますね。

【みずほWallet】Mizuho SuicaとSmart Direct

これで完了です。
お疲れ様でした!

Mizuho SuicaとSmart Debitが使える時間帯

Mizuho SuicaとSmart Debitには、利用可能時間があります。
それぞれ紹介しますね。

▼まずは、Mizuho Suicaのチャージ可能な時間帯から。

曜日時間
平日24時間
土曜日0時~22時
日曜日8時~24時

▼つぎにSmart Debitの利用可能な時間帯です。

曜日時間
平日24時間
土曜日0時~22時
日曜日8時~24時

Mizuho Suicaと同じですね。
両方とも、「深夜の時間帯は使えない」と覚えておくといいかもしれません。

でも、ちょっと不便な感じがします…。

たとえば、Mizuho Suicaを使い電車に乗るとして、土曜日の22時以上に「あ!残高がない!チャージしなきゃ」と思ってもできませんよね。

気を付けたいところです。

Mizuho Suicaが発行できない原因と対処法

Mizuho Suicaを発行したくても、できないかもしれませんよね。
そんなときは、原因を知っておくと解決の早道となりますよ。

▼考えられる原因は、以下のとおりです。

  1. 発行しようとしているiPhoneが、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8Plus、日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7Plusではない
  2. チャージ用に登録する口座の残高が1,000円未満
  3. Androidの端末に、FeliCaが搭載されていない
  4. Androidの端末に、別ウォレットでQUICPayが登録されている

▼対処法としては、以下が考えられます。

  1. 発行可能なiPhoneに機種変更する
  2. 口座の残高を増やす
  3. FeliCa搭載のAndroidの端末にする
  4. ウォレットですでに登録されているQUICPayを削除する

キャンペーンを利用するとお得!

サービスが開始した直後は、キャンペーンをやっていることがありますよね。
Mizuho Walletでは、以下のキャンペーンがありましたよ。

▼2019年8月29日~2019年12月15日のキャンペーン。

【みずほWallet】キャンペーン
引用元:みずほWalletご利用感謝キャッシュバック

Mizuho Debitを利用すると20%還元って大きいですよね。
最大10,000円のまであるのも最高です。

50,000円までいけるので、ちょっとした家電の買い替え時にはいいですね。

また、iPhone版(iOS版)のMizuho Suicaも20%還元!!
チャージ額の最大1,000円をキャッシュバックしてくれるので、5,000円チャージするとお得ですね。

さいごに

キャッシュレス決済の種類が、どんどん増えていますよね。
みずほWalletもその1つ。

メガバンクであるみずほ銀行がサービスを提供しているので、なんだか安心感もあります。

ただキャンペーンに惹かれて作った場合、使わなければ意味がありません。
また、登録しただけで使わないのも、なんだか労力だけ使って疲れてしまいますよね。

スマホ決済などは、あれこれ情報に振り回されず、自分に合ったものを設定するのが一番ですよ。

「みずほWalletが自分にはバッチリ!」という場合は、積極的に使っていきましょう!

おまけ:その他のスマホ決済

ノマド的節約術では、その他のスマホ決済についても詳しく紹介しているページがあります。
ぜひ見てみてくださいね。

この記事を書いた人

岡山県在住の主夫Webライター。お金の使い方は「ドケチ」、一方で奥様が「散財系」なので、困っています…。それでも僕としては「お金に愛されている」と思っていますよ。社会保険系・給与系でのお金のこと、福祉的なことをわかりやすく丁寧にお伝えします。あらゆる「手順系」も得意です!

パパンダのプロフィール